ここから本文です
ハングリーボクシングのすすめ 第2章
第36代東洋太平洋&第49代日本ウエルター級チャンピオン!

書庫ボクシングの日々

すべて表示

イメージ 1

先日、筑波大学ボクシング部(サークル)の代替わり会がありました。
 
写真左の彼が部を立ち上げた旧部長、医学5年生6年制ね)の重光君。病院実習忙しい中たった一人から50人を越える大所帯に育て上げてくれました。
 
右の彼が新部長、応用理工3年生の祐本君。以前から地元のジムにも通っているようで(いわゆる「宅通」ね)、選手としてもこれから楽しみな部長です。
 
きっと、みんなそれぞれに目的が違って、全員が同じ方向を向くのは難しいことかもしれないけど、僕としては、みんなが卒業してどこかで「俺(私)、大学のときボクシングやっててさぁ。」って話をして、そうなの?ちょっとやってみてよ!」とか「えっ?そうなの?じゃあ、一緒にどこどこのジムちょっと行こうよ!」とかなったときに、いざやってみたら下手っぴで、「あれ?経験者じゃなかったっけ?」という恥ずかしい事態にならないようにしてあげたいと思っています。
 
みんなには、プロになったり、試合に出たりすることだけを望むことはしないけど、ボクシングをやるんだったら、正しいボクシングを教えてあげたい。プロを目指していないからといって、サッカー部に入ったのにヘディングの存在を教えてあげないんじゃあまりにもかわいそうだと思うからです。
 
野球部だったらみんな、ポディションごとにグローブが違うことは知っているし、ホームベースをちょっとでもかすったらストライクだって知ってるし、スリーバント失敗したら三振だって知ってるし、(くどいね・・・^^;)ボクシングだって、それと同等のことはちゃんと教えなきゃいけないと思っています。
 
ボクシングは球技なんかに比べたら技術もシンプルだし、ルールも少ないし、ちゃんと教えてあげて、やる本人が「おもしろいな」って思うくらい練習に励めば、みんな上手になると思います。
 
みんな上手にな〜あれっ!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事