黄色い蛇足@日立柏酒場裏

2019年9月以降は、https://reywa.blog.fc2.com をメイン(主たる)・ブログとします。

全体表示

[ リスト ]

 2010年3月22日、午前中は花粉症でどこにも行く気が起きなかったものの、お腹が空くに連れ、自宅で昼飯を作って食って自宅に籠もっているのと頭の中で較べた結果「昼飯を食いに行くついで」って事で、13:00過ぎに、車で(車の中なら、花粉除去装置が付いているし、狭いので直ぐ除去が効き、自室にいるよりは快適)お出掛けしました。

 先ずは、あけぼの山農業公園、そこから、関宿城博物館横の中之島公園のコブシと見て回ったところ、17:00過ぎに(あけぼの山では、寒緋桜が満開。関宿のコブシは、2〜3分咲き。関宿、茨城県五霞町の堤防の菜の花は満開)。そこで帰宅する前に、利根川を(境大橋で)渡ったところにある、ショッピングセンター「FISS」(フィズと読むそうな)に行ってみました(http://www.dreams.ne.jp/town/fizz/ 参照。何故、ここからのリンク先が全部無くなってるのに、このページだけ存在してる?)。境大橋たもとで、茨城県境町になります。今まで、どこにあるか判らなかった「道の駅 さかい」は道を挟んで反対側にあるのに初めて気付きましたけど(建物の存在は、今までも知っていたが、それが「道の駅」だとは知らなかった)。

 このショッピングモールは、屋上に「キンカ堂」「Kasumi」の看板が立っているのですが…そのメイン部分が、こんなに なってました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 紙に書いてある内容は…
イメージ 6

イメージ 7
 これについちゃ、http://www.kinkadou.com/ 参照(リンク先が全てpdf…)。自己破産だそうです。
 でも、破産した後、品物をこんな形で店舗で保管してるなんて…もう破産手続き開始決定から1ヶ月ですよ。平成22年2月22日のニャンニャン並びの記念日(南房総市の猫だ!パークは、無料開放した。ちなみに、「猫だ!」は、ニャンダと読みます)に破産手続き開始決定してから1ヶ月、こんな形で、店舗を倉庫替わりにして来たの!? びっく〜り、しますた。

 
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/syoukou/shoryu/daiten/61/smfizz61-1.htm を見る限り、建物の所有者は、地元の会社(恐らく、個人が「法人成り」してるだけ)。ですので、ここでは、賃貸借契約を継続したままで、店舗を倉庫替わりに使って来た事になります。建物所有者も、後継店舗が見当たらないので、賃料がまともに入らないのを見越しても、それを許容したのでしょうか?それとも、新規に契約を結び直したのかな?もしかしたら、キンカ堂が一括借り上げして、テナント契約なんかは、キンカ堂との間で結ばれてたのかな?その場合は、破産開始手続き開始決後、数日は全店閉鎖していた、とかの経緯があるはずではありますが…(裁判所による許可が必要になるから)。

 とにかく、こんな形で商品を人目に晒(さら)し続けて、特に問題も起きていない、境町って平和です…こんな記事にすると、不逞の輩を集めちゃうだろうか??…
 まあ、帰途、橋のところで起こる渋滞を経験した身としちゃ、盗難があっても、検問を掛ければ、一発だろ?とも思いはしますが…。

 なお、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB%E5%A0%82 (著作件侵害の指摘により、審議中。編集を凍結)によると、FISSに入居しているカスミは、キンカ堂が食料品から撤退した後に入居した店舗らしいです。 

 ☆★☆★☆

 責任者の方で、この記事が防犯上、問題だと考える場合は、コメントにてご連絡下さい(連絡先を明記して下さい。非公開コメントでも可)。その場合、ファン限定記事に修正するなどの方策を採りたいと思います。私としては、公開して商売をしている限りは、記事にしても構わないだろう、との考えで記事にしました。



 △▼△▼△▼△ △▼△▼△▼△ △▼△▼△▼△

 この記事は、もともとhttps://blogs.yahoo.co.jp/ubiquitous_budda/59240069.html にあったものを、ヤフー・ブログのサービス停止への対応として、「ブログお引っ越しサービス」で移行して来たものです。もともとの記事に付いていたコメントなどは、以下の通り。


2011/11/25(金) 午前 2:22 [ブログ主=Rey豚]

この記事のUPから約1年後に、東日本大震災が発生しました。その所為としていますが、この建物は現在、1Fのみ営業、屋上駐車場も含めて2F以上は閉鎖。1Fも、約半分のフロアしか営業していません。まさに、「廃墟」寸前。

「許可を受けない内部撮影禁止」との表示が入口掲示板にあります。


2012/4/14(土) 午前 0:53 [ mir*ll5* ]

現在は、どうなってるのでしょうか?
ご存知の方いらしたら教えてください。


2013/1/25(金) 午後 3:06 [ ゆh ]

2012年10月半ばに行きましたが、Rey豚さんが記載された通りのままになってました。1Fの半分だけでも、ちらほらお客さんがいましたよ。


2013/6/3(月) 午後 8:22 [ bsp*k3*2 ]

現在、建物と道の駅の間で温泉掘削中です、店舗はかろうじて営業中です。


2013/6/3(月) 午後 10:39 [ブログ主]

>bsp*k3*2 さん:

情報、ありがとうございます。関東平野では、地下に関東ガス田があり、ここに古代の海水が閉じ込められています。この海水が、プランクトンの腐敗でメタンガスを生じ、天然ガスとなり、一方では、水の方は、鹹水として、ラーメンの原料になったり、ヨードの原料になります。同じ水が、塩水として、日本の温泉法では、温泉と称する事が認められます。ほとんど「掘れば、確実に出る」状態ですから、恐らく、温泉掘削は成功するでしょう。同じ理屈で、私は過去(東日本大震災発生前)に、「何故、日本は天然ガスを自給しようとしないのか?」と云う記事を当ブログにUPした事があります(答えは、未判明)。シェールガスより関東ガス田の方が一つの掘削井戸から採れるガス量も多いし、直接の掘削コストも少ないと思うのですが。

ところで、境町付近で井戸掘削を行っているのは、ここだけでしょうか?
実は、境町付近で私も、自動車での移動中、掘削井戸の撮影をしたのですが、記憶の中で撮影場所などが曖昧になっているのです。境町付近である事は、時間的に隣合って、圏央道の利根川の架橋工事を撮影している事で判るのですが…。


2013/9/23(月) 午後 9:12 [ voy**ch00* ]

今大規模工事してますね。温泉出たのかな?
ここは、建物が立つ前は養豚場で、土地が大腸菌で汚染されてるとか
読みましたが、温泉は大丈夫かしら?


2014/10/4(土) 午後 9:46 [ブログ主]

ここは、2014年10月になって横を通ったところ、「御老公の湯 境店」となってました。温泉(塩泉)を掘ってのスーパー銭湯と思われます。

なお、地表面が大腸菌で汚染されていようが、温泉に影響はありませんし、放射性物質で汚染されていようが、直ぐには温泉に影響は出て来ません。


2014/10/4(土) 午後 9:46 [ブログ主]

他に「MGM」てマークもありました。こちらはパチンコでしょうか?


2019/4/26(金) 午後 0:02 [ m_r***** ]

ドンキになってるねえ〜


2019/4/26(金) 午後 7:14 [ブログ主]

>m_r*****さん:

国道4号線バイパスの春日部庄和IC〜利根川の間の片道2車線化が完了するまでは、よく関宿を経由し、こちらの前を通り、国道354号線を通って、国道4号線バイパスの塚崎ICの方へ向かっていたのですが、国道4号線バイパスの該当区間の片道2車線化が完了してからは、専ら国道4号線バイパスを使っています。この店舗の前を通る事は、めっきり少なくなりました。

で、この記事の後、温泉を掘っているのは目にしていましたし、御老公の湯境店が出来たのも知っていたのですが、ドンキホーテについては知りませんでした。ありがとうございます。ドンキホーテのHPにも載っているので間違い無い訳ですが、御老公の湯の方も、そのまま営業している模様で…同じ建物を共用してるんでしょうか? ヤフーの航空画像で見る限り、別棟では無さそうで…。


2019/4/27(土) 午前 0:19 [ブログ主]

ちなみに、ここと道を挟んで建つ「道の駅さかい」には、隈研吾・設計のレストラン棟「さかい河岸レストラン 茶蔵(ちゃぐら)」が2019年4月19日オープンしました(https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15541183844099 )。オープン・セレモニーには、今やスター扱いの隈研吾本人が来場していたそうな(ニュースで見た)。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

この記事のUPから約1年後に、東日本大震災が発生しました。その所為としていますが、この建物は現在、1Fのみ営業、屋上駐車場も含めて2F以上は閉鎖。1Fも、約半分のフロアしか営業していません。まさに、「廃墟」寸前。

「許可を受けない内部撮影禁止」との表示が入口掲示板にあります。

2011/11/25(金) 午前 2:22 レイ豚 返信する

顔アイコン

現在は、どうなってるのでしょうか?
ご存知の方いらしたら教えてください。

2012/4/14(土) 午前 0:53 [ mir*ll5* ] 返信する

顔アイコン

2012年10月半ばに行きましたが、Rey豚さんが記載された通りのままになってました。1Fの半分だけでも、ちらほらお客さんがいましたよ。 削除

2013/1/25(金) 午後 3:06 [ ゆh ] 返信する

顔アイコン

現在、建物と道の駅の間で温泉掘削中です、店舗はかろうじて営業中です。

2013/6/3(月) 午後 8:22 [ bsp*k3*2 ] 返信する

>bsp*k3*2 さん:

情報、ありがとうございます。関東平野では、地下に関東ガス田があり、ここに古代の海水が閉じ込められています。この海水が、プランクトンの腐敗でメタンガスを生じ、天然ガスとなり、一方では、水の方は、鹹水として、ラーメンの原料になったり、ヨードの原料になります。同じ水が、塩水として、日本の温泉法では、温泉と称する事が認められます。ほとんど「掘れば、確実に出る」状態ですから、恐らく、温泉掘削は成功するでしょう。同じ理屈で、私は過去(東日本大震災発生前)に、「何故、日本は天然ガスを自給しようとしないのか?」と云う記事を当ブログにUPした事があります(答えは、未判明)。シェールガスより関東ガス田の方が一つの掘削井戸から採れるガス量も多いし、直接の掘削コストも少ないと思うのですが。

ところで、境町付近で井戸掘削を行っているのは、ここだけでしょうか?
実は、境町付近で私も、自動車での移動中、掘削井戸の撮影をしたのですが、記憶の中で撮影場所などが曖昧になっているのです。境町付近である事は、時間的に隣合って、圏央道の利根川の架橋工事を撮影している事で判るのですが…。

2013/6/3(月) 午後 10:39 レイ豚 返信する

顔アイコン

今大規模工事してますね。温泉出たのかな?
ここは、建物が立つ前は養豚場で、土地が大腸菌で汚染されてるとか
読みましたが、温泉は大丈夫かしら?

2013/9/23(月) 午後 9:12 [ voy**ch00* ] 返信する

顔アイコン

ここは、2014年10月になって横を通ったところ、「御老公の湯 境店」となってました。温泉(塩泉)を掘ってのスーパー銭湯と思われます。

なお、地表面が大腸菌で汚染されていようが、温泉に影響はありませんし、放射性物質で汚染されていようが、直ぐには温泉に影響は出て来ません。

他に「MGM」てマークもありました。こちらはパチンコでしょうか?

2014/10/4(土) 午後 9:46 レイ豚 返信する

ドンキになってるねえ〜

2019/4/26(金) 午後 0:02 [ m_r***** ] 返信する

顔アイコン

>m_r*****さん:

国道4号線バイパスの春日部庄和IC〜利根川の間の片道2車線化が完了するまでは、よく関宿を経由し、こちらの前を通って、国道354号線を通って、国道4号線バイパスの塚崎ICの方へ向かっていたのですが、国道4号線バイパスの該当区間の片道2車線化が完了してからは、専ら国道4号線バイパスを使っています。この店舗の前を通る事は、めっきり少なくなりました。

で、この記事の後、温泉を掘っているのは目にしていましたし、御老公の湯境店が出来たのも知っていたのですが、ドンキホーテについては知りませんでした。ありがとうございます。ドンキホーテのHPにも載っているので間違い無い訳ですが、御老公の湯の方も、そのまま営業している模様で…同じ建物を共用してるんでしょうか? ヤフーの航空画像で見る限り、別棟では無さそうで…。

2019/4/26(金) 午後 7:14 レイ豚 返信する

顔アイコン

ちなみに、ここと道を挟んで建つ「道の駅さかい」には、隈研吾・設計のレストラン棟「さかい河岸レストラン 茶蔵(ちゃぐら)」が2019年4月19日オープンしました(https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15541183844099 )。オープン・セレモニーには、今やスター扱いの隈研吾本人が来場していたそうな(ニュースで見た)。

2019/4/27(土) 午前 0:19 レイ豚 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事