過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

最近、時々聞く障害者雇用の代行。これは、企業の障害者雇用を代行する会社がサテライトオフィスを構え、代行する会社の社員(サポートスタッフ)が採用から処遇いっさいを行うというものです。サテライトオフィス内でAさんとBさんは○○社、CさんとDさんは△△社、ブースごとに別会社となります。まさにコペルニクス的な発想です。不利・不満・不安を解決するところにビジネスあり、これは企業が障害者雇用に向き合うことなく雇用率を手に入れる仕組みでもあります。
 
しかし何故か違和感を感じます。障害のある人の人権、ノーマライゼーション、社会参加、多様性、キャリアそんなことを考えると・・・どうなんだろう。以前、企業の方が冗談で「いっそのこと福祉作業所をまるまる買い取りたい…」なんて言っていたのを思い出します。この仕組みは、まさに書類上の雇用関係と言ってもいいでしょう。
 
気になっていることとして、この仕組みは実は障害者雇用の大きな岐路を示しているように感じます。実際に一部の自治体などでこの事業を歓迎しているところもあります(たぶん行政関係者がその意味まで想像力が及ばなかったのでしょう)。行政は一旦是としたものは訂正することは難しいですから、いくつかの自治体はリンゴを食べてしまったことになります。
 
この仕組みはこれから一気に広がるかもしれません。なぜなら、企業よし、代行業者よし、就労した人よし、その他家族や教育関係者なども形式的であれ「一般就労」の言葉は魅力かもしれません。もしかして違和感を感じているのは私のような一部の関係者…だけかもしれません。社会では得てして、多数を占めた方がスタンダードになります。そして、社会が大きなつけを払うことにならないか心配です。
 
次の動きとして社会福祉法人がこのビジネスに乗り出すのではないでしょうか。障害のある人のサポートのノウハウを生かし、収益事業部門又は、会社組織を作って事業拡大を考えるのは想像できます。
そうなるともうぐちゃぐちゃになってしまいますね。
 
障害者雇用の理念からこの代行業について、労働局(厚労省)の意見を出しほしいところです。
現場のハローワークの方も戸惑っています。
 
リンゴを食べてしまう前に…
 

この記事に

開く コメント(17)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事