ここから本文です
うちやんの休日
自己満足な世界へようこそ

ロードスターのメンテナンスで自宅で出来ない作業を知り合いの整備工場へ持ち込み作業をして貰いました。

本当は、私も立ち会って作業する予定でしたが、九州出張(ツーリング)に行っている間にやって貰いました。

作業内容
・足回りのメンテナンス(ブッシュ類、車高調のチェック)
・ギヤオイル、デフオイル交換

ギヤとデフオイルはメーカー指定の粘度75W-90を入れました。
ブッシュ類は、前のユーザーが交換していた様で劣化してないそうです。
車高調はTEIN社製品であるがショックの吸収を調整出来ないモデルで柔らかくすることが出来ないそうです。
抜けは無いしオイル漏れはないそうです。

一先ず安心しました。
試乗してみるとギヤ周りのノイズが少なくなった様な気がします。
しかし、シフトチェンジが調子良くありません。
具体的には、ローとバックギヤが入りにくい、シフトの遊びが多いままです。

ロードスタ―はギヤオイルの他にシフトチェンジ コントロール ケース内のオイルとシール、カラーを交換するとシフトフィーリングが大幅に改善されるそうです。
こちらの作業は簡単なので自分で作業をします。


シフトブーツを剥がしたところ、本来あるべき防音材が入ってません。
ゴムのカバーは劣化しボロボロの状態です。

イメージ 1


シフトレバーを抜くとケース内が見えます。
シリンジで古いオイルを抜き取り、規定量のギヤオイルを注入します。
相当汚れていたので一旦シフトレバーを戻し近所を少し走りフラッシングすることにしました。
シフトチェンジケースの下にはプロペラシャフトが見えます。
走行すると高速で回転し怖かったです。
再度、オイルをシリンジで抜き取り、新しいオイルを注入しました。

イメージ 2


シフトレバーの下にプラスチックのカラーがあります。
ここが削れて遊びが大きくなっていたと思われます。
新品のカラーと交換します。
そして、新品のゴムのカバーと防音材を入れてシフトカバーを被せて完了です。
ギヤ周りから出てた音は大分抑えられています。
シフトチェンジが新車の様な感じに戻りました。
効果絶大です。

イメージ 3


新品のプラグと交換しました。

イメージ 4


初期のロードスターはボディー合成が悪く、カーブや荒れた路面を走行するとボディーが歪むのが分かります。
私のロードスターはガチガチの足回りなのでボディーの歪みが非常に気になっていました。
前のオーナーは、簡易的なロールバーを入れていましたが錆だらけで見た目が悪かったので外してしまいました。
第二世代のNB型のロードスターはブレースバーという見た目がシンプルなロールバーの様な物が装備されて合成が相当アップしたそうです。
私のロードスターには少し加工をすれば取付出来る様です。

ヤフオクで中古のブレースバーを落札し諸先輩のブログを参照しながら取り付けてみました。
標準品の様に奇麗に取り付け出来ました。

イメージ 5


走行したところ、ボディー合成は格段に向上したと思います。
普通のワダチであればよじれることは無いです。
逆に乗りこごちが更に悪くなりました。

イメージ 6












開くトラックバック(0)

九州ツーリング

仕事の出張を兼ねて九州へツーリングをしてきました。

10/17(水)
AM9:00  仕事道具と3日分の着替えとスーツをGSのパニアケースに詰め込んで自宅を出発

イメージ 1

通勤ラッシュ時間を少しずらし首都高を通過することにしましたが渋滞がひどいです。
パニアケースを積んで首都高をスリ抜けする気にならないので渋滞にはまっておりました。
新東名に入っても工事渋滞やトラックでペースが上がらないまま神戸港に到着。
フェリーの出航時間ギリギリでヤバかったです。

このシーズンの平日ですから数台のバイクとトラック野郎だけです。

イメージ 2


10/18(木)
AM9:00 宮崎港に到着
スーツに着替え仕事現場へ直行です。
翌日も仕事の予定でしたが、順調に仕事がはかどり、その日の内に仕事を終えさせました。


10/19(金)
宮崎市内のホテルを出発しフェニックスロードで南下
3年前に来た時は大雨でした。
とても気持ちの良い道路です。

都井岬に到着
ここには野生馬います。
青森県尻屋崎の野生馬(寒立馬)と違いスリムなボディーで格好いいです。

イメージ 3

道路脇で昼寝していた馬を撮影。
近くによって撮影したかったのですがビビりな私は遠くから撮影しました。

イメージ 4


イメージ 5


鹿児島にある道の駅で美味しい黒豚トンカツをいただきました。
前にも来た時にもここで食べましたが絶品です!

イメージ 6

イメージ 7

この日も宮崎市内の安ビジホに宿泊です。


10/20(土)
熊本方面へ移動
雲一つない晴天でした。
途中、休憩で立ち寄った公園が素晴らしかった。
名称を忘れてしまいました。

イメージ 8


鹿児島から天草へフェリーでショートカットしました。
乗船時間は30分も無かったと思います。
乗船中は、地元のライダーが色々と熊本の見どころを教えていただき参考になりました。

イメージ 9


天草に入り、世界遺産登録された潜伏キリシタンが通った協会を訪れてみました。

イメージ 10


走行途中、気になる看板が出てきました。
既に満潮に近い時間帯の為、大きなおっぱい(岩)は見れませんでしたが、形がリアルでグロかったです。

イメージ 11

この日は、熊本市内の24時間スーパー銭湯に宿泊しました。
少年野球の宿泊に使われていて、子供たちが煩すぎて殆ど眠れませんでした。


10/21(日)
睡眠不足で疲れが残った状態で阿蘇へ出発
晴天でしたが気温も低く標高が上がるにつれて気温が下がっていきます。
今年初めての電熱ウェアとグリップヒータを使いました。

グリーンロード 別名「ケニーロード」
気持ちの良いワインディングです。

イメージ 12


草千里パーキングに到着
ここは、九州地区のライダーやドライバーの聖地です。
まだ早い時間なのでガラガラです。
お昼頃になれば多くのライダーたちが集まるんでしょうね!

イメージ 13

バイクを路肩に停めて大観峰まで上がりました。
結構長い階段を登るので重いラリースーツと電熱ウェアを着込んで登った私はヘトヘトになってしまいました。

イメージ 14


九重山で食べた赤牛丼は美味しかったです。

イメージ 15


紅葉はチョット早いですね!

イメージ 16


湯布院辺りを走行していたら「岩下コレクション」という看板が・・・
私は知らなかったのですがTVで何度か放映されている有名な博物館の様です。
貴重なバイクや世界のクラシックカー他、昭和レトロな雰囲気にひたれる数万点の玩具やポスターが展示されてる博物館です。

イメージ 17

懐かしい物から欲しいバイクが色々と展示されてます。
通常、自動車ミュージアムと言えばレストアされ綺麗な状態なのですが、ここは朽ちた状態で展示されている物が多く「自分だったらこう直すなぁ〜」と思いながら眺めてしまいました。
結構楽しめます。

イメージ 18

今夜は博多市内の安ビジホに宿泊


10/22(月)
この日は、博多市内で仕事です。
お昼過ぎには仕事を終えて、高速を使って広島県尾道まで移動するか山口県角島大橋まで行こうか悩みましたが、水曜日に都内で仕事が入ってしまい、自走で帰宅を諦め北九州からフェリーで帰宅することにしました。

北九州までの移動中に平尾台へ立ち寄り、夜の便まで時間調整をしました。
途中、高速のパーキングで仮眠していたところ、社員旅行の団体バスに乗っていた乗客が酔っ払って私のバイクや隣に駐車していたハーレーに勝手にまたがり記念撮影をしているじゃないですか!
注意したところ逆切れされとても不愉快な思いをしました。

イメージ 19

北九州からのフェリーは19:00出航です。
駐車場には私を含めバイクが4台 その内私と同じ習志野ナンバーが3台です。
私以外はお隣の市川市の方で、皆さん面識の無方たちだそうです。
約35時間の長い乗船時間でしたがおしゃべりをしながら過ごせました。

イメージ 20

10/24(水)AM6:00 無事 有明フェリーふ頭に着岸し、帰宅した後にスーツに着替えて仕事へ向かいました。

今回の九州ツーリングで感じたことですが、地震や台風の影響で通行止めで迂回されたり道路工事が多くありました。
その工事の為、多くの大型トラックが走っておりますので走行に注意が必要です。
更に高年齢の方が運転される軽自動車が多く制限速度以下の速度で走るためペースが上がりませんでした。
私の様なマイペースなライダーにとってストレスを感じるツーリングでした。


開くトラックバック(0)


ロードスターを購入してから1カ月程経ちました。
購入した時点では、外見に大きな傷やへこみがありませんが外見塗装のクリアが剥がれ塗装の輝きがありませんでした。
ブレーキも固着している様な感じで緩やかな下り坂でギアをニュートラルにしても動きませんでした。
特に幌がボロボロで再生することが出来ない状態でしたので新品に取り換えることにします。

イメージ 1


週末や仕事前に自分で出来るところは自宅の駐車場で汗まみれになって作業しました。
電気系統部分は水が掛からない様にマスキングして清掃とエンジンオイル交換、エアーフィルタ交換、エキマニの防熱対策、ベルト調整をしました。

イメージ 2


外見の塗装はオールペンを業者に依頼すると安いところで20万円で、部分塗装のし直して13万円の見積が出ました。
フロントバンパー、ドアミラー、リトラクタブルライトカバーを外し自分で塗装することにしました。
トランクは程度が良くないのでスポイラー付きのトランクをヤフオクで購入しました。
塗装後、全体をポリッシングしたら細かい傷が無くなり新車の様な輝きに復元出来ました。

イメージ 3


フロントブレーキの右側が固着している様で手でホイールを回そうとしても気合を入れないと回らない状態でした。
ブレーキのキャリパーを分解し洗浄とシール類を新品に交換しました。
バイクと違ってサイドブレーキがあるのでリアキャリパーに見慣れない機構があり戸惑ってしまいました。
パッドはそれほど減って無くまだまだ利用できます。
ディスクは使用限界に近い状態でしたので近々に交換しようと思います。


イメージ 4


ブレーキフルード交換はワンウェイバルブを使って一人で作業しましたが、二人で作業する方が効率がいいですね!
序でにフェンダー内部や車高調を洗浄しておきました。

イメージ 9


問題の幌ですが、ネットで検索すると結構大変な作業になる様なことが書かれています。
業者に任せると作業費用含め10から15万円位かかります。
私は、ebayネット通販で電熱線無しガラスのビニールタイプの幌を購入しました。
送料込みで4万円以下で購入し、諸先輩達の作業内容をネット閲覧し自分で取り付けしてみることにしました。

幌を取り外すため内装を剥がしたところ、錆がひどく穴が開いていました。
タンクカバー等パーツで取り外せる部分なので錆た部分だけ取り外しボディ側の錆はサンドペーパーで落とし錆止め塗装をしておきました。
丁度、ヤフオクに交換したパーツ一式が激安で出品されていたので落札しました。
錆が発生した原因は、前のオーナーが幌交換をした時に幌を固定するセットプレートの向きを逆様に取り付けており雨どいの様になって流れ込んだと考えられます。

イメージ 5

作業途中で雨が降りはじめてきました。ハードトップは2人掛かりじゃないと被せれないし、家には私一人しかいない。
仕方が無いので作業用ブルーシートを被せて雨が止むのを待ちましたが一晩中雨が降りました。

イメージ 10


タイヤはほぼ新品でしたがホイールが好みのカラーではなくオフセットも合ってないので程度の良いホイールを購入しました。
交換前のホイールです。

イメージ 6


内装のセンターパネルもカスタムされていてアルミのプレートが取り付けられていましたが、ネジ穴や傷が多くあったのでカーボン調のシートを貼ってドレスアップしてみました。
お気に入りです。

イメージ 7


週末は、天気も良く南房総までオープンで走ってきました。
とても快適です。
オートバイと違ってヘルメットを被っていませんから開放感が違います。

次は車高調を新品に交換し、ブッシュ交換、ギア、デフのオイル交換とウィンドーの動きを良くしたいと思います。

イメージ 8


開くトラックバック(0)


今年の夏は暑かったですね〜
あまりにも暑過ぎてバイクに乗れてません。

私事ですが、昨年の夏に我家に嫁入りしたハンターカブ 36歳を1年かけて美魔女に変身させてきましたが、嫁がせることになりました。

嫁入り時は、大分くたびれた状態でしたが色々と手を加え世間に出しても恥ずかしくないレベルになりました。

1年前のハンターカブ

イメージ 1


現在のハンターカブ

イメージ 2

この1年間で約6000キロ乗りましたが、四国ツーリングやオーバーホール等楽しい思い出が沢山あります。
お別れする時は少しウルッときました。


その代わり、我家では新たに婿養子を取る事になりました。
今度はハンターカブより少し若い26歳のヤンチャなユーノス ロードスターです。

イメージ 3

こちらも大分ヤレていますが、少しずつ直していこうと思います。
我家に来て2週間目になりますが、外見を奇麗にしてイケメンズにしてやろうと思います。

実は、ロードスターには20代の頃に所有してました。
新車でまっ赤なロードスタに乗ってました。
軽量化された私を乗せてワインディングのドライブを楽しんでいましたが、貰い事故で廃車となりお別れをしてしまいました。

イメージ 4


今後の予定
・ボディ−のクリアが剥がれたところを修正中
・ボロボロの幌を新品に交換(幌を米国へ手配中)
・ブレーキのオーバーホール(消耗パーツ発注済)
・足回りを再調整(知り合いの整備工場のリフトを借用予定)





開くトラックバック(0)

ハンターカブは、オーバーホールをした後、燃調、バルブクリアランスを行いベストな状態です。
乗っていて以前とは格段に差があります。

友人のコウジが最新のスーパーカブ110ccを購入したので一緒にツーリングをしてきました。
TAKIGAWAのキャプトンマフラーに変えたコウジのカブと長い上り坂でシグナルグランプリをしたところ、私のハンターカブはスーパーカブより速くなっているじゃないですか!

燃費も30-35km/Lでしたが、ハイペースで走って40km/Lになってます。
流石、最新のカブは60km/L以上は走るようです。


後はボディーのオールペンですね!
前のオーナーが輸出仕様に近い赤色にペイントしているのですが、一見綺麗ですが年月が経ってますので傷や色あせが出てきてます。

これから秋のバイクシーズンが来ますので沢山乗ってから冬になったら検討したいと思います。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事