「みんなの森」 東京農業大学 上原 巌のブログ

森林科学、造林学、森林療法を主に研究しています!

全体表示

[ リスト ]

森林療法の授業

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

大学院の「森林療法学特論」の授業で、M1(修士課程1年生)の学生3名と一緒に、所沢の雑木林に出かけてきました。
ここは、50回目のみんなの森の活動も行った場所です。

東京農業大学の大学院(林学専攻)では、今年からこの「森林療法学特論」という科目を全国に先駆けて開講しています。

今回は、まず林内の立ち枯れている広葉樹を伐採して、自分たちの居場所を作り、
その後、自分にとって懐かしいと思う場所を探したり、食べられるもの、香りのよいものなどをさがし、
日頃の自分自身を振り返る時間を取り、
落ち葉の林床に横たわってのリラクセーションのひとときなども過ごし、
森林療法の意義と流れ、また各地での事例などを話し合いました。

私が木登りをすると、院生たちも真似をして木登りをする場面もありました(笑)。

また、豊富な落ち葉の中に横たわり、あたたかな陽射しのもとで青空と裸木を眺めていると、
いつの間にか心地よく寝入ってしまいそうです。


森林療法は、このブログでもご紹介しているように、障がいを抱えた方や、疾患を抱えた方などを対象にし、社会福祉施設や地域病院、診療所などでの実践も少しずつ増えてきています。

しかしながら、「森林療法」、あるいはそれに派生した言葉を使ってのビジネス面が突出して先行してしまい、いつの間にか大切なその根幹が忘れ去られ、中には森林療法を必要とする人だけでなく、地域の方々にとってもむしろ弊害をもたらすようなものもあるかも知れません。
このように、森林療法はまだまだ玉石混交の状態であるのが現状の段階です。

曖昧なことや不確かなものなどを見極めながら、これからも着実に検証していきたいと思っています。

閉じる コメント(28)

顔アイコン

主人の病院から帰宅してきて
この森の写真を見ただけでも
癒されるのを感じました
やっぱり非日常的な生活が続くと
疲れがたまってきているものですから

2011/1/20(木) 午後 9:53 [ め・め ] 返信する

顔アイコン

keikoさま
拝復 毎日まことにおつかれさまです。
病院と森林との関わりについても最近研究が進んできており、病室から自然風景はみえる患者さんは退院が早い傾向がある、乳がん患者さんの術後のリハビリに自然(森林)散策を行ったグループは、安静グループよりも回復が早く、社会復帰も早かったなどの報告もあります。
ご主人が退院されたらご一緒に、またkeikoさまお一人でも、もしお時間ができましたら、このような雑木林でのひとときをお過ごしください。

2011/1/20(木) 午後 10:04 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

屋根がない教室ですね〜〜大自然の中に勉強して、人間の知恵もいつの間にか増えます〜〜〜ぽち

2011/1/20(木) 午後 10:23 [ ゆゆ ] 返信する

ゆゆ様
拝復 表現がお上手です!
先日の「屋根のない病院」(軽井沢)に続いて、「屋根のない教室」ですね。
雑木林は、学生の童心、冒険心、好奇心を育みます。

2011/1/20(木) 午後 10:49 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

「森林療法学特論」はスナフキンさんの授業ですか?
学びの場ができて、本当に良かったです。☆
森林療法のビジネス化は、実に心が痛みます。

2011/1/21(金) 午前 0:59 あずき 返信する

顔アイコン

あずき様
拝復 はい、私が担当する授業です。
来年からは、「森林アメニティ学」という学部の科目もできます。
一般の方も単位履修できますから、もしお時間がゆるされましたら、いかがでしょうか?
本来の目的や、大切な根幹を忘れてしまった安易な事業化、ビジネス化は時代の趨勢なのかもしれませんが、基本に徹し、本質を見極めながらこれからも進んでいきたいと思っています。

2011/1/21(金) 午前 9:44 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

音楽療法にも似たようなことが言えますね。
曖昧な知識なのにお商売が上手な方がいて・・・・・。

2011/1/21(金) 午後 10:10 里山のひびき 返信する

顔アイコン

里山のひびき
拝復 きちんとした国家資格がない「○○療法」とつく分野は、いずれもそういった実態なのかも知れません。
療法、癒し手というよりは、ビジネスマン、興業者、時には香具師に近い方もいるかも知れませんね(笑)。
また、実態はともかく、社会的にもお墨付きを受け、すでに広く定着して、推進しているような広報を行うところが同業の方々の戦略として見受けられるように思います。

2011/1/21(金) 午後 10:45 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

このような学びをしている学生さん達が社会に出て、森林療法の神髄を伝え広めてくださったらいいですね。
森林療法の伝道師になってくれることでしょう。

2011/1/22(土) 午前 6:50 [ ガールスカウト 北海道連盟 ] 返信する

顔アイコン

ガールスカウト 北海道支部さま
拝復 はい、院生、学生には、これまでの森林療法の経過をすべて教えています。
本質を常に見極めていく姿勢を大切に前進していってもらいたいと思っています。
これからも頑張ります!

2011/1/22(土) 午前 8:15 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。書き込みありがとうございました。

今年は暖かくなったら、森にでかけることをしてみたいと思います。
「森林療法学」や「森林アメニティ学」の講座も魅力的ですね。

2011/1/25(火) 午後 0:25 [ しぶや木工塾 ] 返信する

顔アイコン

しぶや木工塾さま
拝復 その後ご体調の方はいかがでしょうか?
どうかくれぐれもゆっくりお休みになり、ご無理をなさらないようにしてくださいね。
雑木林の陽だまりの中もあたたかい場所です。
科目については、単位履修で、1つの授業だけ取ることもできますから、もしよろしければ、来年度からどうぞお出かけください。

2011/1/25(火) 午後 0:53 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

深い落ち葉の中に寝転んで木々の梢を見上げる
良いですね〜
最近してませ〜ん
もう数十年になります
陽だまりができる日来たらしますよ〜
それができる日々になりました

2011/1/26(水) 午後 11:49 [ 赤い鳥 ] 返信する

顔アイコン

赤い鳥さま
拝復 ぜひ赤い鳥さまもお近くに雑木林があったら、おためしください。
関東地方はこのところ青天が続き、雑木林の林床での横臥日和の日が続いています。

2011/1/27(木) 午前 10:39 [ みんなの森 ] 返信する

わたしも雑木林が好きです。ただ、残念なことにNZには雑木林が少ないようです。田舎暮らしをしていた頃は、まわりにたくさんあって、子供たちといっしょに楽しい時期を過ごしました・・・。たしかに、心が癒されますね。

2011/1/27(木) 午後 7:07 NZ_RR 返信する

顔アイコン

NZ_RR さま
拝復 それは意外ですね。
ニュージーランドといえば、イギリスの森と似た、オークなどの落葉広葉樹の森のイメージがあります。
手付かずの自然が残されている、とても美しい国ですね。

2011/1/27(木) 午後 8:26 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

ブログ拝見して子供の頃を思い出しました、木登りしたり山道探検したり・・・今は公園の木に登る事さえ注意されそうです。
長女の中学時代のテニスの先生が東京農大出身でした、結婚して辞められると聞いた時にはもったいないと思ったけれど偶然銀座でお会いした時幸せそうに笑顔を見せてくれました。

2011/2/4(金) 午前 0:19 ローズママ 返信する

顔アイコン

ローズママさま
拝復 そうですね、今は「管理責任」などの問題があり、木登りすることも難しくなりました。
この授業では、院生自身の癒しのひとときにもなったようです。
農大OG(OB?)とお嬢様のテニスの先生をしていたのですね。
いろいろなところで、いろいろなご縁があるのものですね。

2011/2/4(金) 午前 8:35 [ みんなの森 ] 返信する

顔アイコン

自然はいいですね

2011/2/12(土) 午後 11:25 てんてん 返信する

顔アイコン

hi_guideさま
拝復 本当ですね。
自然での休養は、心身にエネルギーを与えてくれます。

2011/2/14(月) 午前 8:59 [ みんなの森 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事