JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)のブログ

ジャカルタ在住の釣りバカの釣りバカによる釣りバカのためのブログ(釣行後の不定期更新)

ご無沙汰しております。
イーグルです。
12月の3連休+1日休んで、アロール遠征に行ってきました!!
メンバーは、コメダ隊長、アナ部長、ムラさん、タコ漁師、ヤマチ−、イーグルの6人です。
 
の前に、先日、ジャカルタで行われていたフィッシングショーに、ゲストとしてプロアングラーの児島玲子さんが参加されるとの情報を入手しましたので、仕事帰りに行ってきました!!
 
イメージ 1
 
どや顔!!
他に日本人がおらず、色々お話できただけでなく、サインまで頂いて、テンションUP!!
ありがとうございます!!これでアロールも爆釣間違いないっす!!
 
そして数日後、仕事終わりから、そのまま深夜便で出発!
空港でライフジャケットのボンベを巡ってボーディングタイムギリギリまで空港職員とバトルし、必殺技3つを駆使するも敢えなく惨敗・・
貨物コンテナの関係で、ガルーダ航空は良いけど、バティックエア(ライオングループ)はダメとのこと。。
インドネシアあるあるですが、毎度言うことが変わる職員にはホント参ります(-_-)
 
そんなこんなでゲートクローズの時間になり...オッサン6人が走って飛行機に乗り込みギリギリセーフ!笑
 
ティモール島のクパンでプロペラ機に乗り継ぎ
 
イメージ 2
 
ビール片手に、徐々にテンション上がってきます。笑
 
お昼前に無事に全ての預け荷物と共にアロール入り
スーパーでビールとつまみを大量に買い込み、いざ船に!! 
 
イメージ 3
 
想像以上にちゃんとした釣り専用船に期待度も上がります。(冷蔵庫、冷凍庫、キッチン、トイレ、エアコン、ベッド完備です!)
 
早速乗り込み、『出港じゃー!!』なんてビールを飲みながら道具を準備するも、なかなか出発しない・・
キャプテンに話を聞くと、オーナーからお金が振り込まれてないから、燃料が空っぽで出港できないとか。。
 
やばっ!我慢汁だらだらのコメダ隊長の目が血走ってます・・汗
 
急遽、我々の手持ちのお金をかき集め、燃料(1トン)を調達!!
少々予定より遅れつつも昼過ぎに出港。
 
イメージ 4
 
ほろ酔い気分で6時間程走り、真っ暗になったところで、ようやくポイントに到着です。

早速船の明かりにイカが寄ってきました。
イメージ 5
 こらそこっ!『ちっさ!!』とか言わないっ!!!

イメージ 6
タコ漁師も満面の笑み!!
でも今思うと、これがタコ漁師の一番の笑顔でした・・ 
イメージ 7
早速、素揚げでおつまみに!
写真の見た目はイマイチですが、焼酎がすすみます!
 
しかしながらイカが自由に泳ぎ回れるほどのゆるーい潮の流れしかなく、メインのお化けイソンボ(ママドギー)の気配なし・・
皆が諦めて眠りに落ちたころ、コメダ隊長とアナ部長は釣ったイカを泳がせて
 
イメージ 8
 赤チビキ
イメージ 9
うっかりカサゴ
粘り勝ちですな!
 
翌早朝、夜明け前に抜け駆けして
イメージ 10
イソンボ改めイソン子・・(顔がぶっ飛んでますが、私、イーグルです。)
 
明るくなってから、激流ポイントでルビー狙い
イメージ 11
アナ部長、朝イチのアンバージャック!流石っす。
 
イメージ 12
ルビーもぽつぽつ釣れだし(普通に10㎏オーバー)
 
イメージ 13
ムラさんも続きます。
 
イメージ 14
ヤマチ−も
 
昼飯に早速カンパチを刺身で!
イメージ 15
 
そしてこんなのも
 
イメージ 16
カンナギ!!
 
夕方キャスティングでGT狙うも・・
イメージ 19
釣れたのはこれだけ・・
 
夕飯には、釣りたてルビーをしゃぶしゃぶにして頂きます!!
イメージ 17
めちゃウマっ
 
釣りの方は・・
イメージ 18
赤チビキ
 
8時頃にヤマチ−に待望の強烈なアタリがあるも、少しファイトした後に300lbsのリーダーをスパッと切られて終了・・
300lbsって・・ハサミでもなかなか切れませんよ?次は500lbs持っていきましょ〜!!
 
そして我らがコメダ隊長も体調を崩しグッタリ・・あの隊長が海を前にして釣りをしないなんて、よほど具合が悪かったのでしょうっww
その後は結局朝まで何も/誰も起きず。。
 
いよいよ迎えた最終日。ドラマの予感!!
 
朝からキャスティングGTやるも、全く反応なし
昨日の激流ポイントに移動し、ジギング開始するも潮がゆるーく、反応なし・・
何度も流していると、たまにキハダが回遊してくる
イメージ 20
 
水深150m→70m→130m→100mて感じの地形で、かつ激流のため少し油断すると即根掛かり。。ジグのロストも半端ないっす。(そもそも500g以上のジグで、1回底とれるかどうか)
 
と、またもやヤマチーに強烈なアタリが!!
なにやら悶えてるwww
イメージ 21
 
早く上げないと、根ズレしますよ〜なんて言いながら、早々に単独ファイトを諦めたヤマチ−からロッドを受け取ると、巻き上げどころか竿を立てるのも精一杯!汗
イメージ 22
 
とても1人では無理と判断し、みんなで交互にファイト。相手が弱るのを待ちます。
イメージ 24

イメージ 23
ぷるぷる震える腕と腰・・ (歳のせい?いやいや、魚のせいです!笑)
高まる期待!踊るココロ!
ついにママドギー(お化けイソンボ)キターーーー!!
これは50㎏以上間違いないっすね−なんて言いながら、慎重に30分以上かけて浮かせてきます。
そして遂に銀色の魚体が!!!!!!
イメージ 25
あれ?なんか黒くね?
 
イメージ 26
あれ?なんかしっぽ長くね・・・・?
 
イメージ 27
「うわー、やっちまった〜!!!」
 
「ハァ−ーーー」全員のため息がアロールの海にこだまします。。。。
推定50㎏オーバーの尾長ザメ。重すぎて船に上がりません。
 
記念にみんなでパシャリ
イメージ 28
 
2日間ヘビージグをしゃくり続けた疲れがドッと出てきます。。
 
このあとみんな執念で夜まで粘るも
イメージ 29
 
イメージ 30
フォールでイソン子
 
イメージ 31
ギンガメ
 
イメージ 32
GT
 
以上っ!!!
 
「なんだ、ラツーと変わんねーじゃん!!」なんてご指摘は甘んじて受けましょう。。。
でもいいんです!!
楽しかったから。いい夢見れたし。(破れたけど・・)
 
港に帰り、キャプテンと一緒に一枚!
イメージ 33
 タコ漁師から一言もの申す!!「がっぺむかつく!!」

帰りにも、アロール空港で超過料金を巡ってバトル!!
行きは1ジュタちょいだったのに、帰りは4ジュタ超も請求してきやがった・・
 
我らが最強のネゴシエーター、ヤマチ−とタコ漁師が1時間以上ネゴし(お姉さんチャンティックね作戦。笑)、最終的に1ジュタちょいで合意。。(飛行機が遅延して良かったっす。笑)
さっきまでバトってたのに、また来てね−と笑顔で見送ってくれるカウンターのお姉さん。。チャンティック作戦が効いたのか?インドネシア人の切り替えの早さには脱帽です!!笑
帰りはハリム空港に着陸し、無事解散・・
 
な〜んて上手いこといくわけがありません。笑
着陸態勢に入ったところで、ハリム空港施設のトラブルにより着陸できず!!
上空で待機すること1時間・・
そろそろ燃料切れでスカルノハッタ空港にダイバートか!?ってところでようやくエラー解消し、予定より2時間遅れで無事にハリム空港に着陸しましたとさ。。
 
 
後日、アロールで釣った魚を持ち帰り、プチ忘年会やりました!(@海宝丸さん)
イメージ 34
 
ということで、今年もお釣れかれ様でした!
なんて、あまっちょろいことは言わずに『年末ジャンボ魚釣り!!』行きたいな〜
正月用の魚を釣らなきゃね!笑
 
ではでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

この記事に

開く コメント(0)

JJJブログご愛読の皆様

大変ご無沙汰を致しておりますデスクつちだです。

えーJJJメンバーはボチボチ釣行には出ておりまして、ラツーでアカムツが爆釣したり、パリタ号でエチオピアしか釣れなかったり、そうかと思えばプロウスリブの接待マンチングでカカップメラが爆釣したりとブログの題材には事欠かないのでありますが、なにぶん筆不精の輩が多ございまして。。。

つい先日はアロール遠征にも出かけたメンバーがおりますので釣行記は年内中にイーグルがUPしてくれると思います。

2018年は心機一転ブログでの発信を増やしてまいりますので、何卒ご愛読いただきますようお願い申し上げます。


こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。

この記事に

開く コメント(0)

子供にとってはクリスマス、お正月のお年玉。
父ちゃんはボーナスは入れど何もなし?

どうもアナ部長です。

だぁ〜いぶ前のお話。
元々クラカタウに遠征を計画したものの、船は高け〜わ、人も集まらないわでバリに変更 爆。前からしたかったジギング縛りで8/5,6の2日でツアー決行。

集まったのは遠征と言えばこの人コメダ隊長、ルディー社長、ムラさん、タコ漁師、Sさん、アナの6名。半分がジギング初心者、大丈夫か?

2週間前に猫Gがキャスティングで臨んだが、ウネリあり、キャスティングもままならず2日2人で2キャッチだったとのこと、初日もかなりウネリが残っていてレンボンガン周辺は諦め、ペニダ島南、バトゥボロン沖でジギングスタート。釣りづらい。こんな感じ

イメージ 1


何回の流しでヒット!でもすぐフックオフ?気を取り直してシャクっているとまたヒット。今度はしっかりフッキングした、と思って巻いてると急に軽くなった。アレ?また外れた?念のためジャークしてたら魚の反応あり。食い上げ?訳が分からず巻いてるとまた軽くなった。上げてくるとアシストごと無いし。周りはヤラカシタとやいや、やいや。イヤイヤ鮫でしょ、多分?

しばらく反応なくなったのでロースーにチェンジ。これが正解でヒット! ふふふ、カンパチゲット。7kgかな? ヒットジグはQUICK Zero One 350g。

イメージ 2


続いてはコメダ隊長にヒット。サイズアップで8kg。
イメージ 3


潮が止まって反応無くなったのでペニダ島西側の激流ポイントに移動。ここは2年前にアナコンダカップでカンパチ上がり、デスクも別の日に12kgを上げたポイント。期待するも反応なし。表層が騒つくのでキャスティングするも、サヤに一度サワラがヒットするもまたフックオフ?バパ・ルルース  初日はちょっと寂しい結果。

2日目、風はあるが昨日より波はまし。
朝一は激流ポイントからスタート。北側は魚探に反応あるも何も起こらず、南側の馬の背ポイントに移動。ここが大当たり!

まずは今回初バリのSさんも見事カンパチゲット。

イメージ 4


同時に小職にもヒット。今日はワンピッチで8kgカンパチキャッチ。でーうーですな^ ^

イメージ 5


ルディ社長もキャッチ!でも社長業にお疲れなのかすんげ〜ヘッピリ腰 笑

イメージ 6


イメージ 7


すかさず隊長もキャッチ。さすがっす。

イメージ 8


残るはあと二人。地合いん逃さず初バリ、ジギング初心者のタコ漁師にもヒット!

イメージ 9


イメージ 10


が、目の前でポロリ? 
何回かヒットするもフッキング甘く、撃沈。まぁ、初めはそんなもんっす。諦めず経験値増やしてデカイの釣りましょ。( 実はその後も修行はつづく?)

最後の最後にムラさんがキャスティングでカツオゲット。何とかボウズは免れ一安心。

イメージ 11


イメージ 12


全体的に渋かったものの、裏シーズンでもジギング成立する事が分かった。しかも潮が流れてる時はバトゥーボロン沖、潮止まりは激流ポイントに行けば一日中ジギングが楽しめる事が分かったので収穫だった。

次はシーズン真っ只中の2月にアナコンダカップ! デカイの釣りまっせ〜

イメージ 13


イメージ 14



最後までご覧いただきありがとうございます。
こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。


この記事に

開く コメント(0)

祝 ナダル復活、全仏優勝!!

どうもアナ部長です。

コメダ探検隊長の『Alorを開拓を開拓ぞ!』の一言で決行した今回の遠征、集まったのは新しい事大好きヤマチー、釣り道具の開拓も大好きルディ社長、アナの釣りバカ四人。以前マナドに探索釣行する際、色々ネットで調べてた中でとんでもない物を見つけてしまった。何じゃこれ!?

イメージ 1


こんなモンスターが居るなら行くしかないやろ?ということで計画された。でも実はこの四人、つい数週間前にもコモドに遠征した際トラブルまみれの同メンバー。今回は大丈夫か?

アロールはこんな所(地図参照)。
イメージ 2



ジャカルタ朝3時に出発、クパンを経由して9時にアロール空港到着。空港ちっちゃ! 田舎の無人駅みたいな空港。逆を言えば全く観光地化されておらず、そのままの大自然、街並みが残っているっていうこと。期待は膨らむばかり。


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

途中街中?で買出しをして港に着くと、すっげー  めっさいい感じの船やん! 


イメージ 6

イメージ 7




サヤのタイ駐在時代、釣り仲間に誘って貰ってプーケットから西に行ったシミラン諸島に船中泊でジギング遠征に何度か行った事があって、年1、2回目の大好きなイベントだった。今回もJJJの仲間と同じような楽しみが出来たらと期待していたがびっくりした。船に冷蔵庫はあるわ、寝室には何とクーラー付き! 釣行の快適さを大きく左右される寝るとこジャンケンの必要が無い 爆。 と言いつつ、寝床は重要なんでジャンケンして上段のいい所確保。



イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13




港からポイントまでは7時間の移動。思い思いに移動を過ごし、初めのポイントに着いたのは日も暮れ始めた18時。ここで停泊して夜を明かすと言う事でアンカーをしてジギングスタート。中乗りが言うにはキハダポイントで、ベイトが小さいので100gぐらいのジクを使えとのアドバイス。はぁ? 激流ポイントばかりで500g以上がメインで小さいのは要らんって聞いてたので200g未満は持ってきてねーよ。事前情報ではPE 8号、500-700gジグを10個は持ってこいと。でもまあ小さめのシルエットなら釣れるやろと思い、クイックZero1 350gを投入。すると早速ヒット。小さいけど幸先いい感じ。



イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14



しばらく中乗り君も入れて船中キメジ祭り! 最大はコメダ隊長の12kg。


イメージ 16


イメージ 15


あれっ、一人だけ参加出来てない人が居るぞ。持ってる男ヤマチー、ポイントに着くやキャプテン達の釣り方を見て釣ろうと勇んでミヨシに移動。でも釣れない。たまらず我々の居るトモに戻るってシャクるも釣れない? アセるヤマチー、隊長に教えを乞うも釣れない。ぷぷぷ
あ、ちゃんと他の魚は釣ってましたよ。赤チビキと変なアジ系の魚。おちょぼ口なこれ何て魚?


イメージ 18


イメージ 17






1時間ほどしてキメジ祭りも終わり、晩御飯。これが美味い! 飯も美味くて魚も釣れてたまらんね。


イメージ 19

イメージ 20



食事も終えて集魚灯をつけて再開。次の祭りはコヤツ、黒タチカマス。


イメージ 21


ばかばか釣れるけどなぜかどれも傷だらけ。??と思ってるとコメダ隊長にまた黒タチカマスがヒット、から急に走り出した。一同、もしやお化けイソンボ?と期待しつつ上がってきたのは?


イメージ 22


推定25kgのバラムツ! コメダ隊長の話では赤バラを釣る練習で狙うぐらいで、釣り物としてはイマイチとの事。確かに見た目もグロいし、オイルフィッシュって言われるだけに美味しそうには見えないな? その後アナとヤマチーもほぼ同サイズをキャッチ。隊長がチンチクリンの変な魚をキャッチした後は流れがキツくて700gでも底が取れず、別ポイントに移動し潮がおさまる3時まで就寝。初日から飲んで釣って疲れて皆んなぐっすり。

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25




なんとかサヤが起きれたのが3時半頃、目をこすりながらトモに行くと流石隊長、とっくに起きてシャクってるし。すでに中乗り君が釣った10kg弱のイソンボが横に転がっている。一気に目が覚めてジギング再開。程なくして隊長ヒット!

ガガガッ ガガガッ ジー プツッ

あどぅー リーダーブレーク。横で見てて凄かった。横に走った勢いで隊長が上下に激しく揺さぶられている。あまりに激し過ぎて笑ってしまった。

これは期待大! 早速メジューム300gにケツトレブルつけてスタート。するとまたしても隊長ヒット。今度は落ち着いて無事キャッチ。まずは12kg。


イメージ 26



その後サヤにもヒット。残念ながら6kgくらい? その場の議論でアロールでは10kg未満はイソンボと認定しない事になった。
その後はアタリも無くなり更に西へ移動。2日目は根周り、ドロップポイントでジギングすると赤チビキ祭り。キャプテンにいたっては超ライトロッドで竿を折りながらもキャッチ。ノリノリ 笑




イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30



最大隊長の11kg。サヤもギリギリ10kgサイズキャッチ。普通なら嬉しいとこだが、今回の目的はお化けイソンボ。これぐらいでは喜べない。しかし、特にドラマも無く、夕食タイム。ヤマチーが拾った(爆)ウッカリカサゴを中華風スチームにしてもらった。これまたうめぇ?


イメージ 31




しかしちょっとした問題が?酒が足りねー。ビール多数、焼酎1.5L、ウイスキー1本持って来て、隊長が飲めないにもかかわらず全く足りん! 初日に舞い上がって飲みすぎた (苦笑)。

食後は前日と打って変わってアタリが無い。潮も早くなり、おさまるまで仮眠する。再開一番手はもちろん隊長。二番手アナ、三番手以降は起きて来ず 笑。なんと隊長すでにバケモノ級が二度掛かってブレークされたとのこと。昨晩と違い潮がまだ速いので隊長は巨大インチク、サヤはクイックZero1 350gで攻めてみた。すると、

ガガガ ジー プツッ

あどぅー  隊長ほどのデカさではないにしろ、何も出来ずリーダーブレーク。130lbでも刃物には全く抵抗出来ず。かと言ってワイヤーも持ってなかったし、ロングジグでは底どりも取りづらく何も出来ぬまま終了。

3日目、東の港へ戻りながらのジギング。
まずは2日目同様に赤チビキ祭り。赤いのはもういらんねんと思っていたら。。。ルディ社長にヒット!! 今までと引きが違う。上がってきたのは13kgのイソンボ。いい顔してるね〜


イメージ 32

イメージ 33



この海域、あまりカンパチはいないとの事だったが、魚探を見てると1か所だけ気になる根のポイントがあった。キャプテンに流してもらい着底と同時にしゃくるとドン!!


イメージ 34

イメージ 35



サイズは小っちゃいけどイメージ通りに狙って釣れたカンパチ、うれし〜まだ居るはず。再度同じところを流してもらうとさすが隊長、しっかりキャッチ。
このポイントに入る前、二人でここなら早めのワンピッチが効くねと話をしていた。
二人とも舞い上がってハイポーズ

イメージ 36

あたりも落ち着いたので、キャスティングでGTが狙える島周りに移動。ヤマチーが見事2キャッチ。


イメージ 37

イメージ 38



最後はキハダ祭りで締めようと期待したが、隊長がサワラをキャッチして終了〜


イメージ 39


景色はきれいだし、何よりも気の合う仲間と時間を忘れて釣りをして飲んで、馬鹿笑いして。。。最高の時間を過ごせました。
キャプテン、中ノリ君もインドネシアらしからぬ働きでほんと楽しませてもらいました。ありがとう〜。シーズンは3−6月と9−12月でその間は海が荒れて出れないらしい。人気船ですでに来年まで予約ほぼいっぱい。何とかもう一回11,12月の空いてる日に行ってお化けイソンボ釣りたいな。

イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44




いつもなら何かしら起こるが、そこは持ってる4人?今回は全くトラブルなく無事終了〜。おしまい

この記事に

開く コメント(0)

久々にパリタ号で行ってきましたデスクっす。

メンバーは
ラトゥー強化月間で毎週出撃中のコメダ隊長
新規加入希望のTさん
わたくしデスクつちだ
の3名です。

いつも通り大した釣果ではなかったので手短に。

まずはア・タ・ク・シ
朝イチのカラハンタップでサクッとチビGTをやっつけました。

イメージ 1

この後におそらく15kgクラスのGTををフッキングしましたが船の揺れで足元がふらついてラインテンションが緩んだ瞬間にバラしてしまいました。
イージーミスっす。ド反省、、、



そして九州でショアキャスティングをやっていたTさんはベイトタックルで挑みます。
しかしながら5バイト、ノーキャッチ。
目の前でチェイスするGTもフッキングできず。
ラトゥーの洗礼を受けられてました。
一緒に修行に励みましょう。



カラハンタップはこのあたりにして沖のジギングポイントに移動。
コメダ隊長が魚探を睨みつけながらパリタに操船の指示を出し120mラインへ。
何度かの流しの後に
「すげー反応出てる、赤いヤツだ!」
叫ぶと同時にジグを投入するコメダ隊長。
こちらも追いかけて投入。

するとボトムをとった直後のコメダ隊長のロッドが一気にしなる。
イメージ 2



「キターーーーーー!!!赤いヤツっ!!
イメージ 3
オオクチハマダイ約5kg

イメージ 4
下のはその後隊長のジグにアタックしてきたガッツあるオオクチハマダイのチビ。

魚探睨みからの狙いすまして赤いヤツGET。
さすが隊長、ほとんどラトゥーの海底が頭に入っているようです。




「さー続くぞー」と気合を入れなおしましたがその後はパッタリ。
いつも通りのラトゥー異常なし状態。



しばらくポイントを探ったあと、、、
ようやくTさんにキタ〜〜〜〜。
イメージ 5
の後ろで余裕のコメダ隊長。

イメージ 7

イメージ 6
初ラトゥーでオニヒラアジGET、いい笑顔だ。


この後夕方まで粘るもこれ以上は出ませんでした。
隊長のオオクチハマダイはいつものレストランクイーンでスープとスチームに。
パリタ号で夕マヅメまでやって疲れ切った体にはとても美味しゅうございました。




そして残ったオオクチハマダイの半身とTさんのオニヒラアジは。。。
釣果がある時だけ開店する幻の某割烹料理店でこんな料理に。
イメージ 8
やっぱ赤い魚の鍋はサイコーっす。

釣った魚を肴に旨い酒を呑む、サイコーに贅沢な週末でした。

以上、報告おわり!

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事