ここから本文です
メキシコの文化と自然に魅せられて

書庫文化と生活習慣

記事検索
検索

全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


北見に用事で行く日に義姉が思い出したのが『最北の蓮池』です。
5年ほど前に友人に誘われて行ったら花はほぼ終わっていたそうで
今なら間に合うかもと言う事でした。

おお〜間に合いましたよ。(^^)/
イメージ 1

イメージ 2


実は蓮の実物も蓮池も見るのは初めてです。👀
イメージ 4

半分ぐらいは終わっていますが
まだまだ咲いているものも多い。
イメージ 3


全国にたくさんあれど
ここは「最北の蓮池」なのです。
イメージ 5


今日からブログ移行準備に入ります。
この続きはFC2 ブログでどうぞ。





義姉が毎年植えている”ワイルドフラワー”今年は去年よりさらに遅く
咲き始め、いつものように満開にならず終わり始めました。
それでもヤグルマギクが咲いていた時期はとてもきれいでした。

イメージ 1

イメージ 2

ヤグルマギクは元は麦畑などに生える雑草だったが、園芸用に
改良され紫、白、ピンクなどの品種が作られた。

イメージ 3

丈夫な草花として花壇や庭に好んで植えられ、
ドイツ、エストニア、マルタ、フランスの国花にもなっている。

イメージ 4

野生種は青紫色で種名の”cyanus”はあさぎ色の(薄い藍色、青緑色)と
言う意味であり、属名の” Centaurea”は半人半馬のケンタウルスから。
その青紫の美しさから最高級のサファイヤの色味を「コーンフラワーブルー
(ヤグルマギクの青)として引き合いに出される。

イメージ 5

小説「青い花」に登場したり、
ツタンカーメン王の棺の上に乗せられていたり、
マリーアントワネットが好んで洋食器の模様に使った
と言われる”気品ある”花と言えますね。

イメージ 10


サファイヤブルー」とは言え。。。


畑地に入ると収量を大幅に減らす強害雑草となるため
嫌われる「帰化植物」でもあります。👀


イメージ 6

イメージ 7

深い赤紫色
たぶん新品種でしょう。
イメージ 8


こちらは去年のワイルドフラワーですが
今年は黄色のキク科がほとんど咲きませんでした。( 一一)
イメージ 9






義姉の家庭菜園ではモロッコインゲン
たくさん生り始めました。
イメージ 11

原産は地中海らしいですがモロッコではないとか。
昔から使われているアメリカ大陸発祥のインゲンとは違い
すじが少なくて柔らかく甘みのある豆。
別名は「ひらさやインゲン」
茹でて揚げて炒めて。。調理が簡単で美味しい豆です。(^^)/

イメージ 12


マメに豆を食べましょう。





エゾヨモギギク


毎年実家裏の同じ農道を散歩しますが、面白い事に初見の
植物を発見します。今年はエゾヨモギギクでした。

Tanacetum vulgare
イメージ 1


最初見た時キク科とは分かったけど
花びらが申し訳程度に付いている「変な花」と言う印象でした。
 
少し時間が経ってから見に行くと中央が緑色に変わり
盛り上がって来ていました。
イメージ 2

イメージ 3


さらに次の週に行ってみると種が出来ていました。
イメージ 4

またまた変わった種です。
イメージ 5


エゾヨモギギクは70数種類からなるキク科のタンジーに属し
ユーラシアに広く分布している。日本では唯一北海道に分布する。

イメージ 6


除虫菊や春菊などと同じく人に利用されるキク科の一つで
強壮剤、消化剤、解熱剤など薬用として使われる。

*薬用だからかエゾヨモギギクのある場所に近づくと
特別な香りがしていました。👀👃

鍋物に欠かせない春菊
イメージ 7

イメージ 8

除虫菊(シロバナムシヨケギク)
イメージ 13
香取線香の材料になります。





辺りの畑の小麦はすっかり刈り取られました。
イメージ 9


藁を残して畑に漉き込む方法か
イメージ 10
藻琴山

ロールにして敷き藁として売る方法が取られます。
イメージ 11


エゾスカシユリが近くに
イメージ 12

この辺の草原には見なかったものです。結構あちこちにありました。




今日は病院の帰り、道沿いにある母校の菜の花畑を覗いてみました。


イメージ 1


菜の花と言うと本州では1月末〜4月、北海道では5月末〜6月が最盛期。
今は種になるのを待って採油の原料になるのでしょう。

イメージ 2

私が通っていた普通科は別の地へ移されましたが、
農業畜産科があるので畑作地がある訳です。

去年は蕎麦の白い花が見えていたので
毎年試験的に色々なものを植えて研究しているのでしょう。
因みに道南ではよく見られる「蕎麦畑」「菜の花畑」ですが
道東ではほとんど見られません。

イメージ 9


イメージ 3




こちらは1週間前に実家近くでみたアカバナ

イメージ 4

アカバナ科アカバナ属で
「アカバナ」の名は夏以降に茎葉が紅紫色になる事による。
イメージ 5


種になっているものを見つけました。
イメージ 6

細長い実が弾けて綿毛が見えています。
イメージ 7

上から順に一つずつ飛んで行く
精巧な作りに驚きます。👀
種小名のpyrricholophumは”赤色の種毛がある”の意味
イメージ 8


ちょっと思い出したのがオオトウワタの種です。
こちらも殻が開いて順序よく飛び立って行きます。
イメージ 10


参考:
アカバナの種類
イメージ 13

北海道にはアカバナの種類が多く柱頭などで見分けるらしいですが、
私の写真では??? 花の色が薄いピンクと言う事からは
カラフトアカバナに似ていますが。。ムムム

イメージ 14



🍨🍨🍨🍨


予報では最高気温29度と言う事でしたが実際の
昼間の気温は30度以上。
暑いのでまたパフェ食べに行きました。

義姉は”ミニパフェ”(これでミニ〜👀)
イメージ 11


私は抹茶パフェ。
ひゃ〜デカ過ぎ〜👀
イメージ 12

店内は暖かめだったので溶け始めて量は多いし大変でしたが
良い一休みタイムでした。

🍨🍨🍨





友人の銀婚式



今日は午後友人の銀婚式パーティに行って来ました。
銀婚を迎える人は多いでしょうが、
最近パーティをする人は数少なくなって来たので何年振りの事です。


イメージ 12



まずは教会で25年前と同じように銀婚式のミサを受けます。
イメージ 1

一人娘さんと一緒に
イメージ 2


この後パーティ会場へ。

銀婚式とは言え
会場もアレンジも全てピンクで揃えられていました。

イメージ 4


記念品の扇
イメージ 3


食事はバルバコア(牛か羊肉の蒸し煮)
イメージ 5


食事後の会場はディスコティックに早変わり
イメージ 7


パーティグッズで楽しく
イメージ 6


ギフト置き場
イメージ 10


何種類ものケーキに「60」の数字?
これは奥様の方の誕生日に結婚したからで、
彼女は少し晩婚なので。。60歳を迎えたと言う訳。
何個もあるのはプレゼントの代わりにあげた人がいるからでしょう。
イメージ 8

イメージ 9



日本では既婚者の約70%が「銀婚式」を迎えるそうですが、パーティと
言うより”旅行に行く””食事に行く”(自らもしくは家族が費用をプレゼント)
が多いそうです。こちらではパーティをする→家族や友人と集うのが
一番多いので国民性や習慣の違いが分かります。

ただし、お財布事情で最近はこちらでも個人で祝う事が多くなったと言えます。
(因みに会場を借りるだけでも10万円ほどの出費です👀)

イメージ 11


クイズ

写真撮り忘れましたが…
私の持って行ったプレゼントは何でしょう?
皆さんなら何を持って行きますか?


全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事