伝説の男

「伝説の男」への道は遠い

全体表示

[ リスト ]

ホノルルマラソン

土曜からホノルルマラソンに向けて出発した。

予算節約でツアーは使わず、航空券とホテルは自ら手配。

ホテルはコンドミニアムタイプなのでリネン等のサービス無し。食事無し。

土曜夜の便で成田発、ホノルルに土曜朝着いた。
時差ボケで眠かったがゼッケンを取りに行く。

イメージ 1


あいにくの雨。

取り敢えずアラモアナのフードコートで飯を食べた。シュリンプとライスのご飯。美味かった。

イメージ 2


夜はテディーズビガーバーガーで、でかいハンバーガーを食べた。
テディーズ ビガー バーガー
https://goo.gl/maps/LfT3zrU12tu

イメージ 3


マラソンスタートは日曜朝05:00なので、03:30頃に起床予定。ドン・キホーテで、バナナやおこわなど、炭水化物を、買い込んで早々に眠ることにした。

夜は、といっても時差で眠くなく、なかなか寝付けない。無理やり目を瞑る。

03:30起床。

身体は疲れてるが、やるしかないから無理やり朝食を詰め込んで支度をした。

スタート地点まではホテルから徒歩で10分。

大勢の人が、歩いてる。04:30だと言うのにすごい熱気。
気遅れする。

それでも、今日ここに立てたことに感謝して、後は走るだけ。そう思い込む。

イメージ 4


ホノルルマラソンには制限時間がない。

完走するための条件は2つのみ。
⒈エントリーしてスタートラインに立つこと。
2.諦めないこと。

自分次第ということだ。

花火とともに3万人が走り始める。

ワイキキを抜けて、ハイウェイに出たところで日が昇った。
強い日差しに耐えながら長いハイウェイを進む。ゲータレードと水を飲んでひたすら進む。
20キロでつらくなってくる。

ダイアモンドヘッドが近づく。

30までは耐えようと思い、ひたすらあしをすすめるが、靴下が合わなかったのか、足指に水疱がいくつもできたのがわかった。

30過ぎて周りの人で、歩き始める人が増えてくる。
歩いたら足の痛みが増すので走り続けた。
南国の大会の暑さはNAHAマラソンでよくわかってる。

沿道の人にホースで水をかけてもらった。
氷の入った袋をもらい、帽子の中に入れた。
ハイウェイで、すれ違う人を見る。
ホルンを吹きながら歩いてる人、上半身裸で走っているすごい身体のアーミー、ベビーカーを押しながら走る女性、子供と走る父親。
お年寄りも太った人も歩いたり走ったり、でもみんな笑顔。

ハイウェイを降りて、長い坂道。
37キロまで来て、フルマラソンで、始めて、ゴールするのが勿体無いと感じた。
もう終わってしまうのなんて惜しい。

そんな風に思える自分に驚いた。

もちろん身体はボロボロで暑さにやられ、膝も足指も限界にきている。

でも面白い。

マラソンは面白い。苦しみながら走っている自分がいる。やめることも出来る。走るのを止めればいい。でもやめない、やめたくない。どうしてもやめたくないのだ。

そう考えると何故か笑える。

だから笑いながら走った。

イメージ 5


ゴールまでの最後の直線はスローモーションに感じた。

夢にまで見たゴールまで後少し。

そう書いてあった。

人生をマラソンに例えるなら、

苦しさを楽しいと思えるか、
困難を面白いと思えるか、
諦めずに前を見て進めるか、
絶望さえも乗り越えて進めるか。

いくつもの問いに向き合い、自分なりに答えを出せと。

答えが出なくとも問い続けるよと。

何だかそんな風にも思えた。

完走。と言うのは容易いが、簡単ではないから。


ゴールして清々しい気持ちでカピオラニ公園を歩いた。

老若男女がそれぞれ笑っていた。

イメージ 6


この歳でこんなにも本気になれること、本当に頑張らないと手に入らないもの、たかが走るだけ。

身体中痛んでも笑えること。あはは。

また次に向けて頑張ろう。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事