全体表示

[ リスト ]

京都のキノコ図鑑

イメージ 1

京都のキノコ図鑑

ISBN4-7638-0208-9 C0645
京都新聞社
解説・写真 吉見昭一
図版 高山 栄
昭和61年11月15日 初版発行
定価 2,500円(当時)

今でこそ、各地でローカルきのこ図鑑「どこどこのきのこ」というのはよく発行されているが、これはそのはしりのようなものだと思う。
この本を発行したローカル新聞社はお世辞にもよい新聞社とは思えないが、この本の発行に関してはよい実績だったといえる。
著者は我がきのこ人生の師ともいえる吉見昭一氏。ローカル図鑑は必ずしもレベルが高いとはいえないものもあるが、この本はこの著者に恵まれた時点で幸せである。
掲載されている写真はプロの写真家のようにはいかないが、特徴的な表面のアップや断面も見せて、同定には非常に役立つ。また、普及版の図鑑には珍しく、胞子の図も掲載されている。
一部は写真ではなく、高山氏の美麗なイラストが掲載されている。場合によっては写真よりも精緻。
そういう意味では京都は恵まれていたなと思う。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

これはこれは、貴重な本なんじゃないんですか?
イラストも掲載されてるなんて、見てみたいですね(^_-)-☆

2011/3/31(木) 午後 9:38 きの山さん 返信する

アバター

きの山さん
今となっては古い本ですが、書かれている内容は今でも役立つものが多いと思います。むかしは写真よりも水彩画のほうが細かい特徴を描写できたものです。

2011/3/31(木) 午後 10:40 三十九 返信する

アバター

網状のマントが美しい(マク)?キヌガサタケの表紙に
惹かれて中もみて見たいです。
国会図書館にでも行かないと読めないでしょうね?

2011/3/31(木) 午後 11:01 楓子 返信する

アバター

楓子さん
表紙は「きのこの女王」キヌガサタケです。古いですけど、もしかしたら書店にもあるかもしれません。わかりませんが。

2011/3/31(木) 午後 11:07 三十九 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事