JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)のブログ

ジャカルタ在住の釣りバカの釣りバカによる釣りバカのためのブログ(釣行後の不定期更新)
お釣かれちゃんです。
デスクつちだです。

さーて今週のJJJさんは。。。

4月8日土曜日、満月大潮まであと3日の中潮、3月にリングアナる社長によって発見された新艇リアンティ号で行ってきましたよ〜。

でメンバーは、、、

先週パリタ号でバラシ2連発喰らってるのでリベンジしたいコメダ隊長
未だマウマウが収まらないヤマチー
工場移転で超多忙のため久々参加の持ってる男ムラさん
家族が一時帰国してる間にコソコソと3週連チャン釣行のつちだ
の4名です。

出港時から風が少々強かったのでタックルをセットしてさっさと寝る体制を整えるものの、風とうねりでかなりの揺れ。先が思いやられます。


日の出と同時にカラハントップ到着!
しかし揺れる揺れる、パリタ号ではおそらくアウトでしょう。

と言いながらも4人同時にキャスティング開始

そして1発目
ヤマチーのちびGT
イメージ 2

少々船酔いのため顔色悪し。



そんでもってムラさん
新アイテムのモンスタードライブでサクッとGET
プラアルアー強し。
イメージ 1

顔隠してっから誰だかわかんねーじゃんか。


結局カラハントップはこの2発だけ。
トップはあきらめてGTロック沖の100mポイントへ。

風が強く船が流されてしまうので300gのジグでも2回ボトムをとるのがやっとという状況の中、「赤いおいしい魚がほしい」と言っていたコメダ隊長に強烈な当たりが。。。
スローのロッドが真下に向いてる〜。
結構出されたぞ??
赤いやつか??

疑念を抱きつつ巻き取り開始。
中層以降抵抗がないので勝負あったかと思われましたが船影が見えたら途端に暴れだしました。
「あれー?あかいやつじゃないかな???」

案の定上がってきたのはGTでした。
今回はネットを使わず船べりでかじ取りをつかんで強制ランディング
イメージ 3

実測18Kg。ジギングとはいえGT自己新、おめでとうございます。



その後もコメダ隊長のロッドにばかりヒット。

5㎏のハタ
イメージ 4

クイーンでスチームになりました。
旨かったー。



鯛?
イメージ 5

こいつはスープの具に



そんなこんなで昼前、だいぶ波もおさまってきたころでした。


またしてもコメダ隊長のスロージグに大きなアタリ
「うぉー止まんねー!!」と言いながらしばらく出されてましたね〜。
「赤い魚じゃないっすね〜カンパチかなぁ」

途中頭を振るそぶりも見せていたのでまず根魚じゃないでしょう。じゃあ何だ?
というわけで上がってきたのはなんとなんと

じゃじゃーん
待望のキハダマグロ8㎏
イメージ 6

いやー完全に確変モードっす。
コモド遠征、先週のパリタ号と全くいいところのないコメダ隊長でしたがついにやりました。
スローのPE2.5号でしっかりランディング。


完全に浮かれてます。
イメージ 8

いやー今週末のアロール釣行にも期待が持てます。
巨大イソンボをやっつけてくれるといいのですが。。。



ちなみにクイーンでこんなんなりました。
イメージ 7

その後はチソロックの温泉につかり疲れを癒してから帰路についたJJJ御一行様でした。


えっ、あっしですか?
コメダ隊長と同時にヒットするもかかりが浅くフックアウト。。。
いやー、コソコソ釣りに出かけるとヤラレ星がついて回ります。


釣れなかったことはさっさと忘れて今週のアロール遠征組の報告を楽しみに待つとしましょう。


最後までご覧いただきありがとうございます。
こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。

この記事に

開く コメント(0)

久々のブログ執筆です。
ご無沙汰してますデスクつちだです。
実は先月もパリタ号で出船してましたが大した釣果がなかったのでブログUPしませんでした。
 
あんまりにも間が空いてるのでそろそろ書かないとなぁ〜
と言う訳で報告形式にて簡潔に。


出船は4月1日エイプリルフール

メンバーは
コモドの疲れも癒えてないアナ部長&コメダ隊長
久々参戦のイーグル
ラトゥー2戦目のロティ氏
と私の5名です。

 
朝一のヒットはコメダ隊長。
イメージ 1

イメージ 2

カラハントップで大き目のGTをしっかりランディング、、、、
かと思いきや中乗りの失態でランディングネットに入らず目の前でポロリ。
キャッチできなかったもののリーダーまで掴んだので船中全員の目視により認定20kgGETっす。


そしてそれに続けとばかりにラトゥーデビュー2戦目のロティ氏にもチビGTがヒット。
イメージ 3

小さ目だけど初GTを落ち着いてランディング、おめでとうございます。


大ドモで一人気を吐いていたイーグルもしっかりGTゲット。
イメージ 4



カラハントップを1周するもダツの攻撃のみになってしまったので、GTロック沖のジギングポイントへ移動。


アナ部長がロースーでバラフエをGET→こいつはシガテラが多いのでパリタに献上。
イメージ 5

私とコメダ隊長は小さ目だけどイソンボww
イメージ 6

イメージ 7


しばらくデスタイムの後にロティ氏と私のダブルヒット。
イメージ 8

どちらも結構いい感じで突っ込んでます。
60mあたりでヒット。一気に20mくらいドラグを出されてから勝負開始。
出された分を回収したところでほぼ勝負あり!
と思いきや残り20mくらいで最後の力を振り絞ってきやがった。
何とかかわしたと思ったのもつかの間、なんとフックアウト!!
回収したジグを見たらなんとアシストラインからフックが外れるという大失態。
スローの細いフックに細いアシストであったとしても犯してはいけない大ミス。
しばらくは茫然として立ち直れなかった。。。。
引きの感じから本命カンパチではなくおそらくGTだったと思いますが悔やまれる1本でした。

で、その横のロティ氏はというと、、、
いいところまで巻き上げていたようですが、なんとPE高切れ。
おそらくノット切れじゃないでしょうか?これもラトゥーの洗礼です、一緒に修業しましょう。


先月新艇リアンティ号でアカムツの実績があった100mオーバーのポイントを数回流すとコメダ隊長にヒット。
イメージ 9


今回は絶対に獲りたい。。。
と言っているそばからイーグルにもヒット。
イーグルのヒットを見て普段は何もしないパリタがなんと船を動かしてしまう。
コメダ隊長がランディングまであと少しというのに・・・
これが致命傷となりコメダ隊長のラインはスクリューに切られてしまう。
コメダ隊長激怒!!1度ならずも2度までも・・・


こうなったらイーグルは絶対獲らないとコメダ隊長の怒りが収まらない。
緊張の中ようやく浮いてきたのは本命アカムツ!!
遂にやりました。食べておいしい魚GETです。
イメージ 10



そうです、語れる魚より食べれる魚っす。
お父ちゃんは大手を振って愛する家族の元に戻れます。
おいしい魚を家族に食べさせてあげましょう。

家族に振る舞うための料理指南をしていたらイーグルはかなり早い段階で
「アニキ、お宅に持ち込むんで調理お願いします。」と言い出した。

仕方ないので「割烹つちだ」開店しました。食材がある時だけ開店します。
イメージ 11

メニューは、、、
アカムツ鍋
アカムツの煮つけ
アカムツ&イソンボの握りと刺身
最後は濃厚アカムツスープにうどんをぶち込んで仕上げ。
あーうまかったっす。


出港前にちょっとしたトラブルがあって落水者が出ましたがそれはなかったことにしましょう。

以上、報告終わり。

つちだ


最後までご覧いただきありがとうございます。
こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。


この記事に

開く コメント(1)

コモド遠征 ハプカ艇

申し訳ありません。
現在鋭意執筆中です。
今しばらくお待ちください。

JJJ

この記事に

開く コメント(0)


ご無沙汰してます、馬並です。いろいろあって、現在バンコク駐在ですが、久しぶりにJJJ釣行に参加しましたので、釣果報告いたします。

3月27,28日の両日、JJJメンバー8人でコモド遠征に行ってまいりました。4人ずつ2艇に分かれて、二日間の短期決戦です。

コモドでの釣りのベースとなる、フローレス島ラブハンバジョの某レストランに全員集合しての前夜祭。
イメージ 1
3次会まであったやらなかったやら。馬並はすっかり衰えてしまっていて、1次会で帰ってしまったので、あとのことは知りません。

今回使用するボートは、コモド海域を知り尽くしたヌルディン船長が操るカイザーと、有名GT船長のアデ船長のハプカの2艇(ただし、アデ船長は乗船せず)。
イメージ 2

以降、馬並が乗船したカイザー号の釣果報告です。

カイザー号は、コモド島の美しい島並を遠くに眺めてコモド島南側のポイントに向かいます。リンチャ島周りは、最近釣果が上がっていないとのことで、今回の釣行ではコモド島南から南西のポイントを集中的に攻めました。
イメージ 3

今回は、雨がちで、潮の濁りや低水温のため釣果はさほど期待していませんでした。まあ、あまりよくないコンディションの中で、カイザー艇では、連日10匹前後のGTキャッチとその他かすみあじ、ぎんがめあじ、バラクーダといったGT釣行でおなじみの外道もキャッチできたので、全体としてはまあまあだったのではないでしょうか。

もう30年近く、GTをやっているという、JJJのGT重鎮、猫GとSさん。ナイロンでGTをやっていた時代の話とか聞けて、大変勉強になりました。道具の進化で、ずいぶん楽してGTが釣れるようになったことを改めて知らされました。
猫G、安定のキャッチです。
イメージ 4

前回50キロ弱を上げているSさん、今回も安定の釣果です。
イメージ 5
厳しいコンディションの中で上げた32キロ。今回の最大GTです。

このSさん、1日目にちょっとした事件に遭遇。
イメージ 6
C社のEPというGT用のパワーロッドがいい感じにしなっています。
竿のリフティングパワーを使って、魚を引き上げてきています。

と、突然、バキッっと鈍い音。
イメージ 7
竿が真っ二つに。
ガイド2個分の根元を残して、先の方はラインに沿って海中に落ちていきました。
それでも、この状態でファイトを続けて、ついには、30キロ超えのGTを水面まで引き上げました。 竿付きです(笑)
イメージ 8

竿を折りながらも、落ち着いてファイトをマネージして、しっかりキャッチに持ち込む、Sさんの技量に感服しました。
Sさんの動画UPしました。




キャッチした魚はすべてリリース。
イメージ 17
コモドは、国立公園ですのでパークレンジャーがボートに乗り込み、きちんと魚をリリースしてるか監視しています。が、最終日に、レンジャーが、まだ暴れまわっている元気なバラクーダに対して、「この魚はもう助からない」との弁を残して、晩御飯のおかずに持ち帰ったことはここだけの秘密です。バラクーダ―美味しいのかなー。

私、馬並も、苦心の末、何とか小物数匹キャッチできました。初日は午前中、唯一ボウズで折り返し、午後から釣れるまでミヨシ張り付けの刑に処されるという屈辱を甘受しました。まあ、皆様のなんとか釣らせニャいかんという愛の裏返しであることはよく承知しています。
イメージ 9
イメージ 10

デスクも、GTの他、かすみあじ、バラクーダ―といろいろ釣っていました。さらに、コモドといえば
イメージ 11
冗談です。
ダブルヒット
イメージ 12
そして、トリプルヒット。
イメージ 13

あまり大きいのは釣れませんでしたが、連日全員GTキャッチを達成できて、大満足の釣行となりました。途中、マンタの船べり大ジャンプや、おなじみイルカのボート並走など、豊潤の海を感じさられる出来事にも遭遇しました。
何より、コモドのきれいな景色の中で、気心知れた仲間と過ごす至極の時間、最高の釣行でありました。

また、バンコクから、JJJ釣行に参加させていただきますね。皆さんありがとうございました。特に、今回の釣行幹事として各種調整を担当してくれた広報部長のアナ部長には、この場をかりて特に御礼申し上げます。

では、コモドの美しい海の景色をお楽しみください。いずれも、GTのポイントでもあります。
イメージ 14

イメージ 15

それでは、また逢う日まで。サンパイ、ジュンパ、ラギ。
イメージ 16

報告者:前広報部長 馬並


最後までご覧いただきありがとうございます。
こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。

この記事に

開く コメント(0)

雨期はもう明けた?

どうもアナコンダ部長です。

先月は西風強く、全く釣りにならずボロ負け 涙もうシーズンインしただろうとの事で久しぶりに二艇に分かれて出撃! 確実に釣りたいとアマンダ号に乗り込んだのが3月11日、メンバーは
絶対パリタに乗らんブリ男社長、
ラーメンと言えばブラック社長U氏、
やっとあだ名が決まったルディ社長D氏の社長トリオ
釣り目的で最近赴任した変態ジガーH氏、
初参加のタコ漁師M氏
ワタクシの6名。
パリタ号は鯛会長、名人、デスク、ロティの4人で出撃することに。シティーウォーク福耳に20時集合し、翌日の爆釣を夢見ながら暴飲暴食。予想どおり飲み過ぎて気付いたらすでに23時。あわてて移動。先月は行きで6時間を記録し、今回も5時間…ほんま勘弁してくれ〜 で着いたのは予定より1時間遅れで4時に到着。
すぐにアマンダに乗り込み出港。まあアマンダだし時間は余裕〜。ペンディキャプテンは入院中との事で中乗りくんのみで出撃。パリタは3時頃出港したとの話を聞き、一同『さっさと追い越して先にポイント叩いて釣ってやるぜぇ』と意気揚々。ところがあれっ?港出て火力発電所前で急に引き返したぞ⁈ 中乗りくんに聞いても『・・・』無言。まさかのエンジントラブルで帰港。何があったんやと聞いても『・・・パナス』。そら煙出てるから見たらわかるわ! 仕方なくしばらく様子見。インドネシアあるあると割り切る一同。
イメージ 1

途中エンジン掛けて、明らかにエンジン音が改善され期待高まる一同。しかーし全く出港する気配なし… おいっ、どうなってるねん!と聞けどまたしても無言…
気付いたらすでに辺りはすっかり日が昇って7時。ペンディ関係者全く役に立たず出港断念。
途方に暮れながらも諦めきれない一同、その場で手伝ってくれていた別の釣り船関係者に聞くもスピードボートは小型一艇のみ。
諦め掛けたその時、『あっちの木造船なら皆乗れて3jtで行けるよ』との事。木造船に3jtは高け〜とボヤいてたらブリ男社長が立ち上がった。『2jtなら行っちゃう?』一同頷きブリ男社長交渉しに反対の岸へ移動。すると…
イメージ 2

イメージ 3

かっけー 交渉成立! しかも半裸で登場、惚れてまうやろぉ〜この時点ですでに8時、満潮は10:30なんで昼頃にチャンスがあるはず!急いで出港。因みに新艇Rianteはこんな感じ。パリタより二回り大きくて、5人同時キャスト可能。普段はマグロ船らしく、事前に言えばGPS、魚探?も付けれるとのこと。もちお湯も沸かせちゃう。はい、パリタ アウトぉ〜
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

1日かかりで行けばマグロもOK ! これは次回行くしかないね。船足もそこそこ早く10時頃カラハントップ到着。水潮気味で動いておらず、キャスティングするも反応なくGTロックに移動。
ここで投げるもダツが来る程度で沖へ移動しジギング開始。キャプテンに任せて流すも反応無し。
そこでブリ男社長が100m辺りでカラハントップ方面に流そうとの提案。これが大当たり! ふた流し目くらいでサヤのロースーにヒット。フォールでほぼ着底ぐらいかな? ゴンゴン引くもののカンパチでは無いし走らないのでイソンボでもない。
GT?と思いつつ久しぶりの引きを堪能。それにしても周りの盛り上がりが今一…周りを見ると何とブリ男社長、H氏もでトリプルヒット。そうこうしてると更にブラック社長にもヒットで四人同時ファイト。ラツーでこんなの初めて〜。上がってきたのは…
イメージ 8

いいサイズの赤チビキ。いやぁ〜ラツーもシーズン入りしたね。皆で並んでパシャリ。これに乗り遅れたルディ社長とタコ漁師。ルディ社長はあまりに反応ないので『海底調査しま〜す』と宣言してサビキを準備してる間に皆がヒット。持ってねぇ〜 爆。 周りにヤラレ星がキラキラ !一気にテンションあがってもう一流し。次にかけたのはまたしてもブラック社長。でもなんかウィンウィン言ってるぞ?! 電動ジギングやんけ〜何やら先日バリで500gジグしゃくって丸坊主、すっかり懲りたらしく今後ジギングは電動以外ヤランとの事。 
1発目に掛けたときは、横でサヤがスローで掛けたのを見ててすぐ巻取りスピード調整しピッチを変えてヒットさせてるし早くも電動ジギングを操っている。やるね〜。
イメージ 9

イメージ 10

上がってきたのは7.8kgのハチジョウアカムツ? 
でも社長、JJJでは還暦超えないと電動使用はNGっす。
ブラック社長アウト〜さてお次に掛けたのは。。。なんとヤラレ星が頭上に遭ったはずのルディ社長。しかも結構いい引き。同じくアカムツ7.2kg。
イメージ 11

ここまできたら何とか全員キャッチしたい。皆の熱視線を感じつつ焦るタコ漁師。
アタリも無くなってきたため最後にカラハントップ沖でジギング。
ようやくタコ漁師にヒット。よっしゃー、皆大喜びもあれっ?すっぽ抜けた。
まだ可能性あるからしゃくれーと怒声を上げるとまた食った。と思ったらまたすっぽ抜けた?? カツオちゃんが食い上げてたようでなんとかキャッチ。
イメージ 12

イメージ 13
いや〜よかったよかった。ラツーで6人全員キャッチって初体験かも。最後にキャスティングしてサヤがMT1ゲットしてそのまま寄港。
イメージ 14

パリタ組と合流しいつものクイーンでアカムツ刺身、中華風蒸し焼きにしてもらった。これうめぇ〜 (写真なし)ラツーもシーズンイン、3月末はコモド遠征、4月はアロール遠征、5月はパプア遠征と目白押し。
今年も盛り上がっていくぜ〜え?
パリタの釣果?? 聞かないで上げてください 爆

最後までご覧いただきありがとうございます。
こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事