メモ代わり

ぼちぼち再開できたらいいなと思ってます。

ニュース

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全543ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 何と今年も最下位−。毎年恒例、47都道府県を対象にした「魅力度調査」が公表された。予想通り、北海道、京都などが上位に顔を連ねた一方で、埼玉、栃木、群馬、茨城の北関東4県が今年もそろって40位以下。なかでも茨城は3年連続最下位という不名誉な結果に終わった。茨城といえば、水戸黄門で知られ、日本三大名園の偕楽園もある。魅力いっぱいのはずなのに…。

 都道府県の魅力度ランキングをまとめたのは、地域や企業のブランド研究を行う「ブランド総合研究所」(東京)。20−60代の男女3万537人を対象に、地域イメージや居住魅力度、愛着度など67項目の回答を数値化し、「地域ブランド調査2011」として公表した。

 上位の結果も注目を集めるが、関係者や出身者がより気になるのが、やはり人気の低さ。茨城は、2年連続ワーストの汚名返上を期したが、まさかの3年連続になってしまった。

 同研究所の轟木直希アナリストはこう解説する。

 「茨城は首都圏に近接し、観光やビジネスで黙っていても人が訪れることから、これまで県のブランド化や魅力のアピールに積極的ではありませんでした。ここ数年は危機感を持ってアピールを強化していますが、1年や2年で総合的な魅力度を向上させるのは難しい。ただ、群馬や栃木、埼玉とともに食材が豊かなのはどこにも負けないコンテンツです」

 確かに茨城の農業生産高は全国2位、水産物水揚げ量は5位で、メロンや鶏卵生産量は日本一。日本三大名園の偕楽園があれば、三大瀑布の袋田の滝も流れ、夏は「水戸黄門祭り」で盛り上がる。

 このほか、ロック・イン・ジャパンが開かれる国営ひたち海浜公園や鉄道ファンに人気の、ひたちなか海浜鉄道…。「認知度」では26位(昨年30位)と決して低くはない。

 昨年4月には、広報広聴課に「広報監」ポストを新設し、ピーアールのプロを民間から募ったことが奏功、「情報接触度」は14位(同31位)と急上昇した。

 だが、効果が表れ出したまさにそのとき、東日本大震災と福島第1原発の爆発事故が起き、風評被害に襲われる不運が重なった。

 9月末に『茨城の逆襲』(言視舎)を上梓するノンフィクション作家の岡村青氏は「山紫水明の自然と、おいしい旬の食材。県民の幸福度はどこにも負けないはずです。ただ、茨城県民は昔から『怒りっぽい』『理屈っぽい』『骨っぽい』の水戸っぽ気質で、昔から売り込み下手。食材を筆頭にさまざまな魅力を上手に伝えられない。地道に努力を続けていくしかない」と話す。

 岡村氏は「まずは、いばら『ぎ』ではなく、いばら『き』と正しく発音する人が1人でも増えてほしい」とも。気骨さあふれる県民性で、来年こそリベンジを果たしてもらいたい。

 ■都道府県別魅力度調査結果 ( )内は前年順位、〔 〕内は前々年順位 最後の数字は魅力度

1(1)〔1〕北海道70.7▽2(2)〔2〕京都府53.4▽3(3)〔3〕沖縄県50.3▽4(4)〔4〕東京都40.3▽5(5)〔5〕奈良県34.0▽6(6)〔6〕神奈川県30.6▽7(7)〔7〕大阪府29.4▽8(10)〔11〕長野県28.9▽9(8)〔8〕兵庫県27.0▽10(12)〔9〕福岡県26.7

11(9)〔10〕長崎県25.9▽12(11)〔12〕静岡県23.6▽13(16)〔17〕石川県22.7▽14(15)〔15〕青森県21.4▽15(13)〔16〕宮城県21.0▽16(14)〔14〕千葉県20.9▽17(19)〔18〕鹿児島県20.2▽18(20)〔20〕秋田県19.3▽19(21)〔22〕熊本県18.1▽20(17)〔19〕愛知県17.7▽20(22)〔27〕広島県17.7

22(25)〔24〕山梨県17.5▽23(23)〔21〕新潟県17.4▽24(18)〔13〕宮崎県17.0▽25(27)〔29〕岩手県15.5▽26(24)〔28〕富山県15.3▽27(25)〔24〕山形県14.3▽28(31)〔34〕三重県13.7▽29(31)〔36〕島根県13.5▽30(29)〔31〕香川県13.4

31(27)〔26〕高知県13.0▽32(30)〔23〕和歌山県12.9▽33(34)〔37〕愛媛県12.8▽33(34)〔25〕大分県12.8▽35(39)〔31〕岐阜県12.6▽35(33)〔38〕福島県12.6▽37(36)〔30〕岡山県12.1▽38(36)〔42〕滋賀県11.8▽39(36)〔39〕山口県11.6

40(44)〔35〕福井県10.9▽41(40)〔44〕鳥取県10.8▽42(45)〔40〕栃木県10.3▽43(42)〔41〕徳島県10.1▽44(41)〔45〕群馬県9.8▽45(43)〔43〕埼玉県9.6▽46(46)〔46〕佐賀県7.5▽47(47)〔47〕茨城県7.2

 ※ブランド総合研究所調べ

 大手飲料メーカー各社が「定番」商品の確保に躍起となっている。国内市場が頭打ちとなっている上、スーパーやコンビニエンスストアなどは消費者の低価格志向に合わせてプライベートブランド(PB)の飲料を拡充。店頭に並べてもらえる定番商品をどれだけ持てるかが、飲料メーカー各社の収益に直結する構図が強まっているからだ。

 「価格の安いPB商品が台頭する中、選んでもらえるブランドをいくつ持てるかが勝負だ」−−。アサヒ飲料の岡田正昭社長は12日、同社の缶コーヒー主力の「WONDA(ワンダ)」新商品発表会でこう強調した。

 清涼飲料市場は、ビール大手の傘下のメーカーに加え、コーヒー、茶などの専業メーカーも乱立する過当競争。年単位で生き残る商品はほんの一握りで、大半は販売開始から数週間で姿を消す「短命商品」となっている。

 そんな中、97年に登場した「ワンダ」は、05年発売の「微糖」タイプがロングランヒットとなり、08年の「ワンダ」全体の販売数量を3000万箱(1箱30本換算)分以上に押し上げた。

 岡田社長は「年3000万箱が『定番商品』として生き残る目安」と指摘。同日発表した「ワンダ 一番ドリップ微糖」の投入(来年1月発売)で缶コーヒー市場での一段のシェア奪取を期す構えだ。

 ただ、国内缶コーヒー市場では、08年に1億2000万箱以上を売ったコカコーラの「ジョージア」と、同6500万箱を販売し追撃するサントリーの「ボス」の2強の牙城が厚い。また、アサヒを追うシェア5位のキリン「ファイア」は、今年8月以降、商品数の絞り込みや、テレビCMへの大リーグ・ヤンキースの松井秀喜選手起用でブランドイメージを強化するなど、競争は激化の一途だ。

 しかも、自動販売機に次ぐ主力販売ルートのコンビニは「発売から1〜2週間で売り上げが急激に伸びない商品は棚から外す」(ローソン幹部)シビアな状況。「ヒットするのは一握り」(サントリー幹部)と従来は多品種展開してきた各社は、定番ブランド確立に向けて販売戦略の見直しを急いでいる。【大塚卓也】

 ◇販売数量の大きい飲料の商品

 ブランド(08年実績・業界調べ)

<缶コーヒー>

(1) ジョージア(コカコーラ)

(2) ボス(サントリー)

(3) ダイドー(ダイドー)

(4) ワンダ(アサヒ)

(5) ファイア(キリン)

<茶類>

(1) おーいお茶(伊藤園)

(2) 伊右衛門(サントリー)

(3) 爽健美茶(コカコーラ)

(4) 午後の紅茶(キリン)

(5) ウーロン茶(サントリー)

<その他の炭酸飲料など>

(1) コカコーラ(コカコーラ)

(2) アクエリアス(同)

(3) ポカリスエット(大塚製薬)

(4) ファンタ(コカコーラ)

(5) 三ツ矢サイダー(アサヒ)

 群馬県桐生市で、私立桐生一高1年、星野智君(15)が暴行を受け死亡した事件で、星野君が自分のプロフィルサイトに「ギターをやっている奴にろくな奴はいない」などと書き込んだことから、バンド活動をしていた無職少年(15)とトラブルになっていたことが23日、県警桐生署の調べで分かった。同署で犯行に至る経緯を調べている。
 少年は6月に同高を自主退学するまで、星野君と同級生だった。
 同高は23日、臨時休校とし、24日の終業式で全校生徒に事件の経緯などを説明する方針。
 一方、星野君の父親は「口数が少なく静かな子で、自分からけんかするとは思えない。まだまだやりたいことがあっただろうに」と涙を流しながら話した。

7月23日11時34分配信 産経新聞

イメージ 1

 大分合同新聞社事業部長が長女の教員採用をめぐり、大分市教育委員会の幹部に口利きを依頼したことについて、同社の利満広志常務社長室長らが22日夜、大分県庁で記者会見し、「報道機関の社員としてのモラルに欠けると判断した。事態を深刻に受け止め、県民と読者に深くおわびする」と謝罪した。

(2008/07/23-01:13)

イメージ 1

 20代の女性を車に押し込み、乱暴目的で連れ回したとして、警視庁捜査1課などは22日までに、わいせつ目的略取、強姦(ごうかん)致傷などの疑いで、埼玉県新座市畑中、会社員水野敏文容疑者(29)を逮捕した。
 同容疑者は容疑を認め、「仕事のストレスがあった」と供述。ほかにも数件への関与をほのめかしており、同課が追及している。

(2008/07/22-12:37)

全543ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事