【ダービー】池江師、最年少のダービー制覇

「日本ダービー・G1」(29日、東京)  ついに夢をかなえた‐。オルフェーヴルを管理する池江泰寿調教師(42)=栗東=が、厩舎開業8年目にして、待望のダービー制覇を達成。42歳4カ月17日で栄冠をつかみ、グレード制導入後の84年以降では、角居勝彦調教師の43歳1カ月30日(07年ウオッカ)を更新して、最年少ダービー・トレーナーとなった。また、父・池江泰郎元調教師が05年にディープインパクトで制しており、松山吉三郎元調教師&松山康久調教師に続く、史上2組目のダービー親子制覇も達成した。   ◇  ◇  降りしきる雨に重く濡れた直線。小柄なオルフェーヴルが最後の力を振り絞る。そのときスタンドから「ケンイチ!ケンイチ!」‐。池江師が、枯れんばかりの大声を送り続けた。  勝利を見届け、我に返ると、隣には父である、池江泰郎元調教すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事