メモ代わり

ぼちぼち再開できたらいいなと思ってます。

ニュース

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2008年7月19日、北京市で地下鉄3路線が新たに営業を開始した。一日に新たに3路線もの地下鉄が開通するのは北京市史上初めてのこととなる。新華社が伝えた。

開通したのは「地下鉄10号線第1期」「オリンピック線」「空港線」の3本。地下鉄と呼ばれているが郊外区間では地上を走行する。「空港線」は北京国際空港から市内の東直門をつなぐ路線。日本人観光客にとって空港からの移動がわかりやすくかつ便利になりそうだ。 【その他の写真】

「空港線」と連結するのが「地下鉄10号線」。さらに乗り入れている「オリンピック線」を利用すれば空港から市中心を経由せずに五輪会場へと到着することができる。モトローラ製のデジタル通信技術を利用しピーク時には3分半から4分間隔での運用が可能とのことで、競技終了後の混雑緩和も期待できそうだ。(翻訳・編集/KT)

7月20日11時21分配信 Record China

イメージ 1

 【ソウル19日時事】韓国の聯合ニュースによると、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者、文鮮明氏(88)と家族ら計16人が乗ったヘリコプターが19日午後、ソウル郊外の京畿道加平郡で不時着し、文氏や夫人ら7人が負傷した。残りの9人は無事だった。
 ヘリはこの日ソウルを出発したが、異常が発生し、黒い煙を出しながら、小山に不時着。文氏ら搭乗者が避難した後、ヘリは爆発したという。警察は事故原因を調べている。

(2008/07/19-19:56)

 【ソウル18日時事】韓国の世論調査機関リアルメーターが15、16両日に実施した調査によると、李明博大統領の支持率は前週比6.9ポイント減の17.8%となった。米国産牛肉の輸入再開問題が収束し、李氏の支持率は6月中旬以降、20%台を回復していたが、北朝鮮兵士による韓国人観光客射殺事件後の対応に批判が出ている。
 また、日本の新学習指導要領解説書に竹島(韓国名・独島)が明記されたことも、李政権への不満が強まる原因となっている。

7月18日12時32分配信 時事通信

イメージ 1

【シドニー14日AFP=時事】オーストラリアのビクトリア州ベンディゴで、2歳の男の子が浴槽の排水口に水が吸い込まれるのに興味を持ち、指を2本突っ込んだところ抜けなくなり、消防隊や救急隊が駆け付けて約6時間かけてやっと指を抜くことに成功したが、浴室はほぼ破壊されてしまった。
 AAP通信が14日伝えたところによると、駆け付けた隊員らは、排水口が腐食しており、無理に指を引き抜こうとすれば指に傷がつくことを発見。このため、床下に潜って浴槽のパイプを切断した上で、浴室の壁を壊すなどして浴槽を取り外した。子供は配水管に指を差し込んだままの状態で病院に搬送され、病院では弓のこと油圧式の拡張器を使ってパイプを取り去った。
 男の子は最初はおびえていたが、途中からはよく笑ったりして機嫌が良かったという。結局、浴室はめちゃめちゃになったが、男の子の指は大した傷もなく取り出された。両親や祖父母は浴室の損害などはそっちのけで、子供の無事を喜んだ。 〔AFP=時事〕

(2008/07/15-14:55)

2008年7月18日、香港紙「南華早報」の報道によると、赤十字国際委員会(ICRC)の下部組織・国際追跡サービス(ITS)のデータでは、昨年の中国の賄賂(わいろ)に関連する案件数は世界第3位だったという。「環球時報」が伝えた。

また、これに関連するITSの調査によると、今年6月30日までに中国では148社(人)が賄賂がらみで検挙されている。中国の賄賂案件の特徴は、警察または裁判官が関係するケースが多く、今回検挙された案件のうち政府関係者が関係しているものは85%を占め、そのうちの11%が司法部(法務省)が係わっていた。 【その他の写真】

ITSの責任者はその理由として「中国のように経済が急成長している地域では、ビジネスとして考えた場合トラブルを裁判で解決するより仲裁によって解決するほうがメリットが大きいため」と分析。

また、「大部分の贈賄者は、何か特別なビジネス上のメリットを得るためではなく、本来受けられるべきサービスを受けるため、または不要な損害を避けるために金品を提供している。一部の案件は単純な賄賂ではなく、ゆすり・たかりに近い」と語り、その防止策として「要求にすぐに応ぜず、出来るだけ引き伸ばすこと」とアドバイスしている。

なお、賄賂の種類は、現金およびこれに順ずるものが77%を占める一方、収賄者の20%以上が性的なサービスなどを含むその他の品を要求。また受領金額は100〜5000ドルの小額が約55%を占めているという。(翻訳・編集/HA)

7月20日8時55分配信 Record China


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事