全体表示

[ リスト ]

テングタケ属の一種

イメージ 1

テングタケ属の一種 Amanita sp.

担子菌門ハラタケ亜門ハラタケ綱ハラタケ亜綱ハラタケ目テングタケ科テングタケ属
amanita アマニタ(小アジアの地名より)

2011年7月末、奈良県の神社境内林にて。
ヤマドリタケモドキがたくさん発生していたカシ林で発見。
わりと小型のきのこ。
カサも柄も淡灰褐色で、カサの縁にはわずかに条線が見られる。
カサには黄灰色のイボがつく。
イボは膜状でもなく刺状でもなく、かくかくしている。
柄には淡黄色のツバがつく。
根本はふくらみ、ツバと同じ淡黄色のイボがリング状にある。

イメージ 2

開いたもの。ヒダは白色でそれほど密ではない。
柄のツバより上部は白っぽいだんだらもよう。

イメージ 3

開いたカサ表面。

イメージ 4

切ると内部の肉は白色。特にカサのヒダの付け根あたりが赤く変色する。

イメージ 5

柄や根本の一部も若干赤くなっている。
ヒダは白色だが、縁には内被膜の名残であろう黄色いのがついている。

もしかしたら、ガンタケに近いものかもしれないが、正体は不明。

2013年9月24日追加
このサイトに掲載されているものは同じものと思われる。
さらに、他のサイトで「ザラツキテングタケ(A.aspera)」として掲載されているものにも似ているように思う。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こんばんは!
もしかして新種ですか?
こちらは、そろそろイグチ類は終わりなんですが、落葉きのこ「ハナイグチ」が未だに出ていません。いつもなら「あかば」が採れると落葉もでるんですが・・・

2011/9/15(木) 午後 10:19 [ toto ] 返信する

顔アイコン

三十九さん、こんばんは!
たしかに、ガンタケっぽいですね。
このように反り返った形、なかなか好きです(^。^)

2011/9/15(木) 午後 11:59 きの山さん 返信する

こんばんは。
キノコの事は解りませんが、裏側のひだの写真は和傘のようで綺麗ですね。
☆ーです。

2011/9/16(金) 午前 1:21 [ ゆき ] 返信する

アバター

totoさん
新種というか、まだ名前がついていない可能性もありますが、単に図鑑に載っていないだけかもしれませんが、私にはこれ以上はわかりません。
まだ夏のように暑くて秋のきのこというかんじしませんね。

2011/9/16(金) 午前 5:29 三十九 返信する

アバター

きの山さん
ちょっと反り返りすぎかもしれませんが。

2011/9/16(金) 午前 5:30 三十九 返信する

アバター

ゆきママリンさん
ありがとうございます。きのこのカサのような形は理由があってこんな形になったようですよ。

2011/9/16(金) 午前 5:32 三十九 返信する

顔アイコン

三十九さん^^
おはようございます!

う〜〜ん!
やっぱり三十九三でも
分からないものがあるんですか
やっぱりキノコは手強い相手ですね〜
私もガンタケ?って言ってしまいそうです^^

2011/9/16(金) 午前 7:14 [ natty ] 返信する

アバター

natty nanodaさん
こんばんは。
いやいやわからないことのほうが多いですね。
もしこれが未知種だとしたら、わかる人間などいないでしょう。
きのこの世界はそれだけ解明が進んでいないのです。

2011/9/16(金) 午後 8:24 三十九 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事