ここから本文です
メキシコの文化と自然に魅せられて

書庫全体表示

記事検索
検索

全373ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


最北の蓮池を造った市田信一さんは池の周りに趣味で集めたもの
などをうまく配置していました。

その一つが五右衛門風呂利用の鐘
イメージ 1


今年の新元号に完成した記念碑にもなっています。
イメージ 2


イメージ 3


こちらの小屋のようなものの中にはどこで手に入れられたのか
隣市、網走刑務所の看板などが収められています。
イメージ 4


この続きはFC2 ブログにてごらんください。


他のブログの誰でもコメント出来ますので
ご訪問お待ちしております。(*^-^*)



北見に用事で行く日に義姉が思い出したのが『最北の蓮池』です。
5年ほど前に友人に誘われて行ったら花はほぼ終わっていたそうで
今なら間に合うかもと言う事でした。

おお〜間に合いましたよ。(^^)/
イメージ 1

イメージ 2


実は蓮の実物も蓮池も見るのは初めてです。👀
イメージ 4

半分ぐらいは終わっていますが
まだまだ咲いているものも多い。
イメージ 3


全国にたくさんあれど
ここは「最北の蓮池」なのです。
イメージ 5


今日からブログ移行準備に入ります。
この続きはFC2 ブログでどうぞ。





義姉が毎年植えている”ワイルドフラワー”今年は去年よりさらに遅く
咲き始め、いつものように満開にならず終わり始めました。
それでもヤグルマギクが咲いていた時期はとてもきれいでした。

イメージ 1

イメージ 2

ヤグルマギクは元は麦畑などに生える雑草だったが、園芸用に
改良され紫、白、ピンクなどの品種が作られた。

イメージ 3

丈夫な草花として花壇や庭に好んで植えられ、
ドイツ、エストニア、マルタ、フランスの国花にもなっている。

イメージ 4

野生種は青紫色で種名の”cyanus”はあさぎ色の(薄い藍色、青緑色)と
言う意味であり、属名の” Centaurea”は半人半馬のケンタウルスから。
その青紫の美しさから最高級のサファイヤの色味を「コーンフラワーブルー
(ヤグルマギクの青)として引き合いに出される。

イメージ 5

小説「青い花」に登場したり、
ツタンカーメン王の棺の上に乗せられていたり、
マリーアントワネットが好んで洋食器の模様に使った
と言われる”気品ある”花と言えますね。

イメージ 10


サファイヤブルー」とは言え。。。


畑地に入ると収量を大幅に減らす強害雑草となるため
嫌われる「帰化植物」でもあります。👀


イメージ 6

イメージ 7

深い赤紫色
たぶん新品種でしょう。
イメージ 8


こちらは去年のワイルドフラワーですが
今年は黄色のキク科がほとんど咲きませんでした。( 一一)
イメージ 9






義姉の家庭菜園ではモロッコインゲン
たくさん生り始めました。
イメージ 11

原産は地中海らしいですがモロッコではないとか。
昔から使われているアメリカ大陸発祥のインゲンとは違い
すじが少なくて柔らかく甘みのある豆。
別名は「ひらさやインゲン」
茹でて揚げて炒めて。。調理が簡単で美味しい豆です。(^^)/

イメージ 12


マメに豆を食べましょう。





エゾヨモギギク


毎年実家裏の同じ農道を散歩しますが、面白い事に初見の
植物を発見します。今年はエゾヨモギギクでした。

Tanacetum vulgare
イメージ 1


最初見た時キク科とは分かったけど
花びらが申し訳程度に付いている「変な花」と言う印象でした。
 
少し時間が経ってから見に行くと中央が緑色に変わり
盛り上がって来ていました。
イメージ 2

イメージ 3


さらに次の週に行ってみると種が出来ていました。
イメージ 4

またまた変わった種です。
イメージ 5


エゾヨモギギクは70数種類からなるキク科のタンジーに属し
ユーラシアに広く分布している。日本では唯一北海道に分布する。

イメージ 6


除虫菊や春菊などと同じく人に利用されるキク科の一つで
強壮剤、消化剤、解熱剤など薬用として使われる。

*薬用だからかエゾヨモギギクのある場所に近づくと
特別な香りがしていました。👀👃

鍋物に欠かせない春菊
イメージ 7

イメージ 8

除虫菊(シロバナムシヨケギク)
イメージ 13
香取線香の材料になります。





辺りの畑の小麦はすっかり刈り取られました。
イメージ 9


藁を残して畑に漉き込む方法か
イメージ 10
藻琴山

ロールにして敷き藁として売る方法が取られます。
イメージ 11


エゾスカシユリが近くに
イメージ 12

この辺の草原には見なかったものです。結構あちこちにありました。


夏祭りの食べ物


8月12日は恒例の夏祭りでした。
各地で花火大会がありどこかで人に火花が降りかかる事故が
ありましたが、地元の花火大会でもボヤが出て
今年はもう少し広い敷地に変えられました。

建物はすっかり新しくなりましたが母校の中学校です。
イメージ 1

盆踊りをしばらく見て
イメージ 2


屋台を回ってみました。
今年珍しいものでは阿寒名物の「まりも」毬藻に因んだ
まりもまん
イメージ 3

ヨモギの入った皮に中は鹿肉の肉まん
イメージ 4


まりもプリン
イメージ 5

まりもプリンは前からあった「まりも羊羹
(丸いゴム風船状のものの中に羊羹が入っていて、ぷちっと
風船を割ると羊羹が出て来るのが面白い)のプリン版。
イメージ 6

多かったのがソーセージフランクフルト
長いもの、太いもの色々ありましたが、
私が食べたかったのは皮のついた揚げフランク。それがなかったので
義姉はタコ焼き私はシュウマイを買って食べました。
イメージ 7


花火大会が始まりました。
雨のポツリポツリを感じましたがそれだけで寒くもなく
(去年はブルブル( ;∀;)煙も立ち込める事なく楽しめました。(^^♪
写真はヒドイですが。。。(笑)
イメージ 8

イメージ 9


実家ではフヨウが満開です。
イメージ 10

イメージ 11

父や兄のお参りに来てくれた叔母が
”今年は蝉もカブト虫も蝶も少ない”と私と同じ事を
考えていたようですが、この季節の同じものが見られると言う事は
何と幸せな事なんだろうと思いました。


全373ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事