Sprinter! - マスターズ陸上短距離への挑戦

2015年は4月にM55昇格。 400mの日本記録(57"14)更新を狙います!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全446ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

さて、フランス到着前からドタバタ続きだったuchisですが、何とか無事予選を通過することが出来ました。

予選は水曜にあったのですが、木曜日は全競技お休みの日でした。 準決は金曜日です。

このため、木曜日は十種銅メダリストのI野さんとウインクと3人で遊覧船クルーズ。

出港は午後1時だったため、リヨンの旧市街を散策。 さすがに歴史ある街、風情があります。
イメージ 1
イメージ 2

とりあえず、一日休みが入ったことで疲れも取れ、リラックスすることが出来ました!

しかし、準決勝は強豪揃い・・・。 組2着+2なので、悪くても3位には入らないと決勝進出できません。

当然uchisが走る1組目には持ちタイム57秒&58秒が一人ずついます。 なので、準決は勝負をかけて前半から飛ばしていくしかありません。

幸いuchisは3レーン(いちおう予選組1位なのでシードレーンです。)だったので、速い2人を見ながら走ることが出来ます。

そしてスタート! 但しスタブロ形状が特殊で角度を一番下げても65度くらいしか下がりません。 このため、スタートもモッサリスタートになってしまいます。

その後加速してアウトレーンの先行する3人を追いますが、相手も前半から飛ばしているので、なかなか差が縮まりません。

そしてラスト100mでは前半飛ばしたつけが回ってきて、足が止まってしまい・・・The end。

結果は組4着の・・・

59"96 (SB、県新)

予選は流しても60”11だったのにほとんど変わらない・・・。 (T_T)

もう少しペース配分を考えれば59秒を切れたのかもしれませんが、勝負に行っての結果なので悔いはありません。

結局、決勝進出のためには去年のPBである58"51を出せればOKでしたが、調整が間に合いませんでした・・・。 なかなか調整も難しいですね・・・。

体の感触としては59秒切りは行けそうな感じですので、何とか全日本までには58秒台は狙える状態にコンディショニングして行きたいと思います!

WMA Championship Meet                        21/08/2015 - 23:12 PM                  2015 WMA Outdoor Championships                                                  Lyon                                 
Event 336  M55 400 Meter Dash
===================================================================
    Name                     Age Team                     Semis  H#
===================================================================
Semi-Finals                                                          
1 Zavattero, Beno        M55 France                   54,97Q  3  
2 Ferreira de Melo, Israel M56 Brazil                   55,38Q  1  
3 Yelverton, William       M55 United State             56,00Q  2  
4 Zorn, Gerhard            M58 Germany                  55,40Q  3  
5 Chinn, James             M56 United State             56,47Q  2  
6 Mayston, Robert          M57 Australia                57,11Q  1  
7 Bentham, Kermitt         M55 Great Britai             57,23q  3  
8 Duncan, Alastair         M58 Great Britai             58,56q  2  
9 Cottong, Brent           M58 United State             58,60   3 
10 Zulauf, Stephan          M56 Switzerland              58,80   3 
11 Hoell, Peter             M55 Germany                  59,41   1 
12 Rodriguez Burch, Manuel  M55 Spain                    59,52   2 
13 Aguirrebengoa, Roberto   M56 Spain                    59,61   3 
14 Uchida, Shinichi         M55 Japan                    59,96   1 
15 Pietrzak, Waldemar       M55 Poland                 1:00,27   3 
16 Duclaux, Pascal          M55 France                 1:00,29   1 
17 Weber, Joachim           M56 Germany                1:00,30   2 
18 Lopes Correia, Boaventur M55 France                 1:00,56   2 
19 Ozyumenko, Igor          M55 Russia                 1:01,40   1 
20 Scheffler, Lutz          M55 Germany                1:01,46   3 
21 Quesada Guti駻rez, Rodri M58 Costa Rica             1:01,80   2 
22 Leyva Saavedra, Jose Lui M56 Mexico                 1:04,10   1


この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

さて、何とかギリギリ予選会場に着いたuchisですが、これが出来たのはすべてウインクバード様のお陰です。

ウインク様は7種に参加していたため、私より1週間以上前からLyon入していたため、バスや地下鉄も
良くわかっていて、効率よくエントリ会場→予選会場へと案内してもらえました。 本当に多謝です。 m(_ _)m

とりあえず、アップの時間も取れましたが、いかんせん体が重い・・・。

私は9組目でしたが、同組には私の申告タイム58"51を上回る選手が3人もいました。 怪我からの復帰で今季まだ60秒を切れていないuchisには予選突破でさえかなり厳しそうです・・・。

しかし、招集所でのコールでは申告タイムトップと2番手の選手がDNS。

但しコールした中ではuchisの持ちタイムは組2番め。 ちょっと1番の選手には勝てそうもないため、2位狙いでタイムで拾われる作戦にしました。(組1位+タイム14人が準決)

とは言え、60秒ちょうどくらいがカットラインになりそうなので、かなり厳しい状況には変わりありません・・・。

そしていよいよスタート! 既に走っているI野さんはM50の準決進出を決めており、uchisも続きたいところです!

スタートはハムの違和感もあり、もっさりスタートで☓でした。

それでもレーンが1レーンだったので、様子を見ながら走れるのはラッキーでした。

200m通過は28”5くらいとかなり遅めでした。

残り100mとなったところでは何とか2位浮上。 トップとはちょっと差があるので追いつくのは無理・・・って感じでしたので、2位を確保する予定通りの作戦で・・・。 

すると残り50mのあたりで、トップの選手が肉離れでなんとストップ! 

uchisがトップになってしまったため、2位の選手が離れていることを確認しながら、指で1番をやりながらゴール!

なんと準決進出があっさり決まってしまいました。

タイムは途中の様子見&最後の流しがあったため

60"11 (SB、神奈川県記録)

でした・・・。
イメージ 1

体調の悪い割に良くSBがでたな・・・と本人が一番驚いています。

一応このタイムで2位でも予選は通過できました。

予選翌日は競技がすべてお休みの日なので、休足できます!

準決勝は58秒前後のタイムでないと決勝進出はかなり厳しいです。

さて、どうなる準決! ・・・ ③に続く。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

只今フランス・リヨンで開催されている世界マスターズ選手権に参加しています! もちろんuchisにとっては初めての世界マスターズです。

羽田からパリ・シャルル・ド・ゴール空港直行便で定刻に出発。 新潟上空から日本海に入ったところで、いきなり大きな困難がuchisに襲いかかります・・・。

なんと、飛行機のエンジンの凍結防止システムに不具合発生。

日本海上空をぐるぐる回って燃料放棄・・・。↓ 燃料放棄中 ^^;
イメージ 1

羽田に戻って、機材を変更して5時間遅れの再出発となりました。

しかし、シャルル・ド・ゴールに着くのが16時→19時にずれ込んでしまいますので、その日のうちにLyonにいける飛行機もTGVのありません。

とりあえず航空会社に頼んで、空港近くのホテルを手配してもらい、翌日早朝のタクシーでTGVの駅に向かうことに。(TGVは急遽引き返した羽田でネット予約)

16:00 羽田を再出発
現地時間21時にシャルル・ド・ゴール空港到着
22:00 ホテルにチェックイン
23:00 ホテルで夕食
翌1:00 就寝
4:00 起床
4:50 タクシーでホテル→パリTGV駅に移動
5:50 TGV→ 8:00 Lyon駅着
9:00 メイン競技場到着、エントリー手続き
9:30〜10:00 400m予選が行われるパリリー競技場に移動
11:45 M55 400m 予選(全10組、1着+14人が準決

というハードなスケジュールでした。 ほとんど睡眠も取れていないし、長時間飛行機の座席に座っていたためか右ハムのあたりに違和感も・・・。

さて、どうなる?

続きは②へ・・・。^^;
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

香川マスターズ選手権

土曜日から高松入りして日曜の香川マスターズに参加してきました!

土曜の夜はアッキーさん&あさおかさんとの恒例の前夜祭。

三次会まで行って呑み過ぎて大会当日の日曜の朝は・・・。(*_*;

という状態でしたが、何とかスプリントトライアスロンを完走出来ました。 

100mは400mのスピード練習、200mは100mのタイムが悪かったのでやけくそ・・・。400mは200mの40分後だったので慎重に走りすぎて・・・というタイム的には全くダメダメな結果になってしまいましたが・・・。(^o^;)

100m 13"44 +1.0
200m 27"30 +0.7
400m 61"24

とは言え、課題が見えたので8月の世界マスターズに向けて明日からトレーニングにはげみたいと思います。 (;・∀・)

また、スプリントトライアスロンは3年ぶりくらいでしたが、何とかけが無く走り切れました〜! 

香川マスターズ参加の皆様、お疲れ様でした! また、大会関係者、審判、補助の方々、ありがとうございました! 
イメージ 1

イメージ 2

とても楽しい一日でした! 来年もまた参加しますので、よろしくお願いしま〜す!

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

湘南陸上

今日は湘南陸上に参加してきました。

エントリー種目は400mとスウェーデンリレーの200m(3走)。

昨夜遅く奄美大島から帰宅したばかり&仕事の疲労で足が重かったです・・・。

400mは慎重に走ったせいか、200m通過は28秒と先々週の埼玉マスターズより1秒落ち・・・。 ホームストレートは向かい風でしたが、前半セーブしたため最後まで足は止まりませんでしたが、タイムは1’00”64と、またもや1分を切れず・・・。(^O^;)
イメージ 1

やはり1分を切るためには前半は27秒フラットかそれ以下で走らないとダメですね〜。(;・∀・)

一応1’00”64はマスターズM55県記録タイでしたが、全く不満・・・。 ここのところ仕事が忙しく、次戦は香川マスターズの予定ですが、それまでにはもう少し調子を上げていきたいと思います!

なお、スウェーデンリレーは私は200mでアンカーでの大逆転劇を演出させて頂きました! アンカーはチームHAL河内・マッチョさんとAC湘南組・田中くんの勝負・・・。 バトンを受け取った時点で20mの大差がありましたが、ラスト100mで田中くんが大逆転! 見事今年はAC湘南組が優勝でした!
イメージ 2

本日参加の皆様、お疲れ様でした〜! 役員、審判員の皆様、ありがとうございました!

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全446ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事