黄色い蛇足@日立柏酒場裏

黄色い蛇足を龍と言い張るのは、いかがなものか? なお、進化経緯から言えば、もともとあった四肢が退化したのが蛇。

TOPIC

すべて表示

初めて、Amazonで詐欺ではないかと思う事例に出会ってしまった。

 Amazonで初めて、詐欺ではないかと思われる事例に出会ってしまいました。

 今までAmazonを通じて、古書を何件か購入して来ていて、何のトラブルも無く入手出来ていたので、甘く見ていました。

 今回の事例は、Amazon本体が入荷待ちの状態になっていた時点(と記憶。現在は、Amazonでも在庫あり)で、本体の価格が1円(本来500円程度の品)で出品されていたもの。本体価格が1円であれ、今までは何の問題も無く到着していた業者ばかりだったのですが、今回は到着が確認出来ていません。

 シリーズ(大島 弓子・作「グーグーだって猫である」。この作品は、一度通読している気がするのだが、それが1冊の様な記憶があり、故に、現物が残っていない今では、最初の巻だけ読んだのか、全6巻をまとめたものを読んだのか不明。読書のリストも作成していなかった過去の話。リストが無いと、こう云った事例が頻発するので、リストを残す様になり、近年は、このブログにも掲載してる。PCのHDが壊れ、DBが救出出来なかった過去もあるので)の作品の2−3巻を注文し、他の部分は他の業者やAmazonに注文していたので到着しており、ここの部分だけ到着が未確認。私が、きちんと都度、到着の消し込みをしていなかったので、未着に気付くのが遅れましたが、よくよく見れば、本体価格 1円に対し、計2冊注文しているのに、配送料を各800円、計1,600円も取っています。パターンとしては典型的な詐欺の手口に当てはまりはするのですが、毎日毎日私の元にも結構な数の配送物が届いている中で、紛れてしまったのかも知れず、現在、Amazonに返金(保証)申請をしながら、自宅内を捜索もしています(変なところに置いた可能性も棄て切れてはいない為)

 Amazonでの注文の際は、本体価格だけでなく、配送料にも注意しましょう。他社と比べて、バカ高い配送料を取っている業者は、詐欺の可能性もあると考えます。

 この他にも、私は、Amazonの簡単過ぎる注文方法に釣られて、古書とAmazonの新品注文をダブって購入した事も過去にあります。Amazonの新品の在庫が無かった為、古書を注文した積もりでしたが、Amazonから大分遅れて新品が届き、ダブりに気付きました。返品申請はしたものの、返送するのが遅くなり、返送期限を過ぎてしまい、結局、返品出来ず…なんて事もありました。

 また、kindle版は、多くの場合、一度購入すれば、ダブって購入する事の無い様にシステム化されているのですが、

Amazon kindle版の二重価格とHP対応への不信【角川だけ?】
https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=Amazon

の様な事例もあります。

 また、システムの所為ではないのですが、さかざき ちはる・作の「ペンギンは短足じゃない図鑑」の場合などは、新刊と思って予約注文していたのですが、私の読んだ事のある「ペンギンブック」の「改題しての」復刊でした。注意して本の紹介覧を読んでいれば、その旨が「最後に」小さく(まあ、文字の大きさは実は同じなんですが)書いてあったのですが、気付かず、注文してしまいました。
 中には、辻村 深月・作の「噛みあわない会話と、ある過去について」の様に、Amazonでは既に配信されていた短編のアンソロジー(短編集)であって、新刊と思って購入(Kindle版を予約注文)したら、既に読んだ事のある作品ばかりだった、なんて事例もあります。これは、Amazonの本の紹介のどこを読んでも判らない事例。予約注文(Kindle版の場合、配信日が来たら配信)なので、試し読みも出来ない道理で、新刊紹介に充分な情報が無ければ防ぎ切れない事例。
 なお、この「噛みあわない会話と、ある過去について」のkindle版の場合、値引きがあった故か、先の https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=Amazon の事例と同様、既に購入したものと同じものである事が注文ボタンの表示では判らなくなっています(記憶が薄れていれば、過去の注文履歴を探すしかない。でもって、新たに注文出来てしまう)

 Amazonの場合、注文が簡単なだけに、購入する際に気を付けなければならない事も多い様な気がします。酒に酔っている場合は、注意力が散漫になっているので、特に注意!

 〜〜〜 〜〜〜

<追記>

 この後、冒頭に掲げた注文に関しては、Amazonから返金決定(返金手続開始決定)の通知が届きました。返金自体は、クレジット決済である事もあり、未確認です。

その他の最新記事

すべて表示

<前月分> 2018年10月に訪問した展覧会、美術館、博物館など【実績】 https://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/65104025.html  〜〜〜 〜〜〜 ...すべて表示すべて表示

 東京スカイツリーから私が撮影して来た画像を見て行くうち、「真東から南寄りに掛けての画像がないのではないか?」「見えていても、見てなかったのではないか?」とも思っていたのですが、その欠落を幾分か埋めてくれる画像が、2枚だけありました(笑)。 ...すべて表示すべて表示

東京スカイツリーから見る北側

2018/11/9(金) 午前 5:42

 えらく大雑把な題名である事は自覚してます。何と言っても、明確に撮影出来た区域であるにも関わらず、私が「何が写っているか」を認識出来るものが極めて少ない事によります。  視野角としては、約90度程度かと思います。  先ず、不安なの ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事