その先に あるものは?

戯言の中に真実が埋もれる。戯言の先に未来がある!

全体表示

[ リスト ]

ブルガリア戦 戦評

−先ずは戦評−
開始直後の失点は相手のスカウティング不足と誰がどこをどう面倒見るのかの打合せができていなかったための失点だ。
上がりたい村井の裏にスペースがあくのは仕方がない。そこを村井が面倒見るのか中澤がフォローするのか打合せができていなかった。
終了間際の失点は慢心が生んだ失点だ。能活が止めなければいけなかった失点だが、本番で同じことをしなければそれでよい。
デフェンスの面から言うと最初と最後を除く88分間。よく守ったといっていいだろう。

攻撃陣はなかなかいただけない。シュートを放つまではいいのだが、ゴールに結びつかない。アピールしようとして必死なのだろう、力が入りすぎて、ほとんどのボールが浮いてしまっている。
冷静にいつものサッカー自分のサッカーをすることができていない。
ただ、佐藤だけはいつものサッカーを見せようとしていた。得点にはいたらなかったがいい動きが多く見受けられた。
村井の故障は非常に痛い。
得たものもあるが失ったものもある試合だった。

−次いで論評−
今回のキリンカップの意味合いはW杯に誰を連れて行くかの見極めだ。
当落線上にいる候補者のうち誰を入れ、誰を落とすかを決めるための2試合でしかない。

従って、スターティングメンバーから誰がどのポジションにいるかが判る。
GKに能活ということは1−能活、2−楢崎、3−土肥は決定と言うことだ。
DFがいつものメンバー(中澤、宮本、田中誠)だったということはDFはレギュラー、サブとも決定していることを意味している。
MFはいつもとメンバーが違う。違うと言うことは当落線上のメンバーが出てきたと見ていい。
村井、阿部。彼らが当落線上ということだろう。遠藤がトップ下に入ったことをどう見ればいいのかは微妙だ。福西と加地は決定ということだろう。
FWは巻と玉田だが、そこから想像するには、ジーコは「玉田を連れて行きたい」と思っているということだ。
現に巻は途中交代だったが、結果を出せない玉田を最後まで使ったということでもそれが判る。

今回はアピールの場であるから、アピールするのは構わない。
しかし、アピールの仕方を間違ってはいけない。明らかに長谷部はアピールの仕方を間違っていた。
この間違ったアピールによってチームのバランスが崩れてしまった。
玉田も長谷部ほどではないがいけていなかった。今回の敗戦の原因は、玉田と長谷部によるところが大きい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事