まかいの牧場「まきば農園」かんさつにっき

まかいの牧場「まきば農園」畑の様子はこちらで毎日アップ中!

全体表示

[ リスト ]

 「虎の穴?ウサギの穴?いえいえ、ウサギののぞき穴」↓
イメージ 1

トンネルをくぐってゆくと、「ウサギの目線」を楽しめるのぞき穴が♪

朝、のぞいてみた♪


 「こんな感じ」↓
イメージ 2

ふちの緑色のスポンジは、すでに相当ウワギにかじられておりますけど・・( ;^^)



 「やや♪」↓
イメージ 3

フンフンと可愛い吻端(ふんたん)が見えた♪

普通に飼っていると、これは見られないよな〜。

※人の鼻と口の間には、ミゾが通っています。これはもともと人がウサギの口のように上唇が割れていて
 鼻と口がつながっていた証拠なのです。
 ですから、母親の胎内で体が作られる初期のうちはその部分が割れて、離れています。
 そして、胎内の成長過程でつながります。鼻下のスジはその痕跡です。
 成長で何かがあってそうならなかった場合、兎口(ミツクチ:放送禁止差別用語)と呼ばれる形になって
 離れたままになる方もあります。 



 「のぞいてみた」↓
イメージ 4

朝日を浴びて、ホッコリしている・・・・♪       1羽、座布団にされているような気が・・↑

 「きもちいい・・・♪」↓
イメージ 5

ユッタリしたウサギを見て、こちらも癒される。

ウサギの逃げ場ができたので、昼間でもこの光景を見ることができます。

※さて、超混雑シーズンには、うさぎふれあいでどんな対応をするのがベストなんだろうか・・・・
 模索が始まります。


 「パールちゃん 廣
イメージ 6

手を出してみたら・・・



 「パールちゃん◆廣
イメージ 7

ムニョリ。

この唇の形になることを「フレーメン」と呼びます。

主に匂いの反応をしたときに見られますが、顕著なのはメスの発情のにおいを感じたオスがする時。

「あて馬」という言葉がありますが、メス馬の発情を「関係ない別のオス馬」にチェックさせて、

メス馬の発情を確認したら、初めて本来の種馬が現れて交尾させる。

あて馬は「ムヒー!」と興奮だけさせられて・・・・はい終わり。 

 ・・・・だから「あて馬」って言葉はいい意味でつかわれない・・・    せつないネー( ;´Α`)

あ、パールちゃんは牝馬(ひんば:雌馬の意)なので、この話はぜんっぜん関係ないですよ♪


 「まかいの牧場のある、南側風景」↓
イメージ 8

「大沢崩れ」が中央にあります。カメラマンの方は、荒々しい南側を「男富士」、なだらかで雪が多く残る

北側を「女富士」と呼ぶこともあるそうです。(某カメラマンさん談)

信仰としては、富士山は女性の神様(コノハナノサクヤヒメ)なので、昔は女人禁制の修行場でした。

女性が登ると「嫉妬」してコノハナノサクヤヒメ様が怒るから・・・・ということです。




 「こどもの国さんのある、三島市方面から」↓
イメージ 9

308年前の宝永大噴火で吹き飛んだり、山体崩壊(さんたいほうかい)して大崩れを起こしてきたので

こんな形。

富士山は活火山。必ず噴火します。

20回近い噴火をしてきた過去のデータでは、150年から200年ほどの間隔でバンバン噴火してきています。

ずっと。 で、今回の間隔は初めて300年を越えている。

これからさき、噴火する可能性はほぼ100%。「活火山」ですから。だから美しい円錐形をしています。

噴火は、プウッと噴き出すオモチに似ていて、急に バン!ということはありません。

兆候が必ずあり、地面等に異常がたくさん起こった後に起きます。

※それについて、分かりやすいお勧めの展示をされている場所は「なるさわ富士山博物館」さんや
 御殿場市(?)の「樹空の森」さんにある富士山展示室です。  

「イヤなこと言わないで。」じゃなく想像力を働かせて「起きたらどうするか」を家族で話し合っておくのが重要だと思います。




 「知らない甘味料が入っていたので・・・調べてビックリ」↓
イメージ 10

ヨメさんの好きなアップルティー的なもの↑を勝手に一口飲んだ。   (ゴメンよ)

人工甘味料の味がした。 裏の表示を見た。   「ネオテーム」と書いてあった。 ・・・知らない。

本棚から「食品添加物ガイド」をパラパラしたら、見つからない。  検索してみたら・・

既存の人工甘味料アスパルテームの何十倍も甘みが強いもので、まだ新しく、日本ではこれから広がりそうだと。

またまた、開発はアメリカのモンサント社だ。    ネオテームはものすごい毒性の様子。

(少々長いですが面白かった、その情報源↓)
http://pumipom.jugem.jp/?eid=561

食品の認可をするFDA(アメリカ食品医療薬品局)を「ニワトリ小屋」、モンサント社を「キツネ」にたとえて

その現状を「ニワトリ小屋の番をするキツネ」と表現されおり、あまりにも分かりやすい言葉に感心した。


※添加物に対するの私の持論は、
 『知らずに食べるな(飲むな)知ってて食べよう』です。
 全部避けるなんて無理な世の中ですから・・・・
 放射能系も同じ。   自分や家族を守れるのは、自分しかいませんから。
 あとの祭りは イヤだ。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

『知らずに食べるな(飲むな)知ってて食べよう』
同感です! 削除

2012/1/6(金) 午前 10:25 [ ぷみ ] 返信する

ハゲしい同意をいただきまして、ありがとうございます!

食品は裏側の表示について少し知るだけでそうとう生活が変わりますよね。

私が参考にしている「すぐわかる食品添加物ガイド」という本では、
添加物ごとに体への影響を○△×の3種類に分けて書いてあります。

それで行くと、×の添加物はそんなに多くはありません。

△はなるべく摂らない、×は確実に避ける。それを念頭に置いて食品表示の裏を見るようにしています。

「添加物なんていちいち気にしていたらモノを食べられない」という声を何度か聞いたことがありますが、買う人がいるから作る人がいるという構図も忘れてはならないと思います。

良いものを次の世代につないでゆきたいものです。

2012/1/7(土) 午前 2:25 [ uki*k*tak*jp ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事