ここから本文です
上小コミュニティーサイト
上小(うえしょう)です。(*^^*) コメントはお気軽にどんどんどうぞ!⚠️⚠️管理人を装った偽者が相次いでおります。⚠️⚠️
本日もご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、今回の内容は…。

メインブログについてです。
Yahoo!ブログは新バージョンに移行するに辺り、livedoor BlogとYahoo!ブログのどちらが良いか検討したところ、カスタマイズのしやすさ等で比較したところlivedoor Blogにしました。

livedoor Blogは無料で独自ドメインが設定でき、容量も無制限で大変おすすめです。

以下が移転先のURLです。

http://8003.blog.jp/


上記サイトの接続時にセキュリティー警告が表示されることについてですが、以下に詳しく説明してあるようなので、リンクを貼っておきましたので、ご覧ください。
http://noriki.publog.jp/archives/38214375.html


≪3078・上小(うえしょう)コミュニティー関連サイト≫

・Twitter
https://mobile.twitter.com/semiexp_8003



…ということで、今回はここまでにさせていただきたいと思います。

移転先にて皆様のまたのご訪問をお待ちしております。

開くトラックバック(0)

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

お久しぶりです。上小(うえしょう)です。

さて、京とれいんについてなのですが、編成がホボホボ確定になりましたので、ご報告いたしたいなと思い、本日は久しぶりに更新しました。

7001fは少し前に8031fと連結して正雀に回送され、少し違和感がありましたが、京とれいん化されるのではないかと噂されていましたが、なんと、8031fと一緒にそのまま帰ってきてしまい、そのまま本線運用に入ってしまっていました。

そして、その後は7006fが今津北線に入って、代わりを勤めていましたが、5001fが神戸高速線50thを外し、しばらくして、正雀に回送され、6連となり、入れ替って次に7006fが正雀に回送されました。

情報をリサーチすると、座席を含む内装が大胆に剥がされていたり、幕も大胆にはがされていました。京都線幕がないとのことでしたので、フルカラーLEDになる可能性もあると考えられます。

今後1週間たっても帰らないとなると、恐らく京とれいん化確定になるのではないかなと思います。

公式の資料では今年の秋にもお披露目だということになっておりますので、非常に楽しみですね。

…ということで、本日はここまでにしようと思います。

不定期となっていますが、皆様のまたのご訪問をお待ちしております。

開くトラックバック(0)

本日もご訪問いただき、誠にありがとうございます。

さて、今回の内容は…。

阪急と神戸市交の相互乗り入れについてです。

阪急と神戸市交の相互乗り入れは何年か前からの計画でしたが、現在の神戸市長さんが選挙の時に公約のなかに阪急との直通運転についてのことを盛り込んだらしく、ようやく計画が進んできたなという感じです。

車両面では恐らく、神戸市交側が車両数が圧倒的に多い阪急に合わせてくるような形にはなると思います。ドアの位置や最高速度などが現在とは変わってくると思われます。

さて、一部のファンからは相互直通に向けた準備の一貫とも言われている、神戸市交6000系ですが、現在のところ、第1編成である、6129fは6両編成です。中間車を増備するのか、6両のままのなりいれになるのかはわかりません。ホームの有効長は8両編成分ある駅もあるみたいで、地下駅であるので、ホーム長延長も簡単に行えるのではないのかなと思います。

種別や停車駅を考えたいなと思います。待避駅は、名谷駅・三宮(改造による配線変更でいけるかもしれません)・六甲・西宮北口・園田です。神戸市交側の待避線が少し寂しいような気もします。
種別は快速も可能性があると思います。神戸線車両も青幕の快速を持っている車両がなぜか多いからです。何とか、神戸市交の地下駅の拡張を行って欲しいです。


…ということで、今回はここまでにしたいと思います。

皆様のまたのご訪問をお待ちしております。

(鉄道コム)https://www.tetsudo.com/

(上小とれいん)https://san-in-exp.jimdo.com/

開くトラックバック(0)

本日もご訪問いただき、誠にありがとうございます。

さて、今回の内容は…。

イメージ 1


阪急今津北線7001fについてです。

阪急7001fはこの前もお伝えしました通り、7006fと共に僕が考えた京とれいん候補の一編成です。

僕的には7001fが妥当かと思います。

その理由を以下で説明しようと思います。

なぜ、僕がわざわざ、7017fや7023fを候補から外したかというと、京とれいんは阪急のブランドであり、自慢のの特急だからです。

ということは、3ドアのままということは非常に考えにくいと思います。

そして、アルミニウム車体は車体構築が難しいと聞くので、アルミ車はすべて候補からはずすと、7001fと7006fが残ります。

さらに、京都線幕を持っているのが候補のうちでは7001fのみでしたので、このような推測をしてみました。

※あくまで、管理人個人の推測ですので、外れる可能性があります。ご注意ください。


…ということで、今回はここまでにしたいと思います。

皆様のまたのご訪問をお待ちしております。

(鉄道コム)https://www.tetsudo.com/

(上小とれいん)https://san-in-exp.jimdo.com/

開くトラックバック(0)

阪急5000系について

本日もご訪問いただき、誠にありがとうございます。

さて、今回の内容は…。

阪急5000系について取り扱っていきたいなと思います。

イメージ 1

(Wikipediaより・神崎川にて)


阪急5000系は、神戸線初の1500ボルト専用車であり、京都線の3300系とともに空気バネ台車を用いて乗り心地を良くした画期的な編成です。

車歴も50年と長く、誕生から冷房化改造→表示幕化改造→リフレッシュ工事と他の形式と比べても沢山の変化が起きている編成です。

これから、どのような活躍をしてくれるか、楽しみです。

本線運用、優等運用がかなり少なくなってきていますので、本線運用を見かけたら必ず撮るようにはしています。

また、新たな写真が撮れたらお見せしようと思いますので、よろしくお願いします。


…ということで、今回はここまでにしたいと思います。

皆様のまたのご訪問をお待ちしております。

(鉄道コム)https://www.tetsudo.com/

(上小とれいん)https://san-in-exp.jimdo.com/

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事