ここから本文です
オールドルアー釣り釣られ
40UPスモール19本 ラージ1本

書庫全体表示

記事検索
検索

全194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

木崎湖豚汁カップ

書いてから気づきました。
通算1000記事目でした。

全国的に寒波到来のようですが、ここ木崎湖も初雪が降ったようです。晩秋から初冬へと季節は進行しております。


イメージ 1

今年最後の大会。
その名も豚汁カップ。

イメージ 2

穏やかなスタートとなりました。


イメージ 3



時々雪も舞ってきますが、雨より良いですね

イメージ 4



この奥に山があるのですが、雪が舞っており白くなって見えません。犬神家の一族のロケ地となった青木湖もこの奥です。

イメージ 5

スタート8時から帰着14時まで6時間ノンバイト。
もう慣れっ子です。(笑)



今年最後だから、悔いのないようにお掃除してきました。(^^;
スプーン2個と、バズベイト1個木から外しましたがキャッチできずに湖ポチャ。

イメージ 7


ウェイン率は25%。
とにかく、今シーズンは厳しかったですね。


豚汁食べて暖まろう。


イメージ 8


帰る頃には、吹雪のような感じに。


イメージ 6


次回の木崎湖は春になってから。
来年こそは、釣れますように。

ポチッとお願いします。
↓  ↓  ↓


https://fishing.blogmura.com/topwater/ranking_out.html          ブログ村 トップウォーター









この記事に



1996年頃からズイールルアー入手が困難になり始め、ズイールから手を引き、ビンテージウッドルアーに手を染めたところまで前編で書きました。

再会


200X年、転勤で長野へ。
幸いにも近くの釣具屋さんでZEALを扱っておりました。
その頃はブームの終焉の頃でして、抽選販売から通常販売への過渡期だったのではと記憶しております。暫くズイールから遠ざかっている間に、アイテム数も増えておりました。定期的に購入しておりましたが、、。



別れ



その釣具屋さんが、ズイールの取扱いを止めてしまい自分のズイールルアー購入も終わってしまいました。


その後間もなく、ズイールの倒産となったわけです。


再会

現在は、悟ZEALとして販売しておりますが購入はしておりません。
中古屋さんで見かけたら購入するといった感じです。と言ってもどんなのでも良いという訳ではなくて、80年代物に拘って行きたいなと思います。門戸を狭めませんといくらあっても足らなくなりますから。ですが持っていないアイテムでしたら手にしちゃうかもしれませんね。(笑)

最近入手したものといえば、昨年の夏、群馬に帰省した時に見つけました(最近じゃないですね。)テラーⅡ3/ 8oz、今年の春にロジック1/ 2ozの2個だけ。

イメージ 1


平成元年テラーⅡ3/8ozのピンアイです。これで、平成元年テラーⅡ3/8ozグラスアイ、ピンアイ両方入手できました。


旧友イイボンがエグってくれたロジックは1983年の後期モデル。
これで、ロジック1983前期、後期両方揃いました。イイボンはズイールは守備範囲じゃないからと譲ってくれたものです。ちなみに、ブームは去ったと言いますが、先日のヤフオクでは諭吉超えでした。


イメージ 2


今年はなんといっても、名古屋のイベントで柏木さんに会えたことですね。
職人さんらしく、ごっつい手をされていましたよ。

イメージ 3

アマゾン大釣行
快くサインをしていただきました。
アマゾン珍道中のビデオも何回も見て夢見ていたあの頃。

イメージ 4



自分が初めてアマゾンに行った時の同船者の松野さん。
大のズイール好きな方でした。
アマゾンボックスにはズイールプラグがたくさん有りました。
当時他の方のブログで、ズイールのLリグは破壊されるので
ヒートンにした方が良いとの記事がありました。
松野さんは、それを読んでいてヒートンに変更したのですが、

イメージ 5


そのヒートン伸ばされてましたよ。
ボディーは歯型だらけに。

イメージ 6


いい思い出になったでしょうね。



初めてズイールルアーを手にしてから34年。

出会いと別れの繰り返し。
まるで男女の仲のよう。
こんなに出入りの激しいルアーは
今までも、そしてこれからも
ズイールだけでしょうね。



ブログ村ランキング
ぽちっとお願いします。
https://fishing.blogmura.com/topwater/ranking_out.html   ブログ村 トップウォーター




この記事に

自分のルアー釣られ人生に影響を与えたルアーメーカーの1つであるズイール。2回に分けて思い出を語りたいと思います。



出会い 


あれは、まだ群馬に住んでいた中学2年生の時のことでした。
当時の行きつけの釣具屋さんに、見たこともないトップウォータープラグがズラリと陳列されていました。赤い宝石のような目玉をまとったルアーの箱には、ZEALと書いてあります。ZEALって何?それにしても2200円の値札は、2800円のバルサごじゅう(笑)に次ぐ高さ。ファイブオーなんて洒落た言い方など知りませんでした。(笑) 月3000円の小遣いでは、ちとキツイ。手が出ませんでした。

その後、タックルボックス誌を購読するようになり、ZEALの広告を目にするようになると気になるメーカーとなっていきました。
「 ZEAL 」は、熱意とか、「 ROJIC 」は論理とか。釣りの本で英単語覚えましたね。


中3の時でした。その釣具屋で、ルアーペイントコンテストが開催されました。出来合いのルアー製作キットのプラグのボディーにペイントするといったもの。エアーブラシや缶スプレーなど持っておりませんが参加いたしました。当時ガンダムが流行っておりましたので、プラカラーの筆塗りです。ですがこの時から既に不器用でして汚い仕上がり。あまりのみすぼらしさを隠すために、ヨーズリの金魚から目玉を、ドリンカーから尻尾を移植。でも、ペイントとは全く関係ありませんね。

数日してから結果を聞きに行くと、




店員  カズラさんは2位です。 」






私  「 えー? あれで2位ですか? 」






店員  実はね、参加者が2人しかいなくて、、。もうひとりの方が、明らかに上手いので、、、。 」(笑)
 



店員 「 これ、2位の賞品です。」





と言われて渡された袋を覗くと中にあったのがこちら。


 
イメージ 1


なんと
ズイールのプロップ3/ 8 OZ

これにはびっくりしましたよ。
まさか、ズイールルアーをもらえるなんて。
青く光るグラスアイ。


嬉しくて、友人に自慢しましたけど、ズイールを知る人がおらず自慢にならなかった思い出があります。(笑)

口のカップは深くて、削り跡が残っているあたりは、クリークチャブのプランカーを意識しているのかな?という気がします。

単にサンドペーパーがけしていないだけなのかな?

イメージ 2


ORIGINALと書かれているズイールルアーって他に有ったかな?
リアフックヒートンの奥には、コイル錘が巻きついていて浮き角度を調整してあります。

イメージ 3



プロップを入手したら他のも欲しくなりまして、数ヶ月かけて、アンカニーチャップ5/ 8 oz、ゲイリーウィッチ3/ 8 oz、ロジック1/ 2 ozを購入しました。今となっては、テラーを購入しなかったのが悔やまれます。

イメージ 4


ズイール最初のプラグ1982年製には年号が無いのです。
93年にも一時チマチマテラー35やBチマロジックなど年号どころかルアー名も無く、ただZEALだけという簡素化されたことがありました。きっとクレームの嵐だったに違いありません。その後、再び年号が入るようになりました。

イメージ 5



チマチマも1つだけ、プロップを購入。

イメージ 6

オリジナルは金フックでスプリットリングはありません。
錆びちゃいました。

イメージ 7





別れ

これ以後暫くズイールルアーを購入しませんでした。
それどころか、東京での大学生時代には今まで集めてきたルアーを売ってしまう有様。ヘドン売らなければ良かったですね。




再会


社会人2年目の1992年、突如としてZEAL熱に襲われました。
仕事にも慣れ、それなりに自由に使えるお金もできて、余裕ができたのでしょうね。

当時、武蔵野地域に住んでおりましたので、吉祥寺の○勝に行きましてズイールルアーを購入しました。まだ、ブームではないといっても80年代のズイールが店頭に有るはずもなく、無いことは余計に物欲に拍車をかけるもの。


当時は、中古屋さんなるものはありません。タックルボックス誌のスワップコーナーでの「 売ります、買います 」を利用することが唯一の方法でした。個人情報がおもいっきり掲載されています。今では考えられないことですね。

これらで購入したものは、チマチマリスク85、86、チマチマゲイリーウイッチ86、バイブル87、チマチマプランク91。

イメージ 8



テラーⅡ 3/ 8 oz 平成元年グラスアイ。
プロップ 3/ 8 oz 1990

イメージ 9

木目のオイカワカラーおしゃれです。

イメージ 10


他の地域への遠征も。
ズイールのお膝元、神奈川にも数店舗行きました。
この時のことは、以前ブログで書いていますけど、だいぶ前のことなので再度書きたいと思います。


イメージ 11



店主から、

「RH寿の目玉大きいでしょ! これ特別なんだよ!」 

「 ウォータースネークの3/ 8oz これ、珍しいよ!」
初めてのタイプⅢの発売でした。

「 チマチマテラーの1992年 これ、他では販売されてないから! 」


そんなこと言われたら、買うしかないでしょう!(笑)


イメージ 12


おまけに、サインも頂きました。
柏木さんと村田基さん。
今となっては、ありえないですよね。(^^;

イメージ 15



1992年のチマチマテラー、他では売ってないって聞いたけど、

イメージ 13


練馬のS本釣具に売ってました。
S本釣具のオリカラです。
ペラはBチマロジックより移植。


イメージ 14

チマチマテラー1992は、店舗限定販売なのかな?



別れ


1992年からは、1アイテム2色位コンスタントに購入してきました。
しかし、それも長続きはせず1996年位から購入しづらくなってきました。突如として巻き起こったルアーブーム。ズイールルアーがいつものように購入することができなくなりました。販売日には長蛇の列。抽選販売。抱合せ販売。何もかもがおかしかった時代。今では考えられませんが、メガバス、エバーグリーン、ラッキークラフトといったメーカーのルアーまでもが品薄になりました。

そんな状況に嫌気を差した自分は、ズイールに別れを告げヘドン、クリークチャブと言ったビンテージルアーに手を出していったのでありました。


そうそう、ズイールでのファーストフィッシュはBチマサーブ1992で沖縄の新城島(あらぐすくじま)の防波堤からコトヒキでした。


ポチットお願いします。
↓   ↓   ↓

https://fishing.blogmura.com/topwater/ranking_out.html ←ブログ村 トップウォーター






この記事に

2017木崎湖モダンボートシリーズ戦5戦水野カップに参加してきました。

朝の気温は0度。桟橋はツルツル凍ってます。水温は12〜13度といたところ。隣のボート屋さんも大会です。

7時10分スタート。
最初のポイントに着き、魚探のスイッチをいれると点くのですが直ぐに落ちてしまいます。もうバッテリー上がり?急いでボート屋に戻りバッテリ交換。気を取り直し、もう一度入り直します。ですが、異常なし。

ちょうど紅葉が見頃を迎えております。

イメージ 1



奥に見えるのは、北アルプス連峰。
爺ガ岳か鹿島槍でしょうね。
そんなアバウトでは登山者に怒られてしまいそうですが

イメージ 2


厳しいと予想はしてましたけど、アタリのアの字もありません。
7時間、紅葉見てました。(笑)

使用ルアーは、こんなのをメインに。
ライトリグは切り捨てて望みました。
下二つはオールド系ですね。


イメージ 6


今年は、何時になく釣れない。
最近、お掃除してなかったと反省し、
ピンスポットで岸に近づき速攻でおみや2個。


イメージ 3


冠スポンサーのジャッカルの水野さん、男気を見せてくれました。ジュースごちそうさまでした。

イメージ 4


ビンゴ大会など賞品もこんなに頂けました。

イメージ 5



ウェイン率は3割ほどでした。

1年を振り返りますと、
5戦中4戦ノーキャッチという
誰も真似できないような成績。(笑)
取り敢えず来年も参加しようと思います。

参加者の皆様1年間お疲れ様でした。

                       モダンボートHPより拝借
イメージ 7



 相変わらず厳しい木崎湖。
このままではシーズン終われません。
11月19日豚汁カップ(笑)に参加します。
アラバマ使用OKなのでなんとか1本釣りたいなあと。


ぽちっとお願いします。


https://fishing.blogmura.com/topwater/ranking_out.html          ブログ村 トップウォーター



この記事に

エキゾチック

当時買ったのは、ファッツオーのシマドジョウだけでした。
できることからコツコツと
ようやくパズルが埋まってきました。
ファッツオーのイワナ。
これを入手してしまうと、新たな目標を作ってしまいそうで。


ポチットお願いします。
↓  ↓  ↓
ブログ村 トップウォーター


イメージ 1

この記事に

全194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事