これは、国立おざわ鍼灸・整骨院院長の小沢国寛さんの
自宅で顔面神経麻痺を改善するプログラムです。

このプログラムを試してみたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

顔面神経麻痺の症状を、無理無く改善させていく方法をお伝えします。症状がどんどん進行してしまい、手遅れになる前に実践してみてください。

日常の生活さえ苦痛に感じてしまうあなたでも、お伝えする方法を実践して頂ければ、症状がどんどんと進行してしまう事は防げるはずです。

治療不可能と言われてきた顔面神経麻痺の症状を、薬に頼り切らずに症状を徐々に改善させていく秘訣を初公開

顔面神経麻痺には根本的なアプローチ方法がありますので、そのアプローチ法さえ行えばその悩みはしないで済みます。もちろん、薬を使う事で症状は良くなる事はあるかもしれません。でも、それだけだと再発しない為のケアをする事は不可能に近いのです。

研究の末に分かった事は、顔面神経麻痺に効果のあるポイントに直接働きかける事によって、改善は自分で出来るんだと言う事です。

顔面神経麻痺の中には腫瘍などによる中枢性の顔面神経麻痺もありますので最初は薬を飲んでいるなら、それを続けながら治療をおこなう方法が良いでしょう。

自分で行う独自方法は「響鍼点(きょうしんてん)へアプローチする」というものです。この独自の治療法で顔面神経麻痺を改善していくのです。

『響鍼点』とは、『鍼治療による独特な響き感覚により脳が目には見えない痛みの発生点を認知する事が出来る真の疼痛発生点』です。顔面麻痺を自宅で自分の力で改善するたには、この「響鍼点(きょうしんてん)」療法をおこなっていくのが改善までの最短ルートなのです。

この方法は何も難しい事はなく、小学生でも出来るくらいシンプルな方法なんです。一日たったの5分もあれば出来る方法になっています。特にこれといった道具を使う事も無く薬に完全に頼り切らずに、健康的に治療していく方法です。この方法を試していく事で、目を閉じることや口元の麻痺、顔の痛みは段々と和らいでくる事でしょう。

まず顔面麻痺を退治するため、プログラムを参考に普段の生活を見直します。次に独自の「響鍼点(きょうしんてん)」アプローチ法で改善を図っていきます。同時に顔全体の表情を和らげる独自エクササイズで再発までも防止します。


>> 顔面神経麻痺改善プログラムのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事