琉球OT

作業療法の魅力と可能性を求める

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

沖縄作業科学研究会主催講習会のご案内

テーマ「作業科学の視点をどう実践にいかすか」

講師:近藤知子 帝京科学大学医療科学部作業療法学科教授

対象:作業療法士(県士会会員)

参加費(資料代):1、000円(2日間)

※どちらか1日のみの参加も可能です。
1日の参加の場合も参加費1,000円を徴収させていただきます。ご了承ください。

参加申し込み:件名に『作業科学講習会参加申し込み』本文に1.氏名2.所属3.連絡先を入力の上、
下記メールアドレスまでお申し込み下さい。締め切り:9月9日(木)17時まで

メールアドレス:okinawasatoukai@yahoo.co.jp(携帯メール可)
申し込み:沖縄作業科学研究会(田村)

問い合わせ:琉球リハビリテーション学院(田村)電話:098-983-2130

主催:沖縄作業科学研究会(作業を問う会)代表村上典子(豊見城中央病院)

講師のコメント
好きな作業をしているときには、没頭して時間を忘れますが、嫌いなことをしているときには、時間は永遠に続くように思われるでしょう。私は、このような「私たちが日々携わる作業が健康に与える影響」や「作業によって導かれる人間の回復能力」や「潜在能力」というものに興味を持っています。これらの研究は、障害をもって、打ちのめされたようになった人が、さまざまな作業を通して健康や自分らしさを回復していくことにも関連しています。

9月10日(金):作業科学に関する講義

9月11日(土):事例検討

※終了後に懇親会を企画しています。

時間:両日ともに19:00〜20:45

場所:県総合福祉センター第7会議室(西棟4階)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事