ここから本文です
ukokkeiの徒然草
東海秋まつり2017二日目レポート掲載中。

書庫全体表示

 皆様、おはようございます。
 今日はまず東海秋まつり2017二日目から、本町組山車からくり・どんてん編をお送りします。

 楓童車が元の位置に戻ると、入れ代りに本町組山車が「夕車切」を囃しながら動き出しました。
イメージ 1
 侍姿の采振り人形は、本祭りの時と同様に動きませんでした。
イメージ 2
 水のテラス中央まで来ると止まりました。
 その後仕切りの笛が入り、からくり人形の披露が始まりました。
イメージ 3
 囃子が「下がり羽」になると、小唐子が甕の上に登って行きました。
 なおこの写真ではわかり辛いですが、その時松の木に取り付けられている滑車が回転します。
イメージ 4
 甕の上で小唐子は「加津鼓」に変わった囃子に合わせて太鼓を叩きましたが、やがて足を滑らせて水をたたえた甕の中に落ちてしまいました。
イメージ 5
 その様子を見た大唐子は、軍配で甕を割って小唐子を救出しました。
 それと同時に、囃子が「早笛」に変わりました。
 そして、「ドンドン!ヤー!」
イメージ 6
 どんてんの披露が始まりました。
 一通り回した後前後の梶取を入れ替えて再び回しましたが、入れ替わった梶取達は経験が浅い者達ばかり(何と中学生もいました)でなかなか担ぎ上げることが出来ません。
イメージ 7
 そこで、梶取OB達が入って回しました。
 一通り回した後、観客達の盛大な拍手の中元の位置へと戻って行きました。

 次回は、大門組山車からくり・どんてん編をお送りします。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事