ここから本文です
ukokkeiの徒然草
8年と3ヶ月間本当にお世話になりました。

書庫飛行機

記事検索
検索

全178ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 皆様、おはようございます。
 今日は3月31日のセントレアから、その他目ぼしい機体編をお送りします。

 話は、私がスカイデッキに出た所まで戻ります。
イメージ 1
 国際線スポットの沖止めに、ドリームリフター(N780BA)が駐機していました。
イメージ 2
 貨物エリアに目を転じると、手前にBIZが3機駐機していました。
イメージ 3
 空手ジェットがプッシュバックされた頃台北からエアアジア・ジャパンのA320(JA02DJ)が飛来して、11番ゲート(共用ゲート)にインしました。
 乗客を降ろすと、国際線スポットの沖止めへトーイングされて行きました。
イメージ 4
 16時頃になると17番ゲートから、14時半頃に香港から飛来したキャセイパシフィック航空の新塗装のB777-300(B-HNG・この前日も来ていました)がプッシュバックされました。
 トーイングカーを外すと、香港向けて折り返して行きました。
 この後私は、チャイナエアラインカーゴが貨物エリアに駐機したのを見届けてから帰りました。

イメージ 5

イメージ 6

開くトラックバック(0)

 皆様、おはようございます。
 昨夜は先月の春分の日から始まったFLIGHT OF DREAMSにおけるB787初号機(N787BA・ZA001)の夜間ライトアップを観覧するため、仕事帰りにセントレアへ立ち寄りました。
イメージ 1
 毎晩フライトパークが閉園する17時(土曜日は19時)から始まります。
イメージ 2
 機体へのライトの当て方は一定でなく短い周期で変わるようになっていて、見る人を飽きさせない工夫がされています。
イメージ 3
 また館内には軽快なテンポの洋楽ナンバーが流され、雰囲気を盛り上げていました。
 さて私は帰る前に、先月末でイルミネーション点灯が終了して寂しくなった夜のスカイデッキに出てみました。
イメージ 4
 貨物エリアには、カリッタエアのオールホワイト・タイトル入りのB747-400F(N401KZ)が駐機していました。
 ちなみにこの機体、かっては日本貨物航空に所属していました。
イメージ 5
 国内線スポット2番ゲートには、ANAのB737-800のスターアライアンス塗装機(JA51AN)が入っていました。

イメージ 6

イメージ 7

開くトラックバック(0)

 皆様、おはようございます。
 今日は3月31日のセントレアから、その他特別塗装機・ケロロ軍曹他のいきなり団子編をお送りします。
 
 話は、創立50周年記念塗装のA220が到着した後に戻ります。
イメージ 1
 14時半頃になると鹿児島からスカイマークのB737-800のタイガースジェット(JA73NR)が飛来し、国内線スポット5番ゲートへと向かいました。
 15時を過ぎると、鹿児島向けて折り返して行きました。
イメージ 2
 15時前になると7番ゲートから、JTAのB737-800のアマミノクロウサギ付の空手ジェット(JA03RK)がプッシュバックされました。
 トーイングカーを外すと、沖縄向けて出発して行きました。
イメージ 3
 続いて隣の6番ゲートから、私がスカイデッキに出た時に沖縄から飛来したソラシドエアのB737-800のRio Park Ginoza号(JA810X)がプッシュバックされました。
 トーイングカーを外すと、沖縄向けて折り返して行きました。
イメージ 4
 15時を過ぎると上海から中国東方航空のA320のゴージャスガンス塗装機(B-6873)が飛来し、21番ゲートへと向かいました。
 16時を過ぎると、上海向けて折り返して行きました。
イメージ 5
 私は創立50周年記念塗装のA220が離陸した後、この日までの開催だった「九州・沖縄うまかもん物産展」で家族に頼まれた買い物をするためいったんイベントプラザに入りました。
 そして、「熊キャラいきなり団子」を購入しました。
イメージ 6
 パッケージは写真の通り、熊本のキャラクターのくまモン・ひごまる・ケロロ軍曹がデザインされた可愛い物です。

 次回は、その他目ぼしい機体編をお送りします(明後日の投稿となります)。

イメージ 7

イメージ 8

開くトラックバック(0)

 皆様、おはようございます。
 今日は3月31日のセントレアから、帰って来たチャイナエアラインカーゴ編をお送りします。

 16時を過ぎると今回の3機目の目的の機体がサンフランシスコから飛来し、RW36に着陸しました。
イメージ 1
 チャイナエアラインのB747-400F(B-18710)です。
 チャイナエアラインカーゴはセントレア開港当初は定期便として就航していたのですが、いつの間にか消えていました。
 一昨日から始まった夏スケで久し振りに復活し、これが初便となります。
イメージ 2
 着陸後リバースを掛けます。
イメージ 3
 その後しばらくRW36を北上し、
イメージ 4
 誘導路に入ります。
イメージ 5
 そして貨物エリアに入り、
イメージ 6
 一番手前に駐機しました。

 次回は、その他特別塗装機・ケロロ軍曹他のいきなり団子編をお送りします。

イメージ 7

イメージ 8
 

開くトラックバック(0)

 続いて3月31日のセントレアから、2度目の飛来のキャセイパシフィック航空のA350-1000編をお送りします。

 話は、創立50周年記念塗装のA220がプッシュバックされる前まで戻ります。
 15時頃になると今回の2機目の目的の機体が台北から飛来し、RW36に着陸しました。
イメージ 1
 CX530便 A350-1041 B-LXC
 セントレアへはこれが2度目の飛来となるキャセイパシフィック航空のA350-1000です。
 基本型のA350(-900)とは、機体の長さ及び主脚の車輪数が異なっています。
 ちなみに私がA350-1000を見るのは、これが初めてです。
イメージ 2
 着陸後リバースを掛けます。
イメージ 3
 RW36を出て誘導路へと向かいます。
イメージ 4
イメージ 5
 スカイデッキの下を行きます。
イメージ 6
 国際線スポットに入りました。
イメージ 7
 そして、16番ゲートにインしました。

 次回は、帰って来たチャイナエアラインカーゴ編をお送りします。

イメージ 8

イメージ 9

開くトラックバック(0)

全178ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事