植松あつし 新人の町議会議員の挑戦

かんなみを かがやく町へ。町議の活動や、思ったこと、日常生活において発見したなにか活かせないか?といったことを書いていきます。

名付け親?

和歌山と徳島を2時間で結ぶ南海フェリーというのがあります。
南海だけに何回か乗ったことがあるというダジャレはともかくとして、この航路には何度か乗った事があります。

この航路は日本でも珍しい鉄道連絡船としても機能する航路で、和歌山側は徒歩乗船で南海電鉄と現在も連絡をして大阪難波まで、徳島側は三十何年か前まで国鉄小松島線という鉄道も接続されていました。鉄道連絡船といっても、鉄道車両は積載しないので、普通のフェリーと大差ないです。
明石海峡大橋の開通で大阪や神戸からの高速バスがとても便利で早くなり、利用客が減少するも、いまでも運行維持をがんばっている定期航路です。

その南海フェリーが新造船を建造するにあたり、夏ごろに名称を一般公募していたので応募してみました。
そして、たまたま今日、ホームページを見てみたら愛称名発表が!
私の応募した名前が採用?!
…と思いましたが、よく読んで見ると同じ名前を投票した人が多数いたようで、抽選になり賞品が当たるかどうかわかりません(笑)

私なんかが本来徳島に行く際は、通常は新幹線で新神戸駅まで行って明石海峡大橋経由の高速バスに乗り換えるのが早くて安くて圧倒的に便利なのですが、一度乗ってみたいですね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

バスが好きなのか?

良く聞かれるのが「植松さんバスが好きなんですか?」ということ。

本来は鉄道マニアなのですが(笑)
日本中あちこち行きましたが、本数が少ないとか接続が悪いとかを考えなければ日本中大抵の所へは公共交通機関を使って行く事ができます。

学生時代から乗りつぶしというより鉄道を乗り継いであちこち行くのが好きで、乗り放題の青春18切符やバスと列車が乗れる周遊券を使って全国を旅していました。
周遊券で、バス路線にも乗る事を覚え、鉄道では行けない所へもバスで行くようになりました。

今から30年ほど前の国鉄民営化までは鉄道網とそれに付随する路線バス網が網羅されていましたが、だんだんとマイカーに押されて利用者の少ない鉄道路線はバスへ。さらに利用者の少ないバスは廃止か行政が肩代わりする形になり、近年は交通事業者も経営の行き詰まりで経営危機に陥るところも多かれ少なかれ出てきたのと、国内旅行の衰退もあり、周遊券も発売終了へ。

鉄道路線も縮小しすぎてつまらなくなったので、鉄道が廃線になった代替バス路線に乗るようになると鉄道よりもっと地域色と地域の実情が見えてくる。おじいちゃんおばあちゃんが、どのあたりのお店に行ったり病院に通院するのかとか垣間見られる。

イメージ 2




特に町と町を結ぶバス路線は地域間の流動や交流なんかも見えてきます。思い立って途中下車したり、次のバスの時間までの間に面白そうなお店を探したり、最近テレビで放送している路線バスの旅そのまま。
フリー切符などをしゃぶり尽くすように利用するので、戻ってみたりもできます。

ただ、問題なのが乗り物酔い。峠越えやカーブの多い路線は気持ち悪くなり飲食物がのどを通らないどころか戻しそうになるので、実際にはバスは苦手ではあります。
時間通りに来ないバスにいらいらしますし、自分が少し遅れるときに限ってバスは定時運転。利用したい時間に走っていないし、良くわからない運転系統に、無茶振りな乗継。

でも、これらの事がわかっているからには、これを生かさないわけにはいかないです。
乗ってるとなんとなく、その地域の特性というか傾向というか何かが比較できるのです。

イメージ 1



あとは、バスマニアというジャンルの知人もおり、いろいろ教えてくれる(笑)

そんなこんなで、鉄道に端を発した交通政策に興味を持っているのです。


イメージ 3



自転車載せたりいろいろ試してみたり、
こんな事でも生かせればと思っています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

オープンから一年半。
評価が別れる道の駅伊豆ゲートウェイ函南ですが、ネットの評価を見ると、トイレがきれいとか大手コンビニが入っていて便利とかありますが、お土産やレストランはどうなんでしょう?

野菜を買いに元の役場の場所に位置するJA直売所「フレッシュ」と国道136号線沿いにある三島市の「伊豆村の駅」そして「伊豆ゲートウェイ函南」に1度に行って比較してみました。

イメージ 1


JA直売所は地元の買い物客が安い野菜や昨日の牛の品評会でも出展していた地元の田方農業高校の品物など

イメージ 2

いろいろ買えるので、それなりの賑わい。

村の駅は、観光バスや地元の買い物客で賑わい、レジ3つでも行列が…
比較的安くて新鮮な野菜、変わった物やお土産や肉や魚など、半分スーパーのような利用法にもなっているようで、自分も買い物が楽しいです。

一方、道の駅は主に個人の客がパラパラ…
駐車場もトイレの間近に停まれます。
しばらく駐車場に止まってウォッチすると、大抵の方がトイレに足早に行くようです。
売店に行くと野菜などの陳列品がスカスカ…。たまたまなのかも知れませんが、人もまばら。
少しばかり買い物しましたが…

町の説明だと、利用者が予想以上と言われていますが、物販や地元の方の満足しているのか?たびたび行ってみて調べようかとおもいます。

〜追記〜
そのあと、お昼ご飯の買い物に自宅近くの安いスーパーへ。
ここが一番賑わっていて、野菜も安いという結論。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

丹那畜産共進会に出席

函南町の丹那地区の酪農家の牛の品評会で丹那にあるオラッチェに行ってきました。

イメージ 1


配られたのはお茶の代わりに丹那牛乳。

牛の品評会は初めてで、どの牛が良いのか判別ができないのですが、昨年度は全国大会で優勝した牛もいたとのことで、レベルが高い事は予備知識で知っていました。

イメージ 2


年齢別に9種類の牛に分けて評価していくのですが、年齢差による違いはハッキリと体形に分かれたり、おっぱい(乳と書くとわかりにくいので、あえて「おっぱい」と書いてみた)の形が全然違う。しかも2歳以上になるとおっぱいが急に発達するのかと思ったら、もう子牛を産むとのこと。

イメージ 3



前日から搾乳していないのでおっぱいがパンパンに張っているとか、慣れない駐車場での品評のために牛たちも飼育している酪農家さんたちも大変そうです。

町議が表彰式で褒賞者に賞を授与するので、私も授与式に参加させていただきました。

いろいろと参考になった一日でした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いろいろ掛け持ち

函南町シルバーフェスタ

イメージ 1

函南町逸品フェア

イメージ 2

に行ったあと、神社でシニアの方々とペタンクしてきました。

9:00からシルバー人材のPRイベントがあり、町民体育館の横で開催されていました。高齢化率30%越えなのにシルバー人材の加入者が少なく、現役時代の能力を活かす機会を作るためもあるようです。会社勤めしていたときは、シルバー人材を利用して助かっていたのですが、よろこばれることはいいことです。

そのあと9:15から道の駅ゲートウェイ函南で函南逸品フェア。
自転車飛ばして5分じゃ間に合うわけないですが、クルマより速い?!
肌寒い中に私の汗だくの姿がミスマッチですね。函南町のこれだという商品の展示販売。クラシックプリンをはじめ、地元農業高校のパンやジャムや特産品、野菜などの販売もありましたが、生産者に紛れて最初はわかりませんでしたが議会の議長も長芋とムカゴと落花生を販売。購入したときにやっとわかりました😅

自転車のハンドルに購入した品物のビニール袋をいっぱいくくりつけて神社脇を通ったら、シニアのペタンクのグループに呼び止められて2ゲームほどプレイ。
まあ、楽しい一日でした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

活動報告作ってます。

今回の議会の活動報告作ってます。
一般質問した内容のフォローも兼ねて、丹那断層公園へ。
質問した内容の、展示物や案内の修正はまだですが、訪れる人にこの先トイレがないのでここで用を足していくようにとの案内が追加されていました。

イメージ 1

こういった配慮は、訪れる人にとっては好印象になるんではないでしょうか?

帰りに運動公園に寄り、全会一致で否決した調整池を確認。

イメージ 2

調整池工事を6分割して単年度会計の予算編成の為に、総額でいくら掛かるとかはわかる人にしかわからない。専ら、以前に一般質問している議員がいるという当局の説明もあったので、議員としても反省しなければいけないが、私もなにぶん半年前に議員になったばかりなので、以前の議会に関わっておらず、困惑しています。
それだけ採決は重いということを再認識。

そのあと、図書館で調べもの。

もう少しで活動報告が完成します。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

塚本区の「いきいきサロンあしたば」に参加しました。
今日は手芸がテーマで、区の文化祭の出展のために創作活動に励んで交流を図るシニアの方々。

イメージ 1

体操やお話をするだけじゃないんです。

親世代が、元気でいるための活動を応援したいと思っています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

自宅のプリンターが故障。
メーカー修理を依頼するようにとのエラーメッセージが出て印刷できないのですが、購入してから2年しか経っていないのに困惑。
確かに純正のインクカートリッジを使用していなかったのもあるのですが、これほど早く使えなくなるとは思いませんでした。
当然メーカー保障は得られず、ネットを検索してみたところ、一部の部品をお湯に浸してインクを溶かしたら正常に動いたというのがあったので、風呂場で試してみました。
一応動くようになったのですが、すぐに止まってしまうと仕事にならないので、うまく直らなかったらカラープリンターでも買わなきゃならなうなってしまうのか?と怯えています。

活動報告を自前で印刷していたのもあり、印刷枚数が増えたので、故障するのが早くなってしまったのかも?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事