植松あつし 新人議員の挑戦

かんなみを かがやく町へ。町議の活動や、思ったこと、日常生活において発見したなにか活かせないか?といったことを書いていきます。

6月議会 閉会しました

6月の定例議会が昨日終わりました。

最終日は議決案件でしたが、注目は副町長と教育長の人事案件でした。

イメージ 1

現総務部長が副町長に。
現教育委員会学校教務課の指導主事が教育長に。

教育長は中学校の恩師でしたので、時間の経過と、そういう歳なんだと感じてしまいます。

当初は否決されるのではという憶測からか、傍聴する人が非常に多かったのですが、全員一致で可決。


今回の案件の中でも、私が気になり発言したのは函南中学校の大規模改修案件で、女子トイレが改修前後で減少しています。
午前中の休み時間3回に消化できる人数より女子生徒の方が多く感じますが、現時点で滞留しているという報告がないので、問題ないとのこと。
臆せず聞いてみましたが、実際問題なければ良いのですが、まあ、これは問題ないならよしとします。後で問題あるようなら、今回発言したことが議事にも残ります。

道の駅に併設される川の駅の建屋の案件で、一式の金額しか開示されておらず、渡された資料に金額の内訳詳細がなく報告が不十分に感じます。詳細の配布がないままなぜか採決に移り、ちゃんと内容把握できないのには反対ではなく賛成できないのが普通の考えだと思い、賛成の挙手しませんでした。後程配布があるというのに、検討資料がないまま採決してしまうもんなの?
結局、私以外何人かの議員が賛成しませんでしたが、賛成多数で可決。
進行方法と、賛成された方々の意図はどうなんでしょうか?疑問が残ります。


初体験の定例議会出席でしたが、いろいろ反省点がありますが、次回の9月議会に活かしたいと思いますのでご支援お願いします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

川の駅の建設現場

梅雨前線により、昨夜から大雨降っていました。
被害が少なかったのですが、我が家の周りは家庭菜園の畑が水浸し。
収穫寸前のトマトとブロッコリーがどうなることやら…

河の氾濫はありませんでしたが、狩野川放水路を開けたんでしょうか?水色の線が水位の推移。
イメージ 1
気になったので、交通規制のないのを確認した後、現在建設中の川の駅に行ってみました。
大場川と狩野川の合流点はこんな感じ。逆流まではしていませんでしたが、水位は高め。
イメージ 5
川の駅に隣接する親水公園はこんな感じ。
イメージ 2
親水公園の工事現場が浸水公園といった感じで浸水。
先日の視察の際には、1年に1度程度浸水するかもと言われていましたが、建設や整備作業の方は苦労していると思います。
ちなみに先日見に行った際はこんな感じ。
イメージ 3山の感じと、2本植えられている木の位置から大雨の前後の比較ができるかと思います。
下は雨が降って水位が上がらなかったものの、ぬかるみになったときの写真。
イメージ 4
危険なので近づきませんでしたが、工事作業に当たっている方々のご苦労がしのばれます。
完成しても何度も水没するようですと、維持するのも大変になってくるのかと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大雨

梅雨前線の影響で、大雨降っています。
まだ、住んでいる周りは水浸しというわけではないですが、雨音が強くて降り続いたらそれなりの状態になってしまうのではないかと思いますが、台風と違って強風がないだけ危機感が薄い気がします。

一般質問の内容を議会だより用に原稿を編集していますが、切りのいいところで切り上げて明日に備えようと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大阪北部地震から1日経ち、だんだん被害の概要がわかってきました。
亡くなった方、被災された方に心からお見舞い申し上げます。

友人から「震源に近い友人のところに行きたい!」と言われたのをなだめる。
気持ちはわかるが、まだ余震が続いているし、被災地に我々がすぐ行くのは足手まといになってしまう。
災害救助の専門家ならともかく、自前で衣食住のできない我々素人は落ち着いてからのボランティアぐらいしかできない。

今回亡くなった方は倒れて来た棚やブロック塀に押し潰されたりした方だったと言われていますが、身の回りにそういう危険箇所はないですか?
危険なのが排除できないとしたら、身を守る手段はないですか?あと少しで命を守れたかもしれないと悔やむ前に。
結局のところ、外的な改善や是正はあっても、完璧ではないです。
最終的には自分の身は自分で守るしかないのです。
地震から学ぶ、自分でできる取り組みはできる限りする。
そう言えば小学生の頃、地震の時にはブロック塀が倒れてくるかもしれないから、地震の時にはブロック塀から離れるように言われたことを思い出しました。

避難や災害対応について、不十分な点はありますが、行政や議員で一生懸命取り組んでいる方はいます。もちろん心強いエキスパートの方もいます。先日の他の議員の方の一般質問ではいろいろ勉強になりました。

行政のできること。
議員のできること。
そして、誰でも普通にできること。

まず、身の安全の確保と命を守れる確率を上げられるのは何か?
現時点で考えてみるのが大事だと思いました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

朝食作りながらテレビをつけていたら、久しぶりに緊急地震速報の音がして、すぐに火を消して窓を開けた。
画面を見ると近畿地方中心の緊急情報だったのですが、緊急音が通常と違ったので大きい地震だと気づく。

しばらくして吊るしていたカレンダーが揺れて、軽く凪ぎの船の揺れみたいな感覚がしてましたが、ここの震度は1程度。

かなり離れた我々としては、忘れかけてた防災意識を高めるというか、訓練というか。

大阪方面の被害が少ないといいのですが…

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

一般質問の反省

通告通り、議会で一般質問行いました。

少しペース配分を誤り、途中から巻き気味になりましたが、いろいろな方々からどちらかというとお褒めの言葉を多くいただきました。
函南町の議会はネットやケーブルテレビ、ラジオでの中継もなく、当日傍聴するか、役場のロビーのモニターに映る程度で、一般の方が見ようとするのはかなり困難です。他の町はごく普通に公開されているのが無いのは遅れているのか?他の原因なのか?

それはそれとして、路線バス利用促進や地域循環バスの実現、観光振興というテーマの質問のために、議員になって以降2ヶ月程度ビッチリ調べたり聞いたり体験したり。

地域公共交通の取り組みについて質問するからには、登庁は極力バス通勤してました。また、利用者の声や利用者目線の為には、車内やバス待ちのコミュニケーションも大切です。一般質問のあと、全然興味無さそうだった人から「今度乗ってみるから役場までのバスの乗り方教えてくれ」と言われたのは、少しでも町の人の掘り起こしの手応えが得られたのか?と思いました。

観光振興も、特に箱根八里は役場や観光協会だけでなく、町の方にも興味を持ってもらわなければ、長続きできません。惜しむらくは、もう少し時間配分がうまくできれば良かったと反省しています。

他の議員の一般質問もとても参考になりましたが、一部には自分には解せない内容もあり、それについて早速当該箇所を見に行ってきました。

少しずつの蓄積で町をよくしたいと思いました。

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

昨日の議会

昨日は議会開催初日で議長選挙がありました。
新聞の見出しはこうなっています

イメージ 1

…が

議長
加藤議員→辞職→選挙→石川議員
副議長
中野議員→辞職→選挙→中野議員
議会運営委員長
石川議員→加藤議員


議長と議長運営委員長が入れ替わっただけなのもありますが、副議長が辞表を出して辞任→再選 という不思議。
そういうもののようで、ひとつの会派で独占の選挙なんですね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

通常議会初日

日付が変わってしまいました。
6/14(木)から6/22(金)まで通常議会開催です。

委員会や全員協議会とは異なり、議会は本番。
一般質問のためにこのところずっと調べ物したり、図書館ハシゴしたり、あちこちにお話を伺いに行ったりと積み重ねてきました。
今日(厳密には昨日)も仏の里美術館と町立図書館に行ってきました。

寝ます。またご報告いたします。m(__)m

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事