ここから本文です
ukokkeiの徒然草
岡田春まつり本祭レポート掲載中。

書庫全体表示

 皆様、おはようございます。
 今日は彦根城旅行から、彦根城(天守)編をお送りします。

 ひこにゃんのパフォーマンスを見た後は、彦根城の観覧再開です。
 天守へと向かう坂道を登って行くと、やがて次の建物が・・・。
イメージ 1
 長浜城の大手門を移築したと伝えられている天秤櫓(重文)です。
イメージ 2
 櫓内は一般公開されていて東側の窓からは石田三成が居城を構えた佐和山が見えますが、風雪のためこのような写真しか撮れませんでした。
イメージ 3
 天秤櫓からさらに上へ上がって行くと、3層の天守(慶長12年頃完成)が目に入ります。
イメージ 4
 内部は一般公開されていて(階段が急ですが)、3層(最上層)の北側の窓から見た琵琶湖の光景です。
 天守と西の丸三重櫓(重文)を見た後私は坂道を降り、内堀を渡って彦根藩の下屋敷であった楽々園へ。
イメージ 5
 建物は総欅造りのため槻御殿とも呼ばれ、あの井伊直弼が生を受けた場所でもあります。
 続いて私は、隣接する玄宮園へ。
イメージ 6
 大池泉回遊式の大名庭園で、名勝に指定されています。
 さて一通り彦根城を見て来ましたが、最後に忘れてはいけない城外の建物を一つ。
イメージ 7
 中堀に面して建つ埋木舎です。
 青年期は部屋住みの身分であった井伊直弼に与えられた住居で、彼はここで武道や勉学に励んだと言われています。
 なお彦根城やその近辺には、今回紹介した以外にも見るべき物が数多くあります。

 次回は、八千代・いと重菓舖編をお送りします。

イメージ 8

イメージ 9


この記事に

  • 顔アイコン

    雪景色がとっても素敵です、
    玄宮園 いいですね〜、

    [ にゃん福閑人 ]

    2017/2/14(火) 午後 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    私がずっと見たかった念願の景色です。
    ナイス有難うございました。

    [ ukokkei ]

    2017/2/14(火) 午後 9:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事