オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 神武天皇以来125代づついた天皇の御位を守りましょう

全体表示

[ リスト ]

地震で家が壊れ、
津波で家族を流され、
行政も警察もなくなっても、
助け合っている国 「日本」
その根源には 「ナガサキ」 の哲学がある


節電協力「ヤシマ作戦」
譲り合いの「ウエシマ作戦」

様々な草の根作戦が発動されている。

「ナガサキ」は、
「ウエシマ作戦」の根本哲学をなすものである。



イメージ 1




日本日本らしく

我々我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」と下のリンクをプチプチっとお願いします。
人気ブログランキング 政治 https://blog.with2.net/in.php?1067783
にほんブログ村 政治 https://politics.blogmura.com



世界中が感嘆している。

どうして、無秩序にならないのか?
どうして、略奪がおこらないのか?
どうして、いがみ合わないのか?

震災と津波によって、
町ごと無くなった。
行政も無くなった、警察もなくなった。
そして、財産と家族を失った人々。
食べ物も、燃料も、衣類すらない。

どうして軍事教練もうけていないのに、
こんなに秩序正しいのか・・・。
アメリカのマスコミにのった感嘆の言葉である。

日本は戦後、徴兵もなければ、
戦後教育で骨抜きにされている
それなのに、どうしてだ・・・。

アメリカだけでなく、
ヨーロッパも、
アフリカも、
もちろん中国も。
世界中が感動している。

もっとも、当の我々としては、

いや別に、こんなの当たり前でしょ。
困った時は、助け合いって。
生き残れただけでもありがたいのに、
亡くなった人たちの分までがんばらないと。
またやり直すだけですわ。

こんな感じなのである。

実は、この国の「当たり前」は、
長らく、ないがしろにされてきた。
当たり前すぎて、ほったらかしにされてきた。
それどころか、騙してでも儲けろ、みたいなのがもてはやされたり、
日本は人権が不十分な国とか、「しがらみ」「古い日本」などと揶揄されてきた。

あるいは、黙々と任務を果たしている自衛隊は「殺人集団」
同盟軍として全力で応援してくれるアメリカは「世界の極悪人」
警察は「権力の犬」であって、
被災地で陣頭指揮をとっている公務員たちは「ムダ」
6日で高速道路を復興したNEXCO東日本やJRは「解体しろー」
こんな罵声を投げ続けてきたのだ。


しかし、なのである。

こんな状況になって、
役人たちが私腹をこやしたり、
ぼったくり営業をかけたりする商人が横行したり、
日夜強盗・夜盗が徘徊したり、
そうなるのが「世界の常識」なのである。

世界中は、首をかしげている。
どうして、この国では、そんな事がおこらないのか、と。
その奥に、何があるのか、と。
いや、日本以外の世界に何が「ない」のか、と。

もちろん、それが
民主主義がーーー でも
人権がーーー でも
個性がーーー でも
あるいは
中華がーーー でも
仏教がーーー でも
キリスト教がーーー でも
ないことは明らかだ。

そんなのは、欧米諸国・中国・インドには、
より濃厚にあるからなのだ。

あの中国人にして、

「この民族は、尊敬できる」

と言わしめる何かが、
この国にはある。


さて、ブログなので、前ふりはここまでにして、
一気に本質にゆく。

我々が「ごく当然」「当たり前」だと思っている、
この助け合い、譲り合い、思いやり合いの精神を、
古い日本、すなわち「ヒノモト」「ヤマト」では、
「ナガサキ」と呼んでいた。

この言葉は、我が国が遠い昔
「トコヨ」として建国された時からの
こころの拠り所、であったようだ。
いまやこの言葉は失われているが、
その精神は、脈々と受け継がれている。


「ナガサキ」とは、

「ナ」・・・あなた、なんぢ、即ち、「相手」ということ
「ガ」・・・我が家の「が」と同じ、即ち、助詞の「が」あるいは「の」のこと
「サ」・・・さち、幸せ、即ち、「関わりあう皆が幸せ」ということ
「キ」・・・来た、きざす、即ち、「来る」ということ

「あなたの幸せが来た」

もっと単純にいえば

「あなの幸せが”先”」

と言う事である。


困っている、ものがない。
でも、相手に使ってね、先にどうぞ
という心遣いが「ナガサキ」である。

哀しい、虚しい。
でも、大丈夫、私は後でいい
という心遣いが「ナガサキ」である。

思いやり、譲り合い、助け合い

これらはみな「ナガサキ」の表れである。

被災地で、誰もが「俺が、俺が」と言わない。
被災地で、誰もが「あなたに、あなたに」と言う。
東日本で、西日本で、誰もが「被災地を」思っている。
陛下が、「被災地を思って、心を通わせ」とおっしゃる。

ここには、「日本」があり、
そのみなもとの、「ヒノモト」があり、「ヤマト」がある。
「ナガサキ」が、あらわれている。


明治以降、我々は西洋近代文明を取り入れ、
我が国古来のものを下に見て、捨てようとしてきた。
古来のものに「封建的」「土着的」「古い日本」とレッテルを張り、
撲滅しようとしてきた。

しかし、大震災は、それらが「幻想」に過ぎないこと、
もし、我々がそう進めば、
「世界の宝」を失ってしまうことを教えてくれている。

津波は、明治以来の近代都市を消滅させた。
大地震は、明治以来の近代国家を消滅させた。
大震災は、明治以来の近代技術を暴走させた。

風景は、江戸時代に、いや、弥生・縄文時代に戻った。
人の心もまた、江戸時代に、いや、弥生・縄文時代に戻った。

そこには、助け合いがあり、おもいやりがあり、譲り合いがあった。

政治主導をもてあそぶ「近代思想」の権化である政権は、
まったく何の役にも立たなかった。
戦後エリートたちは、立ちすくむだけだった。


我々は、近代化、西洋化、民主化、という幻想から覚めねばならない。
世界は、そんな所に感動しているのではない。
我々は、そんなもので、この国を成り立たせているのではない。


「ナガサキ」

日本は、復興する。
「ヒノモト」として、復興する。
「ナガサキ」の精神を、こころに秘めて。



すめかみの ちかいおきたる
くになれば ただしきみちの
いかでたゆべき

(皇祖の 誓いおきたる
 国なれば 正しきミチの
 如何で絶ゆべき)

吉田松陰




イメージ 2




日本日本らしく

我々我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」と下のリンクをプチプチっとお願いします。
人気ブログランキング 政治 https://blog.with2.net/in.php?1067783
にほんブログ村 政治 https://politics.blogmura.com


転載元転載元: オノコロ こころ定めて

閉じる コメント(2)

顔アイコン

昨日や今日の歴史が作ったのではない、
「ヒノモト」「ヤマト」の精神は日本そのものですね、本当の日本人出なければ、理解できない、崇高な魂、
いつまでも、と祈ります。

2011/9/13(火) 午前 10:35 [ 白い蓮 ]

顔アイコン

今こそ底力を!ですね。

2011/9/13(火) 午前 11:48 [ suiminntyuu ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事