全体表示

[ リスト ]

塩見岳 17.7.15-16

イメージ 1

久しぶりの南アルプス。
その南アルプスの個人的な印象だが、北アルプスの山々に比べて
一つ一つの山がとにかくでっかい。
今回の塩見岳は、過去何回か計画するも雨で流れて中止になった因縁の山。

● ● ●

15日の早朝大阪を発ち、塩見岳の取り付きである鳥倉林道へ車を走らせる。
目的地に着くと3つの駐車場が満杯で、路肩に縦列駐車もしている状態。
車をUターンし、第一駐車場と第二駐車場の間の路肩に他の走行車の邪魔にならない
スペースをなんとか確保。

12時30分、テン場である三伏峠へ向かう。
登山口までの車道歩き40分。
これがちょっと長いがバスのみに開放しているゲートを一般車にも開放してくれたら
車道歩きをしなくて済むのに・・・。

登山口周辺は普段見かけないカラ松の植林で新鮮。

登山道は手の行き届いた歩き易い道がずっと続く。
ただシャッターを押すほどの景色がないのが惜しい。

下りてくる人の中には一日で塩見岳をピストンをする強者も。
背中を見ると小さなザックのみ。

予定通り約4時間で三伏峠。

翌朝3時30分に起床、4時30分塩見岳へ向かってレディゴー。
ヘッデンも要らないほど明るく歩き易い。
暗闇の中ヘッデンを点け先行したパーティも何組もあった。

イメージ 2

三伏山からはベールを脱いだ塩見岳。
逆光で暗い分凄みがある。

イメージ 3

中央アルプス。

イメージ 4

イメージ 5

甲斐駒、仙丈ヶ岳、北岳。

イメージ 6

三伏峠からいくつかのアップダウンを経てやっと塩見小屋(7時30分)。

イメージ 7

塩見岳の登りの核心は塩見小屋から。
森林限界を越え、一気にアルプスの雰囲気。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

唯一撮ったお花、ハクサンイチゲ。
まだまだ小さいお花がいくつかあったが、さほどお花には関心なし。

イメージ 11


すでに東峰、西峰には蟻のような人だかりが。
そしていち早く下りてくる人たちも。

イメージ 15

イメージ 12

登って来た塩見小屋方面を振り返る。

イメージ 13

仙丈ヶ岳へ続く稜線。

イメージ 14

やっと来た(8時40分)。

イメージ 16

イメージ 17

さっそくピークで恒例のメモリーショット。

イメージ 18

今日の仲間は、ヨッシー、YASSAN、なためさん、小生

ピーク上で40〜50分ぐらいいただろうか、
駐車地点まで折り返しの8時間前後の下りがあるのでピークをあとにする。

三伏峠でデポしておいた荷物のパッキングをしなおした後は、
駐車地点へ。

前日の三伏峠までの登りはそれほどでもなかったのに
塩見岳のピークを踏んでからのピストンは這々の体だった。
老体に12時間の歩きはきつい。

駐車地点16時30分。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは

テントがいっぱいですね〜色とりどりで綺麗ですね
遠くの山 近くの山 岩山 富士山と雲海 好いですね〜〜
お花に関心が無くても 良くご存じですね〜
本当に山がお好きで 山男なんですね・・(^。^)

2017/7/26(水) 午後 10:20 [ new***** ] 返信する

顔アイコン

> new*****さんは富士山をよく見られていますが
大阪住まいだと富士山を見るのは長野県の南部の山に行った時に限られますので、きれいな富士山を目の当たりにするとすごく新鮮です。

お花の名前は同行者が教えてくれました。(笑)

2017/7/26(水) 午後 11:29 [ ユーエス ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事