全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今年になって2回目の雪山。
前回は高島トレイル上にある武奈ヶ嶽。
比良の武奈ヶ岳は過去何度も登っているが「ダケ」違いの武奈ヶ嶽は初めて。
勇んで臨んだがネガティブな要因が重なってあえなく敗退。
故にブログにアップするネタなし。

奥美濃と言えば雪深いところ。
大阪近郊に雪がなくても奥美濃まで足を伸ばせば雪山遊びができる。
その奥美濃の山々に年に一度は足を運んでいるが期待を裏切らなかった。
今回はどうか・・・。

● ● ●

八戸ノ里を6時20分に出て
名神、北陸道、木之本ICを経由して道の駅さかうちに8時45分着。
道の駅の駐車場に車を駐め、9時レディゴー。

道の駅から取り付きは目と鼻の先。
取り付く尾根の麓はハイキングコースになっているみたいで
広瀬城跡の道標あり。

イメージ 2

頭上を見上げれば、青空が広がって申し分なし。
スノーシューを装着して雪に埋まった稜線を闊歩するには
最高のシチュエーションだと思ったのだが。

イメージ 3

広瀬城跡を過ぎると徐々に雪が出て来たが、しばらくはつぼ足で進む。

高度600m辺りでスノーシューをセット。
雪質は決してよくない。
堅い上に沈んだスノーシューを引き上げるのが重い。

イメージ 4

スノーシューを付けてルンルンと足を運びたいところだが
今日の敵はヤブ。
例年なら雪の下に埋まっているヤブの枝々が通せんぼするように
立ちはだかる。
足下の積雪も例年と比べると随分少ない。

イメージ 5

ストックを脇の下にはさみ、両手でヤブをかき分けて進むが
タイムロスが半端じゃない。

イメージ 6

イメージ 7

ヤブ、ヤブ、ヤブ・・・。

イメージ 8

ヤブがいくぶん少なくなったと思ったら
高度900手前の急斜面。
この急斜面手前に痩せ尾根の岩場がありけっこう手こずった。

イメージ 9

高度900に立ったところで12時30分、万事休す。

前方に到達予定のアラクラらしきピークが立ち木の間に見え隠れしていたが
まだ1時間半ぐらいはかかりそうなので
ここで昼食をとり、引き返すことにした。

昼食後のメモリーショット。

イメージ 10

YASSAN、キッシャン、小生

今回の山行を行うにあたって
ヤマレコの山行記録を参考にさせていただいたが
どこにも「ヤブ」の「ヤ」の字もなかった。
往年の元気があればアラクラ(A)、黒津山(K)、天狗山(T)を周回するAKTループをしたいが
今日みたいなヤブでは計画段階で気持ちをそがれてしまいそう。

15時過ぎ道の駅に下山。

イメージ 11

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

このコースですとアラクラまで登らないときっと展望はないですね。私は林道終点まで入って、林道を少し登り尾根に取り付いて882の尾根を登ったことがあります。ここから五蛇池や蕎麦粒岳の展望が素晴らしいです。

2019/2/7(木) 午後 10:50 [ uttchi_2013 ] 返信する

顔アイコン

> uttchi_2013さん

今回のようなヤブは想定していなかったので
予定よりタイムロスが甚だしかったです。

そして今年の奥美濃は例年と比べると道路脇に除雪された雪を見かけなかったのでその少なさがよくわかりました。

2019/2/8(金) 午前 8:34 [ ユーエス ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事