メモ代わり

ぼちぼち再開できたらいいなと思ってます。

ニュース

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

火星はかつて水で覆われていた、という説が科学者たちから提起された。しかも、沸騰した水ではなく、適度な水温の海で、生命に適していた可能性もあるという。

「最初の6〜7億年の間は、水が広範囲にわたって存在していたようだ」と、ブラウン大学の地質学者、John Mustard氏は語った。Mustard氏は、『Nature』誌7月16日号に掲載された論文の共同執筆者だ。

Mustard氏のチームは、小型観測撮像スペクトロメーター(CRISM)からもたらされたデータを研究している。CRISMとは、水と相互作用した鉱物の痕跡を見つけることを目的とした分光計だ。

以前の研究では、太古の火星で水が噴出していた痕跡が見つかり、最近では火星探査機『Phoenix』が氷を見つけている(日本語版記事)。

だが、Mustard氏の分析で、火星全体の水文学的影響を示す非常に鮮明な画像が提示された[水文学は、水の生成・循環・性質・分布などを研究する科学分野]。

さらに興味深いことに、CRISMのデータから、かなり低い気温でしか形成されない粘土に似た鉱物が、広範囲にわたって堆積していることがわかった。

古代の火星の海は塩分を含んでいたようだが、沸騰してはいなかった。そして、死の海ではなかったかもしれない、とMustard氏は述べている。

「現在の火星に生命が存在する見込みは低いと思うが、過去の生命については、この生存可能な時代に存在した可能性は大いにある」と、Mustard氏は語る。

生命の痕跡が40億年後の現在も残っているかどうかについて、Mustard氏は「火星での保存状態は地球よりいいだろう。地球ではプレートテクトニクスによって地殻が移動しているが、火星にはプレートテクトニクスがないからだ」と述べている。

「火星では、最初期の諸要素が今でも数多く存在している。地球の記録にも生命のかすかな痕跡は残っているので、もし火星に生命が存在していたなら、そうした生命の痕跡が保存されている可能性は高いと思う」と、Mustard氏は語った。

7月17日12時3分配信 WIRED VISION

Photo: Library of Congress

米中央情報局(CIA)は冷戦時代、マインド・コントロール研究『MK-ULTRA』を秘密裏に行なった。だが、一部の人にとっては、その恐怖が本当に終わったわけではない。
コネチカット州で8月、『儀礼的虐待、秘密組織、マインド・コントロールに関する第11回年次会議』が開催され、MK-ULTRAの被害者を名乗る人々もこれに出席する。
会議の出席者たちは、知らないうちにCIAの実験に参加させられていた自分たちの記憶について、意見を交わす予定だ。この実験では、一般の民間人がLSDを飲まされることも多かった[英字版Wikipediaによれば、実験は1950年代初期から1960年代まで行なわれ、米国の44大学、15の研究所や製薬会社、12の病院などが参加したという。実験の資料は破棄されたが、ドラッグなどを使って人の精神状態を操作するための実験だったとされる]。
ただし、会議主催者自身も述べているように、MK-ULTRAの犠牲になったと主張する出席者の全員が、実際の被験者というわけではなさそうだ。MK-ULTRA以外の、明らかに深刻な精神的な問題に苦しむ人もいる。しかし、Jeff Stein氏が『Congressional Quarterly』の記事で明快に指摘しているように、そんなことは問題ではない。
MK-ULTRAの犠牲者は確かに実在したが、CIAは[1973年に]大半の記録の処分を行なったため、われわれがその全容を知ることはないだろう。
「CIAの局長だったRichard M. Helms氏は、大量の文書の破棄を命じた。そうした文書には、精神病院(ジョージタウン大学医療センターの一棟もその1つ)や軍の基地、複数の秘密の場所で、CIAの『医師たちが実験を行なった未知数の『患者たち』の治療記録も含まれていた」と、Stein氏は記している。
最近の問題としては、米国政府は尋問に向精神薬を使用したとして再び非難されている。「4月に記事を書いたが、1970年代とまったく同様に、政府の主張と正反対の証拠が次々に見つかっている」とStein氏は述べる。
「『Washington Post』紙のJoby Warrick氏も、グアンタナモ基地の刑務所の元捕虜を追跡調査し、度重なる薬物の注射で精神が不安定になったという証言を得ている」
[原文タイトルにある「Manchurian Candidates」とは、「朝鮮戦争時に中国軍に捕まって洗脳された結果、無意識に殺人を犯す米国人」が登場するリチャード・コンドンの小説『影なき狙撃者』(早川書房刊)と、同名の映画(1962年公開)。
米陸軍がLSDなどの幻覚誘発薬を使って行なった『エッジウッド実験』についての日本語版記事はこちら]

7月17日12時3分配信 WIRED VISION

 四川新聞網によると、同省南充市公安局(警察)が17日午前に行なった銃砲類不法所持の取り締まりキャンペーンの成果を発表する記者会見で、押収した銃が暴発して、記者3人が負傷した。

 南充市公安局政治部の鄭崇軍副主任によると、記者会見は2007年から続けている取り締まりキャンペーンの成果を発表するために行なった。出席した記者は13人。予定していた発表の終了後、「押収した銃の保管状況を撮影したい」との求めに応じ、警察側は記者を保管庫に案内した。

 警察幹部のひとりが銃を手に取って記者に見せたところ、暴発。散弾が床に跳ね返り、記者3人の足や手、胸に当たった。暴発した銃は農民が自作したもので、内部に少量の火薬と散弾が残っていたという。

 四川省のメディア、華西都市報の地方ニュース部副主任の曹笑氏によると、警察幹部は銃の状態を確認せず引き金に指をかけた。20発の散弾を体に受けた同報の蘇定偉記者は、午後6時50分になっても手術が続いた。

 負傷した他のふたりは、四川新聞網の王小峰記者と南充日報の張義成記者。

 公安局政府部の鄭副主任によると、3人ともただちに病院に搬送されて治療を受け、状態はとりあえず安定した。事故については、経緯などの調査を進めているという。

 写真は北京市警察11月に公開した、不法所持取り締まりで押収した銃。モデルガンや空気銃を含め、全市内で約3400丁を押収した。(編集担当:如月隼人)

7月18日12時44分配信 サーチナ・中国情報局

 【東京】新石垣空港建設予定地にある洞窟(どうくつ)のコウモリの生息状況を調査しているカラ・カルスト地域学術調査委員会(委員長・舩越公威鹿児島国際大教授)が6月上旬に行った調査で、絶滅危惧(きぐ)種のリュウキュウユビナガコウモリの妊娠中のメス4匹が見つかっていたことが15日、分かった。委員会が同日、都内で会見し発表した。
 船越委員長は「一帯にコウモリの出産・保育洞がある可能性は高い」と指摘、工事の延期と詳細な繁殖調査、保全対策の検討を求めた。県の調査を含め、島内で同コウモリの出産・保育場所は確認されておらず、船越委員長は「石垣島では唯一の貴重な出産・保育洞ではないか」としている。
 調査は6月5―7日に実施。洞窟の入り口で捕獲した6匹中、メス4匹すべてが出産直前の状態だった。
 見つかった洞窟は来年3月までに一部が壊される予定で、同委員会は「生態に重大な影響を与え、さらに個体数を減らす恐れがある」と指摘している。同委員会は15日、環境省と国土交通省に工事延期などを求める要望書を提出し、仲井真弘多知事に送付した。
 同委員会は2007年6月にも、別の洞窟で子育て中とみられるメス1匹を確認。しかし、県は国土交通省に「(出産・保育洞)推測の域を出ていない。工事を見合わせるとするだけの根拠には乏しい」と報告していた。
 県の新石垣空港建設課は「詳しい調査内容を見なければコメントできない」と述べた。

7月17日16時5分配信 琉球新報

 河南省開封市にある女性用の公衆トイレに忍び込み、入ってきた女性を恐喝したとして同市内の男(今年で45)がこのほど警察に拘束された。7月17日付で東方今報が伝えた。

 調べによると、男は6月中旬、同市にある公衆トイレに入ってきた母親と娘に対して「金を出せ」と脅した疑いが持たれている。しかし騒ぎを聞きつけた父親が男を捕まえて近くの交番に引き渡した。

 この他にも同市内では公衆トイレで不審な男に恐喝され、支払いを拒んだ場合は顔にキスされたという女性からの被害も報告されている。

 男は「同じような犯行を数え切れないくらい重ねた」と供述しており、警察では余罪について捜査を進めている。(編集担当:麻田雄二)

7月18日11時32分配信 サーチナ・中国情報局


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事