全体表示

[ リスト ]

 東京ゲームショウ2009のバンダイナムコゲームスブースには,アニメ「ドラゴンボール」を題材にした対戦アクションゲームの最新作,「ドラゴンボール レイジングブラスト」の試遊台が,PlayStation 3版とXbox 360版でそれぞれ3台ずつ用意されていた(※ビジネスデー)。  本作には,原作の名シーンを自分の手で再現したり,原作とは違った“if”が楽しめたりする「ドラゴンバトルコレクション」モードなどが用意されているのだが,今回プレイできたのは純粋な対戦のみ。ただし,CPU戦と対人戦のいずれかを選択可能になっていた。 また,使用できるキャラクターは,魔人ブウ(純粋),人造人間18号,孫悟空,ベジータ,ピッコロ,クリリン,セル,フリーザの8種類。 戦闘フィールドとして選べるのは,ナメック星,岩場,荒野,廃墟の都の4種類だ。 基本的なゲームシステムは,「ドラゴンボール スパーキング!」シリーズを踏襲。アニメさながらに描かれた広大な3D空間を,縦横無尽に駆け回り,飛び回りながら,パンチやキックといった直接攻撃や,気弾などの遠隔攻撃,そしてキャラクター固有の得意技,必殺技,究極技を駆使して,相手をたたきのめすというものだ。 ただし,以前にもお伝えしたとおり,壁などに相手をたたきつける「クラッシュ」があったり,壁に相手をめり込まして追い打ちをかけられるようになっていたりと,従来よりもさらに原作の雰囲気を味わえるようになっている。 また,PlayStation 3とXbox 360というプラットフォームの性能を生かし,キャラクターモーションが60fpsで描かれているのも特徴だ。  実際に遊んでみても,キャラクターモーションの滑らかさは確かに感じられた。 もちろん,アニメのように激しいバトルを繰り広げながら喋ったりするようなことはないが,それでも「アニメを再現し,更にゲームだからこその表現」という本作のコンセプトは,見事に実現できているように思う。 なんせ,自分で動かしているキャラクターがアニメと遜色のないレベルまで描き込まれているだけでなく,どんなに激しい動きをしてみても,やたらと滑らかに動いてくれるのである。 結果,空中戦時に感じてしまいがちなもどかしさすら,従来のスパーキング!シリーズよりも,緊張感に直結したものになっているのだ。 また,対戦格闘タイプのアクションゲームは,シリーズを重ねるごとに複雑になり,初心者にとってのハードルが上がってしまう傾向のものも少なくないが,本作は,ボタンを闇雲に連打しているだけでもドラゴンボールっぽい戦いを味わえるという,スパーキング!シリーズの長所をきっちり残してくれている。 もちろん,うまくなればなるほど,さらにドラゴンボールっぽく戦えるようになるわけで,決して初心者向けに易しく作った分,遊びごたえのないゲームになったということではない。 ありふれた表現になってしまうが,ドラゴンボールファンが,スパーキング!シリーズに望んでいたであろう方向で,至極真っ当な進化を遂げたのが本作であると言えるだろう。 おそらく,東京ゲームショウ2009の一般公開日には,本作の試遊台も混雑することだろう。もし並んでまで遊ぶ時間がないという場合でも,ほかの人がプレイしている様子を軽く覗いてみてほしい。見ているだけでも,本作の楽しさはきっと感じられるはずだ。 「ドラゴンボール レイジングブラスト」公式サイト

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

YV7D942a
そういう時こそ
リア充しようぜ☆
tp://1lk3Sy77.real.2d-wif.com/1lk3Sy77/ 削除

2011/11/5(土) 午前 6:28 [ 最近のTVってつまんなくない? ] 返信する

顔アイコン

ixNV402D
巨乳すぎだろ…
俺の人生で出会った中で、一番チチがでかい女と、
俺の人生の中で一番エ口い事、してきました
ttp://7in7uLwk.z98uw.in/7in7uLwk/ 削除

2012/7/24(火) 午後 0:53 [ バスト98cm!? ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事