MIYATAKUの気ままな日常

熱帯魚とともに日々奮闘中です。

おいしいモノ

[ リスト | 詳細 ]

ランチやディナーで食べたおいしいモノを紹介します。
記事検索
検索
イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

今日は所要で横浜中華街にやってきました。

お昼はここ「萬珍樓(まんちんろう)」に決定。
ここは飲茶がおいしいらしいです。

中に入るとお店の人が7〜8人でお出迎え。
ちょっと高級そうだけど大丈夫かなぁ

でもメニューをみたらびっくりするほど高いわけでもないので
ひと安心。

ランチコースの一番安いのに、点心2〜3品追加で。
足りなければチャーハン辺りを追加するつもりでしたが、ボリュームは充分でした。

エビギョウザに肉シュウマイ、にらシュウマイ。エビチリに・・・・。
どれもおいしい。

お茶も、3種類の烏龍茶。
ノーマル、金柑入り、ジャスミン入り。お気に入りは金柑入り。

平日でも世間は夏休み。結構にぎわっていました。


おいしかったです。

開く コメント(4)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8

イメージ 8

今日は祖母の退職祝いで、お寿司を食べに行きました。
祖母、父、母 と私の4人で甥っ子らはいないので、値段が載ってない廻らないお寿司です。

このお店はよく行く?わけではありませんが、たまに行きますw
市内では結構、いやかなりおいしいと思います。

お刺身盛り合わせとお任せ握りを2人前づつ頼んで、
あとはそれぞれ食べたいものを注文していきます。

今日の一番は、超特大の岩牡蠣でした。牡蠣好き一家なので牡蠣ははずせません。
すごい大きさでした。

銀だらの照り焼きにアナゴの白焼き、サザエのつぼ焼きもおいしい。

父が日本酒を頼んだら、中に花と氷が入った涼しげなトックリで登場。
なんかおいしそう。
あばぁちゃんは梅サワー、母はビールを・・・。

でも運転手兼スポンサーの私は烏龍茶で我慢;;

後半、任せ寿司が登場した頃にはみんなもうかなり満腹。半分はお土産に。
やっぱりここの寿司はおいしいです。

最後のデザート
トマトのシャーベット、紫陽花ゼリー、小豆ムースは奥さんのオリジナル。
これもなかなか。


おばあちゃんは84才になりますが、驚くことに昨日まで働いていたんですよね。すごい。

実は看護婦さんなおばあちゃんは、
病院の院長先生から人手不足なので働けるまで働いてくださいと言われていたようです。
でもそろそろ限界なようで引退となったのでした。
ホントは3月末の予定がこの時期まで延びてしまったんですけどね。
こんな歳になるまで頼りにされるのってすごいと思います。
もちろん働けるおばあちゃんもすごいけど。

おばあちゃん、長い間お疲れ様でした〜。
まだまだこの調子でいつまでも元気でいてくれ・・・・


お会計。

合計2万2700円で〜す。



お、お、思ったり安かったなぁ。うん、安かった・・・・・。



安かったぁ・・・?

開く コメント(5)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

住宅街の間にあって、こんなところに?という場所ですが、
石窯で焼く本格ピッツァを食べられるお店。

「B(ビィー)」に行きました。

ここのピッツァは本当においしいんです。

この日は3人でしたが、4〜5人でいろんな味を試したいところですね。


まず注文したのが4種のチーズのピッツァ。
4種類のチーズのうちゴルゴンゾーラが特においしくて必ず注文します。
ハチミツをかけるとさらにグッとおいしくなるんです。


続いて2つ目。
アンチョビ・ハラペーニョ・モッツァレラのピッツァ。
ハラペーニョってなんだかよくわかりませんが、とにかくこれもおいしいです。
香辛料が効いてすこし辛いのですが、チーズとよく合ってこれもいけます。


それから口直しにトマト入りの冷製パスタを頼みました。
細い麺のあっさりすっきり味でなかなかでした。


目の前の石窯で焼いてくれて、話好きのシェフがいろいろ面白い話をしてくれるので、
それだけでも楽しいです。

ノンアルコールのワインのようなブドウジュースを飲みながらおいしく頂きました。


もっとたくさんいろいろ食べたかったのですが、3人ではこれが限界。残念。
お腹いっぱいにならなければいいのに〜

開く コメント(7)

土用の丑の日。

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

今日は土用の丑の日らしいです。

そもそも土用の丑って何?
って、調べたら季節の変わり目にある土用の期間の中で最初にくる丑の日のことらしいです。

う〜ん。土用の期間ってのは、中国の五行説(木火土金水)を季節に割り当てたときに、
春:木 夏:火 秋:金 冬:水 あまった土はそれぞれの生成を助ける働きがあるとされ、
それぞれの変わり目を土用というらしいです。
というわけで年に4回、土用はあります。(受け売りですw)
一番注目されるのは夏になる間の土用で、今日がその最初の丑の日と言うわけですね。

この日にうなぎを食べると夏バテしないとか。

ならばうなぎを食べましょ。食べましょ。

でもさすがにうなぎ屋さんに行くのはレベルが高いので、うなぎ弁当です。

お店に行くと3種類のお弁当が。

並:中国産うなぎ580円
上:愛知県産養殖うなぎ1,180円
特上:静岡県産天然うなぎ1,860円

う〜ん。ここは文句なし特上!と行きたい所ですが、自分にはまだ早い。
というわけで上に。

大きなうなぎが乗っています。(でも特上はもっと大きかったです。)
ほかほかご飯に香ばしい肉厚のうなぎ。上もおいしいです。(でも特上はもっとおいしいのかな・・・)

特上ではなかったけど、
とりあえずおいしく頂き満足です。これで夏バテしない?


いつか特上食べれるようになってやる!
と、心に誓いました。

開く コメント(8)

信州そば「たきや」

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

長野市善光寺の参道にある手打ちそばのお店「たきや」。

ここで「天ざる」をいただきました。

さくっと揚がった天ぷらは衣は薄め、えび、なす、しそ、しいたけ入り。
蕎麦は、二八蕎麦?かな。
コシがあり、ツルっとしていながら噛むとそばの風味もよく出ておいしいです。
さすが手打ちですね。


そば汁は、そばつゆの他、とろろ入りのものと両方の味が楽しめます。
これに薬味のネギとおろし大根、わさびを入れていただきました。


食べ終わったあとにはお約束の蕎麦湯で最後まで・・・。


観光地ということで、量の割りには値段はやや高めな気がしましたが、
こんなもんでしょうか・・・。


せっかく長野まで来たのだから一度は食べないと。

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事