ここから本文です
1960年と1961年生まれあつまれぇ〜

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

瀬川 瑛子(せがわ えいこ、本名:清水 瑛子、旧姓:(瀬川)、1947年7月6日 - )は、日本の演歌歌手・女優。歌手瀬川伸の次女。身長168cm、血液型B型。既婚

東京都渋谷区出身。町田学園高等学校(現・品川エトワール女子高等学校)卒業[1]。1967年にデビュー(当初の芸名は瀬川 映子)。地道に活動を続け、1970年に「長崎の夜はむらさき」が50万枚のヒットを記録した。

1983年には、ちあきなおみや細川たかしらとの競作「矢切りの渡し」が30万枚を売り上げる。

そして、1986年には夫婦の情愛を描いた「命くれない」が1987年度オリコンシングルチャート年間1位を記録し、ミリオンセールスを記録して大ヒット。自身の代名詞的な曲となる(ただ、歌詞にある「一途に添い遂げる女」とは裏腹に、私生活では結婚生活が破綻して夫とは別居状態に陥っていた。この時に「この歌を歌う資格があるのか?」などと自問自答し、「初めて歌を歌って苦しい、と感じた」と述べている)。

24歳の頃にレコード会社の社員と結婚するが後に離婚。51歳の時にバックバンドを務めていた清水武と再婚した。

東京都出身だが、先述の「長崎の夜はむらさき」がヒットした時期より長崎県出身と公表していた。デビュー50年目の2016年に東京都出身を打ち明けている[2]。

歌手活動以外にも柔和な人柄(研ナオコ曰く「この世界って、テレビに映っている時と映っていない時で変わる人いるんですけど、瀬川さんはどこで会っても、このまま(=テレビのまま)の人」)、端々で見受けられるズレたコメントセンスなどの天然要素とマイペースさがウケ、バラエティ番組にも多数出演。

趣味は麻雀。この時ばかりは人物が豹変し、役作りや聴牌をハイペースで行なうという。長時間の対局も苦ではなく、過去には森光子と8時間麻雀で対戦したことがあるという[3]。若手時代は長身とスタイルの良さを生かし、週刊誌のグラビア記事に登場していた。

  • こんばんは!ご無沙汰してます。
    瀬川瑛子さんの若い頃の姿、はじめて知りました。素敵な人ですね!

    [ うるみはじめ ]

    2018/4/30(月) 午後 8:33

  • うるみはじめさん、お久し振りです、今で言うギャル系のお顔立ちですね、洋風な顔立ちで、170近い身長は、時代的には、逆風だったでしょうね。

    [ ぶーすか ]

    2018/4/30(月) 午後 9:39

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事