ここから本文です
ふぃぎゅたく
クレーンゲームで獲得したキャラクターフィギュアを中心にレビューしています。コメントいただければ嬉しいです!

書庫全体表示

フィギュアの瓶詰め

こんばんは。
 
 
「今日は今冬一番の寒さ」というフレーズを毎日聞いている気がするプラバンですw
 
 
 
さて、今回はフィギュアレビューというよりは、ネットで見つけた工夫ディスプレイのサルマネ紹介です。
 
 
 
その飾り方とは「フィギュアの瓶詰め」
 
 
前回記事でも「アクリル台座が気になっている」ということを書きましたが、最近フィギュアのディスプレイについて四六時中考えるようになっていました。
 
 
長らく封印しており、一時は売却を考えたグラメンも↓
 
 
イメージ 15
 
やはり黒台座だときつきつに感じます (-_-;)
 
 
コレクションケースを購入して以来、ネットで色々な方のフィギュアの棚や飾り方を見て回るのが趣味になってるんですが、その中で偶然見つけた「瓶詰めあずにゃん」に衝撃を受けました。
 
 
その名の通り、フィギュアをビンに詰めた飾り方なんですが、ちょっとした手間でとても見栄えがするわりに材料費も安く、これは試してみようということになりました。
 
 
詳しい作り方は「フィギュアの瓶詰め」で出てくるかと思います。
 
 
 
材料はこちら↓
 
 
イメージ 1
 
ビンと吸水ポリマーです。
 
 
吸水ポリマーとはオムツ等に使われている水を吸い込むゼリー状の物体で、今回は消臭剤の詰め替え用を使用しました。
 
 
材料費は占めて315円。
 
 
そうです、このディスプレイ方法の最大の魅力は、材料がすべて100円ショップで揃えられること!
 
 
 
今回、ビンに入ってもらうのはこちらのフィギュア↓
 
 
イメージ 2
 
ディズニー・ピクサー ちびっこコレクション vol.3 より
 
二モ
 
です。
 
 
 
 
これはしばらく前に解放台でGETしていたんですが、箱から出して飾ってみると↓
 
 
イメージ 3イメージ 4
 
このようにサンゴに乗せるだけという非常に不安定なフィギュアだったため、浮いて見えるブリスター状態のままだったものです。
 
 
 
まずはビンに吸水ポリマーを流し込んでいきます↓
 
 
イメージ 5
 
無色透明なものだけだと単調になるので、下の方は青いポリマーを敷くことにしました。
 
そのなかにサンゴをセットします。
 
 
 
続いて透明ポリマーを入れて↓
 
 
イメージ 6
 
 
適当な位置で二モをダイブさせます(笑)↓
 
 
 
イメージ 7
 
 
その上からさらにポリマーを被せ↓
 
 
 
イメージ 8
 
 
準備はOK!
 
 
 
ここに浄水器で綺麗にした水を・・・・
 
 
 
イメージ 9
 
 
とくとく・・・・
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
とくとく・・・・
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
とくとく注ぎ込んでから蓋を閉めて・・・・
 
 
 
 
イメージ 12
 
完成です! (*^。^*)
 
 
 
 
吸水ポリマーに水を注ぐと透明になるということは作り方の記事で知っていましたが、やはり自分の手でやると感動しますねw
 
 
フィギュアの位置はピンセット等の細い物で上から突ついて変えられますし、気泡も調節することができます。
 
 
 
これでニモが海にいるように飾ることができましたが、このフィギュアの瓶詰め最大の見せ場はここから。
 
 
 
下からライトアップすることにより↓
 
 
 
 
イメージ 13
イメージ 14
 
 
より幻想的な雰囲気を醸し出すことができます。
 
 
 
自分で作っておいてアレですが、これは綺麗ww (◎o◎)
 
 
 
色々な作品を見てみると、ねんどろいどやfigma等のキャラクターフィギュアのほか、海洋堂の海洋生物ガチャのフィギュア等、リアルフィギュアも瓶詰めされることで芸術的になっていました。
 
 
この瓶詰めの注意点としては
 
・ポリマーは水を吸うと膨張するため、やや少なめに入れる。(自分は9分目まででした)
・↑なので、必ずガラス瓶を使うこと。
・また、再度開けようとすると溢れ出すことがある。
 
の3点でしょうか。
 
 
今回は初回ということもあって、プライズのニモを用いましたが、やはり一度入れたら取り出さないことが前提なので、高価なフィギュアを入れるのはあまりおススメしないです(-_-;)
 
 
また、園芸用ポリマーは栄養が入っているとかでカビが生えた、なんていう衝撃写真もあったため、消臭剤の詰め替え等を使うのが良いようです。
 
 
 
 
 
初めて写真を見た時も衝撃的でしたが、自分でやってみると感激もひとしおでしたw
 
 
ニモをはじめとする水棲キャラのほかにも、ビーズ等の小物を浮いたように配置したり、ワケあって台座を使えないフィギュアを飾る際にも役立ちそうな飾り方だと思いました。
 
 
今後もちょいちょい、フィギュアレビューのついでに紹介するかもですw
 
 
 
で。
 
 
瓶詰めを試してみた!という記事はたくさんあり、そのどれもで断られている一文をここでも。
 
 
この「フィギュアの瓶詰め」は自己責任でお願いしますww
 
 
 
 
今回は以上です。
 
 
ありがとうございました。
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは!
    いつも記事楽しく拝見させて頂いてます♪

    凄い!綺麗!!(@_@;)
    こんな事が出来るんですね〜☆しかもお手頃☆
    ニモが本当に泳いでるみたい・・・(人´∀`).☆.。.:*・゚
    私もやってみよう!しらほしあたりで・・・❤(*´ω`*)
    とっても参考になりました!ありがとうございます♪

    [ チョコたん ]

    2014/1/15(水) 午後 1:29

    返信する
  • チョコたんさん、コメントありがとうございます!

    いつもご覧頂きありがとうございます。

    自分もはじめて瓶詰めの写真を見たときは画面に見いりましたねw

    水棲キャラだと仰る通り、「泳いでいるように」できます。

    しらほしいいですね!

    春に出るI love しらほしシリーズなんかいいんじゃないでしょうか。

    プラバン

    2014/1/16(木) 午前 10:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事