過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

ツバキキンカクチャワンタケ(椿菌核茶碗茸) Ciborinia camelliae

子嚢菌門チャワンタケ亜門ズキンタケ綱ビョウタケ目キンカクキン科ニセキンカクキン属
ciborinia キボリニア(キボリアキンカクキンでない)
camelliae カメリアエ(ツバキ属の)

2〜4月のツバキの花が咲く頃、ツバキの樹下地上に発生する小型きのこ。
ぱっとみためにはわからないが、ツバキ樹下の落ち葉をはらってみると、見つかることが多い。
直径は2〜3mm程度、大きくて6〜7mm程度の茶碗型〜漏斗型の淡褐色のカサの下は細長い柄が伸びている。それを丁寧に掘り出すと、黒っぽい菌核がつながっている。
このちょっと不定型な、つぶれた種のような塊は、菌糸の塊「菌核」で、前年の同時期に地上に落ちたツバキの花弁に胞子がつき、それを栄養源にして成長すると、やがてこの菌核を形成する。そして、翌年に子実体を発生させる、というライフサイクルを繰り返す。
この性質上、ツバキの樹下にしかない。
またそんなに珍しいものでもないので、ツバキのある場所で探せば見つかる可能性が高い。
発生時期もツバキの開花時期に限られている。

今年は寒い日が続いたので3月になってようやく見つかったのだが、例年は2月に発生していることもある。たしかに先月はツバキは開花していなかったので、見事に開花にあっていることがわかる。

イメージ 2

茶碗の外側は粉っぽく白っぽい。

イメージ 3

長い柄がひょろひょろと伸びている。

イメージ 4

イメージ 5

黒っぽい塊が菌核。
他にも菌核を形成する種類はあり、この状態で過酷な環境に耐えて生き延びるのだという。
ツバキの開花とこのきのこの発生はまさに春の到来を告げている。

開く コメント(7)

閑院宮邸跡

イメージ 1

京都御苑の堺町御門を入って左手にある建物は元公家屋敷の「閑院宮邸跡」。
上の写真はその門を入って内側から写したもの。
御苑内に残る数少ない公家屋敷遺構で、敷地内には環境省の京都御苑管理事務所がある。
「京都御所」や「仙洞御所」は宮内庁の管理だが、周囲の国民公園京都御苑は環境省の管轄。
この閑院宮邸跡は普段から公開されていて、一部復元された屋敷内には展示施設がある。

イメージ 2

これが復元された屋敷。この玄関から中に入って見学できる。
京都御苑きのこ観察会では、3の倍数の月に午後からここで顕微鏡観察会が行われる。

イメージ 3

ちがう角度から撮影したもの。

イメージ 4

庭園も一部復元されている。これは築山。

イメージ 5

庭園の池も復元されている。

イメージ 6

屋敷の中。中庭を取り囲むように建物がある。
向こう側が玄関のほう。

イメージ 7

ここが最も奥にある、レクチャーホール。
普段は御苑のいきものについてのパネルなどが展示されている。
いつもここで顕微鏡観察会が行われる。
数台の顕微鏡を並べて、午前中に観察されたきのこのサンプルを顕微鏡でのぞくことができる。
もちろん、これも午後からだれでも自由に見学・参加が可能。

イメージ 8

玄関に近い方からレクチャーホール方面を見たところ。

イメージ 9

一室には御苑の自然環境や歴史などについて展示された部屋がある。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事