RMT

ブログ始めました!

【くらしナビ】お肌のサポーター「卵殻膜」

 ■精妙な自然のフィルター 化粧品に応用 鶏卵の中にある薄い「卵殻膜」が、女性にとって気になるお肌の味方になる、と注目されている。最近の研究で肌へのサポート力が明らかになり、化粧品として製品化されたのだ。 「卵殻膜」とは、卵の殻と白身の間にある0?07ミリの二層の膜のことで、主成分はタンパク質。人の肌や髪の成分に近く、18種類のアミノ酸でできている。 セルツーボディ?ダイナミクス?ラボ(身体に劇的に影響を与える細胞研究)に詳しい東大の跡見順子名誉教授によると、「細胞というのは、いい環境をつくってやると本当にうまく、元気に働いてくれるんです」という。 人間の皮膚はコラーゲンを中心に、糖タンパク質、ヒヤルロン酸などでできている。その中でも、肌の弾力を保つ役割を担っているのが、コラーゲンの中のIII型コラーゲンで、赤ちゃんの肌に多く含まれており、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


ブログリンク

更新

.


みんなの更新記事