全体表示

[ リスト ]

やっと待っていたデビュー戦に出走するリフタスフェルトです
3月春にハ行で2ヶ月程運動を控えることになり
妄想していた夏小倉デビューは出来なかったですが
無事、この時期にデビューすることが出来ました
番組上と大人の事情なのか1400m戦でのデビューとなりました

パドック
466kgで登場です、今週の追い切り後のコメントでは450kg前後での出走
と言っていましたが 10kgほど大きいです
イメージ 1


暴れることはないですが、キョロキョロまわりを見ています
初めての場所で何か探しているのかな?
イメージ 2

イメージ 3


ミルコが騎乗して、二人の厩務員さんと何か話して笑みが見られます
イメージ 4


1番なんで誘導馬の後ろからおとなしくゆっくり馬場入場です
イメージ 5


返し馬も問題なくゆっくりなキャンターです
イメージ 6

イメージ 7


スタート
1番なんで1番最初にゲートインです
ゲート内で長く待たされることなく順調に他馬もゲートイン
絶好のスタートです
このまま前の位置で、内の3・4番手でレースを進めることになる
ややミルコの手が動いているように見えるも、そのまま4コーナーへ
内のコース取りで、内から抜いてくるのか?
直線に入って早くもムチが2発3発と入る、ダメなのか?
あっ、9番の馬が内に寄せて来やがった、ブレーキがかかった?
イメージ 8

イメージ 9


その後は脚を伸ばすことなく8着でゴールとなりました
レース後、ゆっくり引揚げて来たのですが
リフタスフェルトは止まってゴール板の方をじっと見つめていました
直線のレース回顧をしてたのかなぁ
イメージ 10


イメージ 11


直線で、9番の馬が内に寄せて来る前に抜け出る脚があればなぁ
その辺がまだ実戦不足なんでしょう、1400m戦も影響したのかなぁ
しかし、スタートは抜群によかったので今後も前の位置でレースが出来るでしょう

18/11/24  鮫島厩舎
24日の京都競馬ではいいスタートから好位につけてスムーズに運ぶ。直線でやや窮屈な場面もあり、追い出してからはジリジリした伸びになり8着。
「スタートは良かったし、いいポジションで運べましたが、直線進路ができてから案外ジリジリした伸びになってしまいました。調教ではもっとスッと動けていたので、初めての実戦で戸惑ったところはあったのかもしれません。馬体はしっかりしていていいスピードがあるし、一度使って変わってくれると思います」(M.デムーロ騎手)
今日は残念なレースになりましたが、直線で少し追い出しが遅れるようなところもありましたし、レースぶり自体は決して悪いものではなかったと思います。使っての上積みもあるでしょうから、次走の巻き返しに期待したいと思います。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
※この記事の情報等は、キャロットクラブ様より許可を頂きまして転載しております

ということで
調教ではいい走りだったのでしょうが、実戦ではそう上手くいかなかった
ということなんでしょう
鮫島先生のコメントがないので来週の更新になりますが
8着で優先出走権利がなく、ゲート合格から1ヶ月半在厩で調整しましたので放牧でしょうね
来年2月の小倉1200m戦を目標にしましょう

閉じる コメント(2)

不利もありましたので
次走改めてですね。

2018/11/27(火) 午前 6:19 [ 武ちゃん ]

アバター

「武ちゃん」さん、どうもです

次走はダート戦を検討するような感じです

2018/11/29(木) 午後 10:34 うまギッタ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事