全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今回は紅葉目当ての山行。
弥山は一度ピークを踏んでいるが、
以前登った矢筈ヶ山、烏ヶ山から眺めた三鈷峰は紅葉の時期に一度は登ってみたいと思っていた山。

● ● ●

土曜の夜、某所で前泊。
翌朝まだ日が明けない頃、南光河原駐車場に移動。
駐車場は登山の車でほぼ埋まっており2、3台の空きスペースがあるのみ。
そこで朝食をかき込み、6時40分レディゴー。

大山寺に続く石畳を踏みながら行く。
紅葉もほぼ期待通りに染まっている。

イメージ 2

下宝珠への分岐。
分岐から稜線に上がるまでは急斜面。

イメージ 3

錦繍で彩られた山腹。

イメージ 4

ガスがたなびき、もやっとした三鈷峰。
頭上は青空もなし。

イメージ 5

大山の北壁も楽しみにしていたのだが、ガスがかかりすっきりしない。

イメージ 6

三鈷峰のバックに青空が少し出てきた。
頭上の稜線を見上げるとユートピア避難小屋。

イメージ 7

青空が広がればもっと色ぬけした錦繍が広がるのに。

イメージ 8

幾分ガスが晴れだした三鈷峰のピークに9時45分、なためさんと小生立つ。
ピークからのパノラマを楽しんだ後、下山へ。

イメージ 9

今回の参加メンバーは女性2人、男性2人だが別行動をとった。
三鈷峰直下が荒れているとの情報に接して
行動はユートピア小屋までの筈だった女性陣が三鈷峰を目指して上がって来た。
聞けば三鈷峰まで行くと。
ならば男性陣ももういちどピークへと踵を返す。

イメージ 10

再度立ったピークで全員でメモリーショット。
朝方からずっとかかっていたガスもすっかり晴れ上がり申し分ない青空が広がり
眺めも言うことなし。
登ってくる最中はすっきりしない空模様に消化不良気味だったが
青空が広がり胸のつかえが一気に下りた。

イメージ 11

なためさん、ひいちゃん、ハラッチさん、小生

ピークから東の方向に右が矢筈ヶ山、左が甲ヶ山。
甲ヶ山はまだ未踏だが来年には登ってみたい山。

イメージ 12

下山する元谷もガスが晴れてすっきり。

イメージ 13

昼食はユートピア小屋で。

下山は元谷の砂走から。
トラロープが張られ一応立ち入り禁止になっている。

イメージ 14

谷底に下り立つまではザイルが設えてあるのでさほど危なっかしいところはない。

イメージ 15

砂走は砂礫に大小の岩が混ざり合った様な状態。
以前砂走を下りたことのあるひいちゃん曰く「以前と比べるとかなり荒れている」と。
その女性陣が砂走を下るのに手こずった。

イメージ 16

イメージ 17

午前中ガスのかかっていた北壁も全貌を隠さない。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

元谷避難小屋あたりの紅葉はドンピシャ!!!
紅葉狙いの山行だったので言うことなしだった。

イメージ 21

大山寺詣での参拝客の多さに少し驚きながら
石畳を下って行きながら、15時下山。

イメージ 22

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ご無沙汰しています。
大分紅葉が下まで下がってきたようですね! 今週の寒波で雪が降れば紅葉と北壁の素晴らしい景色が見れますが・・・
11日の開山1300年たいまつ行列の頃はどうかなー

2018/11/2(金) 午前 8:39 [ ヨッシー ] 返信する

顔アイコン

> ヨッシーさん

元谷避難小屋周辺の紅葉は、ちぢれもなくどんぴしゃでした。

今朝の新聞では大山も冠雪したみたいですね。

寒波が駆け足でやってきているので
たいまつ行列の頃の紅葉はどうでしょう。

2018/11/2(金) 午後 0:35 [ ユーエス ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事