全体表示

[ リスト ]

上山谷遡行 17.6.18

イメージ 1

今回は前回の鳥渡谷よりさらに遡行距離の短い滝谷の上山谷。
参加が二人だけだったので、予定の遠出を変更して近場の谷で遊ぶことに。

上山谷は遡行距離は短いが、沢の要素が適度に詰まった楽しめる沢だった。

● ● ●

入渓地点の新関屋橋の近くに有料の駐車場があるが、料金は1000円。
その料金を節約するために夕月橋手前にある無料の駐車場に車を駐め
入渓地点の新関屋橋までてくてく歩く。

9時、入渓。
新関屋橋から下を見ると4、5人組のパーティが入っていた。

入っていきなり3mの滝。
パーティが登りきるのを見て僕たちもクリア。

イメージ 2

金剛山系にある谷とは思えないいい雰囲気。

イメージ 3

斜瀑を水線から攻めるなためさん。
水線から離れた右側から登れば簡単に登れるのに
被さった岩の間を抜けるのが窮屈そう。
登りきったなためさんに僕はシュリンゲを出してもらう。

イメージ 4

転石がごろごろ。
梅雨だというのに晴天続きで水は少なめだが
足下には水はしっかり流れていた。

ブログトップの5mほどの滝が出現。
一見ガバがありそうでなさそうな滝。
なためさんが上がりザイルで確保してもらう。
ザイルを片付けている間に先行のパーティの会話が耳に入ってくる。
「前回、ここで落ちた!」と。

イメージ 5

凄みのあるハングした滝。
ちょっと下がって左岸から巻いて行く。

イメージ 6

ここで別の先行のパーティがザイルを出して巻く練習をしていた。
僕たちは木の根を掴みながら登り先に行かせてもらう。

沢床に下り立つとしばらく平流が続き
もう見どころはないのかなと思っていると・・・。

イメージ 7

ゴルジュ。
奥はどうなっているか見に行こうかと相談したが
無理っぽいので早々に右岸から巻いて行く。
残置が何本かあったが古びて使う気がしなかった。

イメージ 8

木材集積場が視界に入って来た所で昼食タイム。
空腹を満たした後メモリーショットを納める。

イメージ 9

木材集関場でガチャ類を外し、下山準備。

源頭まで詰めようと思えば遡行距離分ぐらい残っているが
この谷のレポを見ると見どころはここまで。

イメージ 10

今回撮った写真はピンぼけが多かった。
撮ったと思っていた写真がピンボケだとガッカリ。
曇ったレンズはしっかり拭くことを再認識した沢だった。(笑)

駐車地点13時25分。

イメージ 11

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

いかにもプロ好みの沢ですね。
ハング岩はクライミングでも難しいと思いますが大きく巻いたのですね。

2017/6/22(木) 午後 8:46 [ uttchi_2013 ] 返信する

顔アイコン

> uttchi_2013さん

ハングした岩は僕たちの力量では一見しただけで無理です。
今回の沢は2級程度の沢だと思いますが
おしなべて2級程度の沢しか行っていません。
故にプロ好みの沢なんて書かれると赤面します。

2017/6/23(金) 午前 8:05 [ ユーエス ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事