ここから本文です
バイクネタがあれば更新しますブログ
何処かの離島でのんびりキャンプしたい。。。
土曜日の午後6時、スーパー定時退社を決め込み南阪奈道路で奈良に向う。

帰宅ラッシュとまではいかないが、対向1車線だと流れは悪い。
イメージ 1
眼下に見える奈良の夜景も案外綺麗だと初めて知りました。


何故、こんな時間にバイクを走らせているのかと申しますと。。。

九州、福岡から日本一周という放浪の旅をされているブログ繋がりのピョン−7さん が関西に来られて、キャンプをご一緒させて頂くことになったからなんです!


野営地はお気に入りのあの場所で。(まさとさん、使わせてもらいましたよっw)


国道166号線の宇陀 菟田野のライトアップされた桜並木。
イメージ 2
だいぶ散り始めていたが綺麗でした。


見慣れたループ橋も時間が変われば幻想的に見える。
イメージ 3


暗い快走路をぶっ飛ばし。。。


お待たせしていた憧れの方とお会いすることが出来ました!!
イメージ 4
昼間の暖かさから打って変わって気温が下がり、風が吹きつける寒い夜でした。


ピョン−7さん が料理してくださった、博多の水炊きをイメージ?した暖かい鍋がメチャ美味しかったー

持ってきた焚火台で暖をとりながら、旅のお話・これからどんな旅をしていくのか・奈良に滞在してどんなところが良かったとか、いっぱいお話し出来ました!
イメージ 5
かなり寒かったので小さいけれど焚火台を持って行って正解でした。


と、言っても。。。
イメージ 6
裸足のサンダルスタイルなんですけどね。

そりゃ寒いわけだww


この日はこと座流星群がピークを迎えていましたが、会話に夢中で結局流星は見れずw
イメージ 7
夜空には雲が全く無く、満天の星空でした。

この場所でこんなに星が見れるなんて驚きです。

イメージ 8

街の灯りが影響するはずのこの方向でも、メチャ綺麗‼

お気に入りの場所で新しい発見が出来ました。


一夜明けた朝のキャンプ場。
イメージ 9
雲一つないお天気と爽やかな優しい風が気持ちいいー

イメージ 10
夜ごはんに続き、朝もピョン−7さん にごちそうになりますw

イメージ 11
隠岐の島で手に入れられたあごだし みそだしの素で作ったお味噌汁!

これまた美味しかったー



ピョン−7さん の愛機 アフリカツインのパニアケースに貼ってるステッカー。
イメージ 12
素敵でしょ、日本の最南端に行かれた証拠w


これからも、いろいろと旅の軌道修正を行いながら北上を続けて行かれます。
無事に日本一周旅を完走され、お土産話なんかを帰路か地元九州で聞きたいですよ‼
応援してます!!!


キャンプ場で落ち合い、キャンプ場で別れ、それぞれのソロツーリングを楽しむピョン−7さん のスタイルで今回はしばしのサヨナラ。
イメージ 13
お互いパチリして、僕は次の目的地へ、ピョン−7さん は朝風呂してから京都へ。。。



次なる目的地、能登 高岡に向かう為、伊勢自動車道で名古屋へ、そして東海北陸道で日本海(富山)へ向けてぶっ飛ばしますw
イメージ 14
郡上八幡辺りから気温がグッと下がりますが凍えるほどではなかったです。



雨晴海岸付近でエムさんとお会いしたかったが、残念ながら一足遅かったー
しかし、帰路に就くトリプルさんと北陸道で合流成功。
イメージ 15
お土産に白エビ シーちゃんとホタルイカが入った、
期間限定『シホちゃんバーガー』をもろたー



期間限定『シホちゃんバーガー』アップ!
イメージ 16



期間限定『シホちゃんバーガー』オープン‼
イメージ 17
かき揚げには白エビとホタルイカがいっぱい入ってましたよ。

メチャ美味しかったー
トリプルさんありがとう。



イメージ 18
それからは北陸道を2人で暴走。



左手には白山連峰。
イメージ 19



右手にはコバルトブルーの日本海。
イメージ 20
飽きることなく北陸道を走ることが出来ましたよ。



南条SAで軽く休憩。
イメージ 21



北陸道を敦賀で降りて、奥琵琶湖近くのメタセコイヤ並木まで一気に走行。
イメージ 22


しばらく別行動して、
イメージ 23


イメージ 24
いろんな所で並木道をパチリw

イメージ 25
ちょうど日が傾いてきた感じで、ええのんが撮れたんとちゃうかなぁ〜



夕方の湖西道路は所々渋滞が発生。
イメージ 26



渋滞のすり抜けにチョット疲れたので白髭神社で休憩がてらのパチリ。
イメージ 27



イメージ 28
滋賀県の空も雲一つない快晴。
湖面に立つ鳥居も際立って見えます。



イメージ 29
高島・堅田周辺は車だととっても辛い大渋滞。

スイスイとすり抜けて京都東から高速道路にIN。


イメージ 30
最後に桂川PAで長めの休憩をして解散となりました。



自宅には19:30頃に到着。
2日間の走行距離は不明w

たぶん1000km弱?



近畿・中部をぐるっと回るクレイジーなツーリングをしてしまった。。。
イメージ 31



4月22・23日はタイトル通り、

お会いできました!(ピョン-7さん) 

お会いできました!(トリプルさん)

のツーリングとなりましたw


おしまい。


この記事に

キャンツー&花見ツー

何なんだこの週末は!

2週間前からトリプルさんと共に北陸に来られるエムさんを迎撃する為、入念な打ち合わせと準備を行っていたのに。。。

天気予報では行きも帰りも雨に降られるやてw

キャンプ道具のパッキングとバイクへの積み込みも完了してるのにー


結局、能登・高山ロングツーリングの中止と聞いてとっても意気消沈。




ロングツーリングがダメなら、せめて近場でこのパッキングしたキャンプ道具達を成仏させてやらなければっ!!

そんな都合の良い理由を付けて、和歌山の山奥にある『渡瀬緑の広場キャンプ場』へ行ってきましたw




自宅出発は朝の7:30。

場所的には大塔〜谷瀬の吊り橋〜熊野本宮大社を抜けていく国道168号線を使ったコース。



途中、奈良の山麓線の桜はもう終わってた。
イメージ 1

イメージ 2
ここは小川の両サイドに桜が植えられていて、満開だとメチャ綺麗なんですよねぇ。
1週間遅かった感じです。。。


関西でも場所によっては、ポツリポツリと雨が降っていたそうだが程よい日差しで気持ちよく走り、道の駅 吉野路大塔まで一気に走行。
イメージ 3
この日はコロコロと天気予報が変化してたので、ライダーさんでごった返すこの道の駅もまばらでした。



快走路をソコソコのペースで走り、ちょうどお昼になったので十津川と言えば長谷川さんの釜めしという事で。
イメージ 4
お気づきの方は居られるでしょうか?

今回のキャンツーで両サイドに箱付けてみました。

前後の重心バランスが悪くなり、すぐウィリーしそうになるんですけどなんちゃってアドベンチャーバイクが更にアドベンチャーしちゃってますw

この走行テストも兼ねてのキャンツーです。



山菜釜めし定食を入店と同時に注文!
注文してから炊き上げるので20分程の待ち時間が必要です。

この待ち時間を短縮するためには店の扉を開けた瞬間に注文する必要があります。



座敷から湖岸に咲いている桜を眺めていると。。。

やって来ましたよ!
イメージ 5


山菜釜めしオープン‼
イメージ 6
まあ、全体的に彩りは悪いですわな。

ガビガビになったお米が釜に貼り付いて食べにくいですが、ソコソコ美味しかったです。



それから、



クネクネした道を走り、熊野本宮大社に立ち寄りました。
イメージ 7
そんなに参拝客が写っていませんが、この日は『春の例大祭』が行われていて盛り上がっておりました。

詳しくはコチラ。

そりゃ、えらいこっちゃな賑わいでしたw



熊野本宮大社から15分程で、渡瀬緑の広場キャンプ場に到着。
イメージ 8
これまた1週間遅かったようです。
満開の桜の木の下でキャンプしたかったですが、雰囲気良さげ。


イメージ 9
到着時間も早かったせいで、良い場所に設営出来ました。
ここの使用料はコミコミ730円。

バイク乗り入れは出来ませんが、トイレ・炊事場・ゴミ収集場所も綺麗で納得の価格です。



今回、このキャンプ地を選んだ理由はこれっ‼
イメージ 10
キャンプ場から10分程の所にある、湯の峰温泉の世界遺産に登録されている『つぼ湯』に入る為だったんです。

日によって七回も湯の色が変化するといわれている天然温泉の岩風呂「つぼ湯」は参詣道の一部として世界遺産に登録されています。
(熊野本宮観光協会HPより)




小さなスペースの温泉なので、1人30分の貸し切りとなります。
イメージ 11
いろいろと入浴についての説明を受け、番号札を貰います。
この時点で、2時間30分待ちとの事w

つぼ湯の入浴券ですぐそばにある公衆浴場・薬湯が無料で入れるので、先にそちらに入浴したり温泉玉子作って食べたりして時間を潰しました。


掘っ立て小屋みたいな所にある小さな湯船。
イメージ 12
この日のお湯の色は白色でした。


イメージ 13
底からお湯が沸き出てくるみたいですが、あんまり体感は出来ませんでした。
しかし、世界遺産に登録されている温泉を独り占めしてる満足感でいっぱいですw

やっとこのつぼ湯に入ることが出来ました。
つぼ湯・薬湯共にいい湯でしたわぁ〜


温泉浸かってサッパリした後は、今夜の晩御飯の買い出し。
イメージ 14
道の駅 ほんぐう内にあるスーパーにて食材を購入。


キャンプ場に戻るとライダーさんがけっこう居てはります。
イメージ 15


こんな感じの設営状況。
イメージ 16
ゆったりしたスペースで良かったです。


日が暮れると同時に焚火スタート。
イメージ 17
簡単な焼き物系の食事が終わり、火を眺めながら薪の世話をしていると。。。

雨雲レーダーの予想通り、雷を伴った雨雲がやって来て早々にマッタリタイムは終了。

その後、降ったり止んだりのややこしい天気が深夜遅くまで続きました。
イメージ 18



一夜明けて、朝の5:30。
イメージ 19
霧に覆われていますが、朝方の冷え込みは無く快適です。


昨日の雨で桜の花ほとんど散ってしまいましたよ。
イメージ 20   
         昨晩元気に騒いでいたファンキーな外人さんが写っています↑



そしてこの方、ヤフーブロガーさんのasaさんです!   ↓
イメージ 21
夜にトリプルさんから、近くにブロガーさん居てるよーって連絡を貰ってました。
お会いする予定だったエムさんとも交流のある旅ライダーさん!


イメージ 22
ちょこっとお話させてもらい、出発前に勝手に並べてパチリ。

asaさんスイマセン、紹介させて頂きましたw


日曜日はトリプルさんとのお花見ツーリングの約束がある為、足早に合流ポイントの奈良 室生に向かいます。


参拝客の居ない朝、せっかくなので記念撮影。
イメージ 23


朝風呂は僕の日課でもあるので、急いでいても外せませんw
イメージ 24
焚火臭と加齢臭の除去の為、十津川温泉 庵の湯へ。


一番風呂頂きましたー
イメージ 25
待ち合わせの約束を忘れて、地元の方や後から来られたライダーさんとのんびり長湯w


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
榛原駅直前で、黒ニンジャさん・Yさん・アロエさんと偶然にもお会いすることが出来ました。
急いでいたので軽い挨拶程度しか出来ませんでしたが、黒ニンジャさんとはサプライズな出会いが続きますねー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


連絡を取り合い待ち合わせ時間にちょい遅れはしたものの榛原駅のターミナルでトリプルさんと合流成功。


こちらで、トリプルさんと同行されてたコウちゃんさんともご一緒させていただくことになりました!
イメージ 26
なかなか大型バイクには厳しい急坂の続く細い道を走り、


やって来たのは西光寺のしだれ桜。
イメージ 27
コウちゃんさんが撮影されてるお姿をパチリw


樹齢300年?だそうです。
イメージ 28
十津川周辺では葉桜が目立つ状況でしたが、大宇陀・室生の桜はピークのど真ん中だったようです。


イメージ 29
満開の桜達に囲まれた西光寺、とっても素敵なお寺でした。


イメージ 30
お昼ご飯は道の駅 宇陀路 室生で、ミニ天丼セット。


イメージ 31
どこにでもあるメニューしか無かったけど、お味の方はソコソコ美味しかったです。


昼食後も、やたら急坂でほっそい農道を走りますw
イメージ 32

イメージ 33
大型バイクで荷物満載やと辛いわぁ〜


お目当ての場所はもうすぐです。
イメージ 34


看板からすぐに龍王ヶ渕(りゅうおうがぶち)に到着。
イメージ 35
龍王ヶ渕は標高約530メートルの位置にあり、東西約150m、南北約100mの楕円形の窪地に湧水が溜まってできた池です。
風が止んでいると水面に周りの風景が映りとても綺麗な水鏡が見えるという撮影スポット。(ネットより拝借)

この辺でバイクを止めて、撮影されてるお写真がネットでは多数見受けられますね。
イメージ 36
こんな場所で撮影されてたなんてビックリやーって感心してたら、数名のライダーさんや車で来られてる方が。。。

有名な所やったんですね。
初めて知りましたわ。
イメージ 37

これで本日のツーリング予定は終了。

帰路のルートについてトリプルさんとコウちゃんさんとで打ち合わせ。

お二人とも道をよく知っておられます。
あーでもない、こーでもないって言いながら最適なルートを選択されてます。

いつもフィーリングで走ってる僕は全く会話について行けませんよw


その後、針インター手前でトリプルさんとコウちゃんさんとお別れして、名阪国道・西名阪で帰りました。

イメージ 38

今回のツーリングの走行距離は403.8km。

近場でお気楽なキャンツー&花見ツーでした。


日曜日の日中は冬装備だと走ってても暑いぐらいの春本番。
ライダーの数も増えて、針テラスに止まってたバイクも異常なぐらいの台数ww


みなさーん、安全運転で行きましょう♪


おしまい。

この記事に

タイヤ交換 わず。

今日は午後から雨が上がるとの事で。

おなじみの『藤原タイヤ』さんへ行ってきました。



自宅を出発してすぐに霧雨に会いましたが、到着する頃には雨は止んで良かったです。
イメージ 1
自宅から、幹線道路で40分ぐらいでしょうか、作業が丁寧で間近で様子が見れるので安心です。
大手チェーン店の怪しいスタッフに作業をやってもらうのは怖すぎるw
(※もちろん信頼出来るスタッフさんにめぐり合えれば別ですよ。)



イメージ 2
皆さん考える事は同じで、雨が止んだタイミングで来店され満員御礼。


イメージ 3

イメージ 4

どの銘柄のタイヤにするか決めていなかったので、相談してⅯ社のタイヤにチェンジです。

イメージ 5

イメージ 6
タイヤの名前はパイロットロード 4と言う名前だそうです。

これがイケてるタイヤなのか、そうでないのか分かりませんが、セールの対象商品で価格がこなれていたので成り行きで。。。

手際よく作業され、40分程で交換完了。


イメージ 7
チョイとタイヤの慣らしに走ろうかと思い立った矢先に雨。

結局、直帰する事に。

イメージ 8
何だかオモロイタイヤパターンですね。

ウェット時のグリップ性能はかなり良いらしいのですが、基本晴れしか乗らないので恩恵を受ける事はないでしょうw

イメージ 9
早くタイヤサイドの文字を消すぐらいアグレッシブな走りをしてみたいものです。


イメージ 10
そう、イメージで言えばこんな感じ。

スピード感溢れるタイヤパターン、非常に気に入りましたw


おしまい。

この記事に

行くべきか?

行かざるべきか?


いやっ、やまさんからの誘いを断るわけにはいかないっ!!


牡蠣の、

伊勢・浦村の牡蠣のファイナルカウントダウンが今まさに始まっていると言うのに。。。


しかも、今回は牡蠣に満足できなかったら更なるスペシャルステージ(伊勢の隠れ名物w)が用意されているという。

からあげ丼・ドライチャーハン・デカい開きエビフライ・スーパーチャーハン。。。

出発前夜からクソ寒い名阪国道はこんな曲が無限ループしておりましたw


前回同様、9:00に『道の駅 津かわげ』で集合という事で、自宅を6:50に出発。

イメージ 1
この日は鈴鹿辺りでミーティングがあるのでしょうか?
ホンダのS660が15台程連なって走ってました。

名阪国道の天理手前で車載温度計は4℃。

月ヶ瀬から伊賀のトンネルを抜けるまでは濃霧、道路の温度表示も0℃を指していて余りの寒さに死ぬかと思ったw


9時チョイ前に待ち合わせ場所に到着して、簡単に今日のルートと僕の行きたい所をリクエストして出発。



良いお天気の日曜日という事で、それなりの軽い渋滞に身を任せパールロードへ。
イメージ 2


約4ヶ月ぶりの『かき太郎』さんに10:30頃に到着。
イメージ 3
ここのおみせにはお客さんが居てはります。
道中の牡蠣小屋のお店にはお客さんはほとんど居てなかったんですけど。。。

2回目なので、注文手順も把握してるので納得できるだけの注文をしてみた。


待ってる間にパチリ。
イメージ 4
先ずは殻付きの両面をひっくり返しながら焼いて、


イメージ 5
パカッと開けて、仕上げで軽く水分を飛ばして焼き牡蠣の完成。


そうこうしてる間に、生牡蠣が到着。
イメージ 6
前回来た時よりも、明らかにデカイ。
大きさは倍ぐらいに成長してる感じだ‼


イメージ 7
続々と注文した物がやって来て。。。


イメージ 8
テーブルは牡蠣だらけとなったw

ちなみに注文したのは、焼き牡蠣・生牡蠣・牡蠣ご飯・カキフライ・牡蠣のグラタン・牡蠣のネギみそチーズホイル焼。

ここのメニューのほぼほぼコンプリートした感じ。
どれをチョイスしても幸せな気分になれる美味しさです。

あー美味しかった、ごちそうさまでした。
今シーズンの牡蠣において、もう、思い残すことはないっ!


やまさんは、あともう1回は食べに来るって言うてたww


前日の晩御飯の量を減らして今日の為にお腹を減らしてきたのに、この次の第2ステージへ進むことが出来ないくらい満腹となってしまった。


この後の行先を、僕が行ってみたい所へと変更して『鳥羽展望台』へ。
イメージ 9


イメージ 10
良いお天気で気持ちよく走れるはずが、サンデードライバーやトラックでブロックされてしまい不完全燃焼気味。


イメージ 11
展望台からの眺めも、春の空にありがちな霞んでスッキリしない見晴らしでした。


イメージ 12


バイクはこの陽気に誘われて、ひっきりなしにやって来る感じでしたよ。


イメージ 13
各駅停車さんのブログで見た事ある、懐かしいスズキのハーベーカラーの方たちをお見掛けしました。


お次も展望台目指して走ります。
イメージ 14


やって来たのは『横山展望台』
イメージ 15
ここの人気っぷりは凄かった、横山さくらまつりが行われてたから?

バイクだから展望台付近まで上がって来れたものの、車だと駐車場までの道が細いし駐車スペースが少ないので、かなり歩かないといけません。

イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18
景色はリアス海岸が美しい英虞湾を一望。
なんでこんなに霞んでるねん。。。


最後はサニーロード手前の県道12号線で、燦さんの 紀伊バウンドや、南三重のガイドブックで紹介されてた剣峠を目指します。

イメージ 19
通行量の少ない県道の荒れたクネクネ道です。
と、言っても楽しいワインディングではなく軽い酷道です。


で、剣峠の頂上に到着。
イメージ 20


遠くに太平洋が見えます。
イメージ 21


岩盤を削って道が作られたんでしょうか、写真で見るより趣がある場所でした。
イメージ 22


この道を伊勢方面に走ると、伊勢神宮内宮のすぐ脇に出れます。
ガードレールのない荒れた1車線の疲れる酷道ですが。。。


何とか剣峠越えをしたと思ったら、今度はおかげ横丁の人ごみにもみくちゃにw
イメージ 23


五十鈴川の畔を歩いて、赤福本店へ。
イメージ 24
飛ぶようにお土産用の赤福が売れていますよ。


イメージ 25
作っても作ってもキリが無いぐらい、消費されていきます。

お土産を購入するには長い列に並ぶ必要がありましたが、店内でいただく分には待ち時間もトータル10分ぐらいだったでしょうか。

そんなにストレスになる事無く、やって来ました。
イメージ 26


イメージ 27
傷んだマグロの握りに見えなくもないですが、あっさりした甘さの安定のお味。

2皿注文の計4個を美味しく頂きました。


この後、前回同様、やまさんは下道で鈴鹿方面、僕は高速で大阪へと流れ解散しました。


今シーズンの伊勢・浦村の牡蠣ももうあと少し。
お店によってはもう終了していたり、生牡蠣が終了していたりするみたいですし、ギリギリ間に合った感じかな。

やまさん、今回もお誘いして頂いてありがとうございましたー 
伊勢の隠れ名物は非常に気になりますよー
また、よろしくです〜 (^^)v

この記事に

もうすでにご覧になられた方も居られるでしょうが。。。

やっぱりええもん、好っきやモン!w


もうちょい見たいなーって方は、こんなのあります。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事