「みんなの森」のブログ

世界の森林と仲良しになることをめざします

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

戦前の少年雑誌「少年倶楽部」などを読むと、アメリカが仮想敵国として考えられていたことがよくわかります。

そんな社会的な雰囲気もあり、1927年(昭和2年)に、日米友好のしるしとして、アメリカから約12000体もの人形(通称「青い目の人形」)が、日本に贈られました。

しかしながら、その後、太平洋戦争となり、戦争中にはたくさんの「青い目の人形」が理不尽で悲惨な目にあい、そのほとんどが滅却されてしまいました。

けれども、友好のするしとして贈られたはずが、ひるがえって憎しみの的になることは、贈った方にとっても人形自身にとっても全くいわれがないことです。

その青い目の人形の一体が、鳥取県智頭町の山形小学校に残っていました。
同小学校の校長室にその青い目の人形が飾られています。
うたにもあるように、その青い目はセルロイドで作られていました。

全国に残っている青い目の人形を調べてみると、山村・僻地にこそ、青い目の人形は残っているケースが多いようです。

社会の風潮に左右されず、物事の本質を見極め、ものを大切にし、人と人との愛情あるつきあい方がこの智頭町では保たれていたのでしょう。

かなしい時節を過ぎ、この青い目の人形はちゃんと日米友好のしるしに戻りました。
これからはこの友好のしるしも、平和も永続することを願っています。

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

保存状態もよく丁寧に扱われた様子がわかりますね。☆
日本から贈られた日本人形は58体中41体の確認があったようですが、
博物館で保管されていたために免れたのかもあるかもしれませんね。
アメリカから日本に贈られた人形の数の凄さに驚きです!
「風と共に去りぬ」が好きな映画ですが、その映画のスケールのように大きいですね!

2010/3/7(日) 午後 6:13 あずき 返信する

あずき様
拝復 アメリカでの日本人形の方が保存状態がよいですね。このあたりも国民性の違いでしょうか。
日本は社会風潮、政治的な大きな力に弱いですね。
でも、本来の日本人には気配りやおもてなしの心、ものを慈しむ心があると思うのです。
いかに強く自分で倫理観、正義感を持てるかですね。

2010/3/7(日) 午後 8:36 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

お人形を作った方や、お人形の悲しさを思うとせつなくなります。

このお人形は時代や人や・・・移り変わっていくものを青いきれいな瞳で見てきたのでしょうね。

ニングルとお人形が、「くるみわり人形」の兵隊さんとお人形のようにみえました。ここには無言の会話が成立しているようですね。

2010/3/7(日) 午後 9:05 [ 月と波 ] 返信する

月と波さま
拝復 ニングルが「大変でしたね」といたわりの言葉をかけると、お人形は、「はい。でも、今は智頭町に来られて良かったと思っています。」との会話をしているようでした。
一時の社会的な煽動が、人形をもあやめることがあったのですね。

2010/3/7(日) 午後 9:11 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

このような人形のあったことさえ一般に知られていないでしょう。
まさしく「坊主憎けりゃ袈裟まで憎し」ですね。

それにしてもこの衣服はアメリカ的(=白人の)ではないように見えます。
政治的な思惑で贈られたものですから、当然衣服も考えられたものに違いないと思うのですが。

2010/3/7(日) 午後 9:23 [ hirorate ] 返信する

モクレンさま
拝復 はい、私もまずそれを感じました。
アメリカのどの地方の衣装かはわかりませんが、Native Americanの方々の民族衣装にも似ています。
おそらき様々なパターン、衣装の人形が贈られたのだと思われます。
もう人形まであやめるようなことはあってはならないですね。

2010/3/7(日) 午後 9:47 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

ニングルは興味深深ようですね〜〜〜ぽち

2010/3/8(月) 午前 2:00 [ ゆゆ ] 返信する

ゆゆ様
拝復 おはようございます。
ニングルとこのお人形はちゃんと会話が成立していたようですよ。
お互いに通じ合うものがあったのでしょうね。

2010/3/8(月) 午前 6:24 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

月と波さま
追伸 あらためて見てみると、このアメリカの人形はニングルをちゃんと見つめているようですね。

2010/3/8(月) 午前 8:28 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

幼い頃、母が「アメリカ生まれのセルロイド♪」と歌ってくれていました。
このお人形は、きっとニングルのやさしいまなざしにほっとしたことでしょう〜!

2010/3/9(火) 午後 7:51 [ あろ ] 返信する

世田谷アラフォーさま
拝復 はい、二枚目の写真では、アメリカの人形はニングルをきちんと見つめているようです。
おそらくお互いに積もる話があったのでしょう。
ちなみに私の母は音痴なせいもあり、子守唄を歌ってくれませんでした(笑)。

2010/3/9(火) 午後 7:56 [ みんなの森 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事