JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)のブログ

インドネシア ジャカルタ在住の釣りバカの釣りバカによる釣りバカのためのブログ(釣行後の不定期更新)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

アナコンダカップは、当初ジギング大会だったところ、GTをやりたい馬並のわがままで、キャスティング船を無理やりたててもらいました。当日の使用艇は、ニューイナミ、船長は長いことお世話になっているバチョーさん。朝一で、馬並が「最近GT釣れてる?」って聞いたところ、「7月や8月にGTする人いないです、GTいるかな〜」との冷たい反応。シーズンオフなので厳しいとは予想してましたが、やっぱりね。
 
キャスティング船に付きあわせられた可哀そうなメンバーは、GT膝抱っこ写真が撮りたいデスク、ベイトロッドでGTをキャッチしたいバスマンしんじろー、GT大好きで馬並の後継者HASHI3人。まあ、もうすぐ日本に帰任する馬並の思い出づくりが目的なので、まあいっか、ということで、バチョウ船長に、「いつも通りに、順番にGTポイント打って行くのでよろしく!!」と指示。バチョー船長は「ジギングやったほうがいいんじゃない。」、、、
 
この時期、南半球は冬のためオーストラリア方面から冷たい海水が流れ込んでくる関係で、水は冷たいし、この日は小潮で潮もいまいち流れてないので、釣れる気がしません。景色を楽しみながらポイントを変えていくけどやはり異常なし。以外にも、途中、思いがけずGTらしきショートバイトがあるもフッキングできず。HASHIもバイトを出した模様。一同、「えー、GTいるんだー」、とちょっとびっくり。

イメージ 1
 
GT1級ポイントのバツーアパには12時頃到着。ちょっと潮が流れていたけど、流れる向きがGTシーズンとはかなり違う。釣れる気しないけど、一番潮が流れているところにルアーを投げてたら、突然GTがフッキング。気を抜いていたのでかなりあわてたけど、体勢を立て直してファイト。
 
イメージ 2
イメージ 3
 
ミヨシに立とうとファイトしながら移動していたら、テンションが抜けたようで、フックアウト。このあとしばらくバツーアパにとどまるも、2匹目は現れず。千載一遇のチャンスを逃してしまいました(泣)
 
バトゥーアパからUターンして、朝打ってきたポイントをもう1回トレース。すると、靴岩のあたりで、大型のGTが激しくルアーをチェイス。3回アタックしてきたけど、ルアーを食いきれず。
 
結局、この日は、馬並3バイト1バラシ、HASHI2バイトと、5回もGTがバイトしました。
シーズンオフで誰もGTやらないから、GTがスレてないのかも!!と、前向きにとらえて、翌日の作戦を考えたのでした。あ、デスクとしんじろうは、異常なかったようで・・・。
 
10日の同船者は、前日キャスティング船の4人と、アナコンダ部長、SM嬢さん。使用艇はカイザー艇。この日は、ジギングとキャスティングを織り交ぜながらの釣り。
馬並の作戦は、12時半頃の潮が流れているバツーアパの一点掛けで勝負。それまでジギングなどで無駄な体力を消耗せずなるべく体力を温存し、バツーアパで投げ倒す、です。
 
ジギングやキャスティングで午前中ポイント移動し、12時過ぎにバツーアパ到着。今日も途中マイナーポイントでGTバイトが出ています。それも、船縁ギリギリまでルアーを追いかけてくる積極的なGTでした。バツーアパに近づくと、遠目にも白波が立っていて、潮が激しく流れているのが確認できました。近づいてみるとシーズン中でもなかなか出会えない超激流。
 
イメージ 4
 
これは、絶対釣れると確信した馬並は、バツーアパ到着とともに激流の中にルアーを投げ込みました。ルアーはもっとも信頼しているGTガンマ160白。数回ジャークしたところで、激しい衝撃。GTのあたりです。昨日のように千載一遇のチャンスを逃さないように、慎重にファイト。
 
イメージ 6
 
今回は、しっかりキャッチに至りました。GTのサイズは小さい方ですが、シーズンオフのバリ島で、作戦通りにGTを獲れたので、最高の思い出になりました。
 
イメージ 5
 
一投でキャッチしちゃったので、後は竿をおいて他のメンバーのサポート。残念なのは潮が速すぎて、ボートが流れの中に入って行けなかったことです。流れの中心を攻められれば、まだ数本はGTが釣れたはず。まあ、安全第一なので仕方ないですね。
このあと、各ポイントでジギング、キャスティングをしながら帰りましたが、この日はこれ以上何も起きずで終了でした。
 
4年間通い詰めてお世話になったバリの海、最後の釣行でも1匹釣らせてくれて、感謝です。何よりも、シーズンオフと言われる8月でも、GTが釣れることが証明できたのが、今釣行の収穫かな。最後に、ジギング釣行だったはずなのにキャスティングさせてくれた、JJJの仲間たちに感謝感謝です<(_ _)>

開く コメント(10)

2月に開催したGT馬並カップに続き、同じくバリで8月9日アナコンダカップを開催!!

ルールは当初ジギング縛りでしたが、GT裏シーズンにもかかわらず「キャスティングさせろ
ぉ〜」と新旧GTおじさんの熱いリクエストに応え、結局何でもアリ、メモリアルフィッシュをゲッ
トした人が優勝に変更。

今回参加の猛者はシャーク馬並の甘い誘いに食いついた日本から参戦のオジキ、バンコク
から前回バリのリベンジを果たすべくタックル8セット?を持ち込んだTida Mau Mau王子、ジ
ャカルタからは現GTおじさんシャーク馬並、次期GTおじさんハッシー(仮)、デスク、Jr、バス
マントモ、ソガッポンの8名が参加。船はジギングメインのカイザー艇とキャスティングメインの
新イナミ艇に分かれて出撃。

イメージ 1イメージ 2

カイザー艇は前日良かったレンボガン島西側の馬の背ポイントでジギングスタート。今日も変
わらず激流。。。500gのジグでもほとんど底が取れない状況。しかも昨日と違い130mから2
0mに一気に駆け上がるポイントの為根掛かり頻発  。そしてまた根がかった〜 と思ったら、
隣でシャクってたオジキにヒット!!

イメージ 3

タックルはMC536+ジガーLD4000、PE6号、ファーストランは止まり一気に勝負!上がってきた
のは何とヒレ長ではなく7.4kgの本カンパチ。この辺にも本カンパチ居るんですね〜。

イメージ 4

オジキ談:船が根掛かりで後退したので私のジグが横走りし、いわゆるトローリング状態となり、
そこに可哀想なカンパチ君がパクリと食い付いた次第です。ですから、厳密にはジギングでは
なくJJJ-T(トローリング)です。

いやいやデーウーですよ、デーウー。お見事!!

朝一のラッシュを期待したもののその後はうんともすんとも。その後転々と移動し、バトゥーアパ、
バトゥーボロンなどなぜかGTキャスティングポイントの周りも攻めるものの異常なし。最後にもう
一度朝一の馬の背ポイントに。相変わらず激流。。。

小兵、ほとんど500gジグロスとしたため、試しにブリ男氏から「絶対役に立つときが出てくるよ」と
託された1kgジグを投入。流石に底はすぐにとれ一気にワンピッチ、と行きたいが重過ぎぃ〜。数
ピッチしてヘトヘトなりギンバルジャークに変更。すると数投目でカツオゲット(写真なし)。さすが
ブリ男氏、ほんまに役に立ったっす。その後も何度かアタリはあるもののうまく乗らず時間終了。

イメージ 5

一方キャスティングチームのイナミ艇はというと。。。
各自何度かチェイス、バイトはあるもののキャッチまで至らず撃沈。
(詳細はキャスティング編にて)

早めに帰港して、打上げは今回趣向を変えてホテルでBBQを開催♪
BBQセット、肉、エビ等はカイザーキャプテンユウさんが経営するマルタカミートに準備頂き、
今回のBBQの為にわざわざ来て下さったSM嬢さんのオモテナシ料理の数々、今回は無理、
といいつつ駆けつけてくれたもっこり会長、運転手なのに焼き係までさせられたイムロンさん
のお蔭でBBQは大盛り上がり。皆さん本当にありがとうございました。

イメージ 6イメージ 7イメージ 8イメージ 9

で、表彰式ですが優勝はもちろんオジキ!!

イメージ 10

2位は。。。一応カツオが釣れたのでわたくしアナコンダ(涙)
3位以下は。。。無(笑)

参加者の皆さんお疲れちゃんでした。
各国から大勢集まって一日中釣して飲んで笑って、最高に楽しい遠征でした。次はGTも
シーズンインする11月以降にまたしましょ〜。次回は第2回馬並カップ?!

8、10日の釣りはキャスティング編、ジギング編でアップします。

イメージ 11

開く コメント(7)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事