uBuLOG=ウブログ

新しいblogのURLは http://ubulog.sblo.jp/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ここを訪れる方もいらっしゃるようですので、ご案内まで。
住友生命保険との和解については、こちらをご参照下さいませ。
http://ubulog.sblo.jp/category/73908.html

開く トラックバック(23)

閉鎖はやめました。

 スパムコメントについて(多分ウイルス?)Yahooにメールを送ったら、ピタリと止んだし、皆様から頂いたコメントやトラックバックを削除するのも心苦しいので、今後更新はしませんが、このブログはこのまま閉鎖せずに残すことにしました。
 今後は新しいブログ、http://ubulog.sblo.jp/ に記事を書きますので、よろしくお願い致します。

blog引っ越しします。

最近、スパムコメントが異常に多いのと、動作の鈍重さに耐えられなくなったので、blogを移動します。
新しいURLはここです。
http://ubulog.sblo.jp/

ブックマークされている方は、変更よろしくお願いたしますm(__)m

被告準備書面

 住友生命より、被告準備書類が送付されてきました。所謂被告の反論内容が書かれたものとそれを裏付ける証拠物件です。証拠物件、こちらが提出した物量に比べて、かなり少ない。

 反論内容は第1と第2に分かれていて、第1は「サウンドロゴの著作物性」を否定する理由が幾つか書かれています。

 以下は抜粋と要約です。(引用符付きの部分は抜粋、それ以外は要約)
曰く、
>サウンドロゴは楽曲である必要はなく、犬の声や牛の声であってもよく、その音によって企業・商品・
>サービスが消費者にアピールされればよいのである。

曰く、
>歌詞ならびにアナウンス抜きでこれを聞いたとしても、視聴者はそもそもこれを「楽曲」と認識しな
>いだろうし、平均的な視聴者がこれをCMのサウンドロゴと認識することは通常あり得ない。

曰く(これがもの凄いんだけど)、
サウンドロゴは、様々な制約を受けて制作されるものなので、あのようなメロディになったことは、音の制作者にとって自然なことであり、メロディの選択幅は極めて小さなものであった。他社のサウンドロゴも同じような諸制約の下で作られたと考えられ、音として類似した特性を持っている。

曰く(これは既にあちこちで言われていることだけれど)、
サウンドロゴのような短いものに著作権を与えてしまうと、他の作曲家の創作活動を制約することになる。←この見解については
http://blogs.yahoo.co.jp/ubie55/22580622.htmlで反論しています。

かなり仰天ものの内容ですが、第2はもっと凄いんです。

私はかつて、iBlogで、この件について記事を書きました。
http://homepage.mac.com/ubuman/iblog/C1487134416/E726883282/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今年になって、この二つのサウンドロゴがリニューアルされた。
 しかし、著作権者である私にはなんの事前連絡もない。
 テレビを見ていてびっくりした私は早速行動を起こし、こんな事がまかり通って良いのか、と関係各所に意見を求めた。
 サウンドロゴ、買い取り(バイアウト)が前提とは言え、アレンジ変更や再録音は明らかに二次使用である。
 業界の慣例としては、通常、それがどんなに古い物でもオリジナルの作曲者とコンタクトを取り、了解を得るのだそうだ。無償でよいとなればもちろん無償だが、対価を要求されればそこで交渉が始まるのだ。当たり前だが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これを持って、被告は、私が「本件サウンドロゴの著作権はバイアウトで被告に買い取らせたが、著作者人格権は自分に残っているので二次使用や改変については補償を受けたい」と主張していると決めつけ、原告は当初からこのロゴについて、自分の権利を全て譲渡し、財産的な請求権は一切無いことを知っていたにもかかわらずこのような訴訟を提起した、と断じています。著作者人格権というのは、上足したくても出来ない権利だと言うことをご存じないらしい。

 しかも「買い取りが前提」というのは、私の主張ではなく、私の質問に対して返ってきた答えを書いた物です。ちゃんと「〜だそうだ」って書いているじゃありませんか。ちょっ段落の取り方が稚拙で、誤読される可能性がある文章だったとは思いますが、たとえ買い取りの作品であってもリアレンジや再録音は、作者の了解が必要というのが業界の慣例という答えを得た、という趣旨は、伝わると思うんですけど、どうなんでしょう。
 もしかしてわざと誤読しています?

 その他にも、制作時期について、私は住生自身の調査結果を持って、いついつ制作と言っているのに、嘘を教えておいて、事実と違う、原告の主張の信頼性には問題がある、などとメチャクチャなことを主張しております。

 しかし著作物ではないと言っておきながら、著作権は譲渡されているという主張、もの凄く矛盾していませんか?
 
 メロディの改竄についてですが、写譜屋さんに聴き取りをさせています。写譜屋さんは、作曲家やアレンジャーが書いたスコアを清書したり。パート譜化したりすることのプロで、耳コピのプロじゃありません。しかもこれ、現行バージョンを聴き取った譜面じゃない?

開く トラックバック(2)

 本日、被告から準備書面が届きました。明日も第二便が届くようです。
 全部にきちんと目を通してから反論ポイントを書き出さねばなりません。要点は後日アップしますが、要するに、サウンドロゴの著作物性を否定する内容です。また、私がブログで「サウンドロゴは買い取り」と表明していると書かれているのですが、私、そんなこと書いた憶えないんですけどね、と昔のブログ(iBlog)を調べたら、出てきましたよ。私が、関係各所に尋ね回って、業界の慣例ではこうこうだ、と書いたのを私の本件に対するスタンスだと、曲解しているんです。

 精神的に疲れますね。

開く トラックバック(1)

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事