オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 神武天皇以来125代づついた天皇の御位を守りましょう

全体表示

[ リスト ]

女性宮家創設・そこへの旧皇族の養子入りは皇室の伝統に反し、
天皇陛下のお考えでもありません。
羽毛田宮内庁長官およびその背景にいる勢力の「自作自演」劇です。
旧宮家の復帰だけが正統かつ、この国を安定永続させる道です。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
できましたら、【拡散・転載】お願いいたします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


この記事では、中川八洋 皇位継承学概論 「『皇統断絶』、ビジネス社・『女性天皇は皇室廃絶』、徳間書店・『悠仁天皇と皇室典範』、清流出版・『小林よしのり「新天皇論」の禍毒』、オークラ出版」より、そのエッセンスを極力平易にお伝えしたい。



●真実の「直系と傍系」

直系というのは、自分の子供達が大事だからそこに皇位を継がせる、などという、「皇位の私物化」ではなく、神武天皇と自分と未来の天皇たちが男系だけで「直結」という意味。

「天皇の位は(皇祖皇宗から)預かったもので、われわれの私有ではないことを大切に考えて欲しい。」(貞明皇后が皇太子殿下(後の昭和天皇)に宛てて)





こういう観点で表現された、皇室の系図が正統であり、具体的には次のように表現される。(ソースはこちら
  • 男性天皇青地女性天皇赤地
  • 天皇(夫)と后(妻)は青太線で(別の妻経由で)繋がっている。
  • 夫妻間を結ぶ青太線の下に子が黒い線でぶら下がっている。
  • 下向き矢印は同一人物。
  • 天皇の上下の順は皇位継承順に対応。
  • 今上天皇から神武天皇までの繋がりを赤線で表している。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 1

この真中の赤いライン、これが「今の天皇陛下にとっての」直系である。

図の右側に、黒線でつながって歴代の天皇陛下がおられる。
各天皇が御在位の時は、その天皇陛下に向かって直系が決まっており、
直宮に皇胤がないなどの原因で直宮に皇位が継承されない時は、
傍系に皇位が移り、そこが新たな直系」となる。
これが繰り返されて、「今の天皇陛下にとっての」直系になったのだ。

もう一度最初の図を示しておこう

イメージ 5

皇胤が授からなかければ、そこで終わる「枝(傍系・支系)となる。
「枝」が行き詰まりになれば、
「幹」に戻って別の「枝」に皇位が移り、
そこが新たな「幹」となる。
大きな「枝」が絶えた時は、より根元に戻って別の「枝」に移る。

でも、どの「枝」も、どの「幹」も、根っこは、神武天皇である。
どんな天皇陛下も、必ず、男系で神武天皇に戻る事ができる。
これは神武天皇以来125代の「全ての天皇陛下」が満たされている条件だ。

この新しい「幹」の受け皿こそが、「宮家」なのである。
「宮家」は傍系にあるが、しかし、いつ「直系」になってもおかしくない、
天皇予備軍(皇位継承予定者)なのである。

直系というのは、自分の子供達が大事だからそこに皇位を継がせる、
などという、「皇位の私物化」ではなく、
神武天皇と、自分と、未来の天皇たちが男系だけで「直結」という意味なのだ。


●真実の「男系と女系」

さて、もし、愛子内親王が天皇に即位されたとする。
愛子「天皇」は天皇であるがその父は皇太子殿下であるから、
「男系・女性天皇」ということになる。
愛子「天皇」から男系できちんと神武天皇につながっている。
しかし、この子供はどうだろうか・・・。

皇室の伝統には、女性天皇が子供を生まれた歴史はない
それどころか、
  結婚されないか、
  皇族と結婚されて未亡人になっておられるか、
どちからかしかない。
もし、ご結婚され子供を生まれ、そこに皇位が継承されたとしたら・・・。

当然、「新たな直系」が決まることになる。
そして、その「直系」を遡っていくと・・・。
残念ながら、歴代の天皇陛下と違って、この方だけは、
「神武天皇」にはたどり着けない。

すなわち、ここについに、
「歴代の天皇陛下と全く違う」天皇が生まれる事になる。
これこそが、「皇統断絶」に他ならない。

イメージ 6
天皇という位は、125代代々継承されてきた。
歴代天皇陛下が、「思い」に基づいて皇位を左右されていた訳ではない。
10代、20代、30代、・・・、100代、110代、120代
とその継承が行われた結果、
皇位は、「歴代と同じように継承」することが、正統性の根拠となっている。

無論、三種の神器、天壌無窮の神勅、大嘗祭・・・
これらは皇位継承に欠かせない。
正統性を裏付けるものになっている。
しかし、それをさらに正統化しているのは、その継承の儀式、継承の御印が、
125回も繰り返されされ、代々受け継がれているということなのだ。

「歴代と同じように継承」するが故に、
三種の神器、天壌無窮の神勅、大嘗祭は欠かせない、ということなのだ。
これが、125代の重みであり、
世界中の王家の中で、我々の皇室が至尊とされている根源でもある。

もし、新たな方法で皇位を継承するというなら、
そこから「初代」ということになるだけだ。
それは「天皇」とすら呼べず、
おそらく単に「日本国王」とでも呼ぶしかないだろう。

もし、「初代」になるのがいやだというなら、
その新たなルールは過去に向けても適用されることになる。
つまり、男系で過去に遡るだけでなく、女系でも遡らなければならない。
すると、例えば、藤原氏こそが皇室のルーツだということになるだろうし、
あるいは、今上天皇が言及されているように、
歴代の皇后の中には百済から帰化された末裔もおられたのだから、
皇室のルーツは朝鮮半島だという話にもなりうる。
わたしは、ここまで見越して、在日勢力は、「女性宮家・女系天皇」を推進していると判断している。


●真実の「女性宮家(=女系宮家=女系天皇=皇統断絶)」

これから、政府は「女性宮家」の創設に着手するという。
過去に、「女性宮家」などというものはない。
一切ない。
なぜなら、「宮家」というのは、
いつでも「直系」になってもいいという、
「直系」のスペア(=皇位継承者)だから。

もし、「女性宮家」などというものがあれば、
その子供たちは女系となる。
そこに皇位が継承されたその瞬間、
上に述べた「女系天皇」が誕生して、皇統は断絶してしまう。
だから、これを避けるために、
「女性宮家」などというのは「禁止」されているのだ。

つまり、「女性宮家」とは「女系宮家」に他ならず、
「女系宮家」に皇位継承すれば、自動的に「女系天皇」となって、
「皇統断絶」になる。

  「女性宮家」=「女系宮家」=「女系天皇」=「皇統断絶」

なのだ。

どうして女性を排除するのか女性蔑視でないかと、
問われる方がおられるかもしれない。
最後に、この質問に答えて記事を終わろう。
その答えは、「なぜこんな仕組みが設けられたのか」ということを問えば分かる。

端的な答えは、「皇位を安定させるため」だ。
別の言い方をすれば、
「君臣の区別をつける」「誰でもが天皇になれる、というのを排除」するためだ。
  権力を握った武将・政治家が天皇の娘・皇女を娶れば新たな天皇に、なる。
これでは皇位は権力に左右される。

天皇の位をめぐって、争奪戦が繰り返される。
その結果、民の暮らしはどうなるだろうか・・・。
戦乱に踏みにじられ、新政権に踏みにじられる。
それは現に、各国で繰り返され、特に中国ではそれが歴史と言っていい。

しかし、我が国には、皇統断絶=革命はなく、
  民の暮らしは安定している。
  人間関係も安定している。
  価値観も安定している。
つまり、安心や信頼が、空気のようにある。

武力で最高権力者になった者は、権力を国民全体に及ぼそうとする。
中国を初め世界各国の歴史をみればそうなっていると言わざるをえない。
しかし、我が国では、最高権力者たる天皇は、代々、
「権力を振るわれない」ことを原則とされている。
「権力を振るわない」ために皇位につかれるのである。
ここにこそ、この民族の叡智がある。

だから、
  民の暮らしは安定している。
  人間関係も安定している。
  価値観も安定している。
安心や信頼が、空気のようにあるその源泉は、
「権力を振るわれない」皇室にあるというべきなのだ。

つまり、「民の暮らしの安定のために、皇位は限定されている」のである。

男系への限定、女系の排除は、
別に男尊女卑でもなんでもなく、
「民の暮らしの安定」のための、
結果としての限定なのである。

男尊女卑でないその証拠に、宮中での皇后の発言力は大きく、
皇后の実家、平安時代以降は藤原氏の発言力が大きかったことは、
言うまでもないことだ。
このバランスの間で、皇位の安定=民の生活の安定、が保たれているのだ。

これから、政府は「女性宮家」の創設に着手するという。
これが
  どれだけの「皇統冒涜」
  どれだけの「国家破壊」
  どれだけの「民の生活の破壊」
になることか、お感じいただけるだろうか。

本来、皇位継承には何の心配もない。
旧宮家には男系男子の若年皇族が15人もおられるからだ。
女性宮家・女性天皇・女系天皇を排斥し、
旧宮家に皇室に戻っていただくこと、
たったこれだけのことで、この国の未来は未来永劫続いていくのである。


●追伸 真実の「宮家の養子の禁止」

1つだけ追記しておきたい。
保守系の政治家の中には、
「配偶者が旧皇族など男系男子血統であるならば、
女性宮家を設けてそこに養子入りしてもらえば許容可能だ」
という説を述べるものがいる。

しかし、これは不可である。
確かに、この場合は、男系で神武天皇に遡る事は可能だ。
しかしながら、もう一つ、大切なものを捨てることになる。
それは何かといえば、
  皇位は、「歴代と同じように継承」することが、正統性の根拠となっている。
という事を、自ら崩壊させることである。

「女性宮家を設けてそこに男子皇族を迎え入れた」
こんな例は、皇室にはない。
「臣下となっていた男子”皇族”を皇籍に復帰させ、
そこに内親王が嫁がれた」
という事例はある。
無論、即物的な現象としては同じ事だろう。
しかし、意味合いは違う。

「女性宮家を設けてそこに男子皇族を迎え入れた」宮家というのは、
また「初代」の「別宮家」となって、
125代の代々の天皇、それを支えられた宮家とは「別種」のもの
とならざるを得ないからだ。
宮家としての正統性がなく、単に血統がつながっているだけになるからだ。

なぜ、こんな事をする必要があるのか。
なぜ、旧宮家を排除するのか、
なぜ、新たに作られる「別宮家」などというまがい物をつくろうとするのか。
そんな事は必要ない。
そんな事では、皇位が未来永劫安定して継承され、
この国が未来永劫安定して継承される事にはならないのだ。


皇位継承は、本来何の心配もない。
旧宮家には男系男子の若年皇族が15人もおられる。
女性宮家・女性天皇・女系天皇を排斥し、
旧宮家に皇室に戻っていただくこと、
たったこれだけのことで、この国の未来は未来永劫続いていくのである。


女性宮家創設は皇室の伝統に反し、
天皇陛下のお考えでもありません。
羽毛田宮内庁長官およびその背景にいる勢力の「自作自演」劇です。
旧宮家の復帰だけが正統かつ、この国を安定永続させる道です。



「小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう」
1回  2回  3回  4回  5回  6回  7回  8回  9回  最終回

「保守主義の父」 エドマンド・バーク 保守主義


必読シリーズ 女性宮家問題





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
できましたら、【拡散・転載】お願いいたします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




日本日本らしく
我々我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」下のリンクプチプチっとお願いします。

人気ブログランキング 政治 https://blog.with2.net/in.php?1067783
にほんブログ村 政治 https://politics.blogmura.com

閉じる コメント(110)

こかげさん

で、どうしましたか?
その男女の仲に意味を見出して、皇統が成り立ち、また我々の生活もなりたっています。

皇統とは、男系の祖が神武天皇のものであり、その皇胤の間で皇位継承されるという「文明の営為」です。

あなたのおっしゃるのは、「動物の営為」のことですね。

2012/1/16(月) 午後 5:14 うまやど 返信する

顔アイコン

我々が守るものは伝統であって、遺伝子ではない
橋が子を産む訳ではないが、人間は皆違って当たり前。世界中でなにもかも同じだったら、それこそ天皇も国も要らない。こうしてコメントしている必要すらなくなる。尤も、「くだらん」と言うだけの者は真っ先に自分の存在価値を否定してしまう

2012/1/16(月) 午後 6:53 [ IB ] 返信する

顔アイコン

天皇の万世一系とは 皇室に宮家が寄り添い二千六百七二年もの間 絶やすことなく男系を継続させてきたことが重要なのですね。

そのような家系は 世界広しと言えども 皇族 だけです。

一般的に先祖の名前や身分 職業 家族構成を追えるのは 四世代から七世代が限界ときいたことがあります。

先祖代々入っている墓地に墓参りをしても 誰の墓なのか解らない というのも普通です。

我々一般人を万世一系というのは そもそもが 間違いです。

三世一系というなら納得もしましょうか。


by柳虫

2012/1/16(月) 午後 7:59 [ yanagimushi46 ] 返信する

IBさん

それがわからん人が多いんですよ。
唯物論に脳髄をやられば、ああなります。

2012/1/16(月) 午後 11:29 うまやど 返信する

柳虫さん

公家・武士はともかく、その他の平民は、せいぜい明治維新までしか遡れませんねぇ。

本来は、雲の上の話です。それを平民ごときが語っている事自体誤りです。

2012/1/16(月) 午後 11:31 うまやど 返信する

顔アイコン

相当重症みたいですね。

明治の初め、日本は服装・生活スタイルをはじめ、多くの伝統を捨て去りました。天皇・公家・日本の指導者たちが先導して変えてゆきました。
なので、伝統なものなんてものは、大半は変わって、殆ど無いわけです。

明治のころに新しく出来たものを伝統だと思い込んでいるだけの話ですよ。
神聖不可侵の天皇なんて言うものも、明治の中ごろにできた憲法で出来たものですし・・・

そんな程度のことは、少し歴史を調べれば、誰でもすぐにわかることですよ。

2012/1/17(火) 午後 9:07 こかげ 返信する

顔アイコン

2012/1/16(月) 午後 7:59、2012/1/16(月) 午後 11:31、2012/1/17(火) 午後 9:07 それぞれ間違っている!
日本人はごく自然に伝統を守っており、恣意的に過去を切り捨てたりしていない。例えば「先祖」として個人を特定するなど不可能であるゆえに、不明な過去を補うために伝統が用いられているに過ぎない
「源氏物語」が古くから有名であるように、天皇といえども決して雲の上とか不可侵ではない。住む世界が違うとはいえ、どちらかの世界が劣っているとか無価値とかいう考えは無い。キリシタンが忘れがちな「皆が自由で平等」を、我々日本人はごく自然に考えている。必ずしもGODとやらは必要でない
大日本帝国憲法が作られたのは、GODに依存して驚異的な力を示す欧米列強に対抗するため。それでも天皇は「神聖不可侵(異なる宗教・信仰を否定)」にならなかった

2012/1/17(火) 午後 11:34 [ IB ] 返信する

顔アイコン

こかげさんは一番大きな勘違いをしている!そもそも歴史を紐解くのは伝統を守るため。過去を切り捨てたければ、今の自分を否定するしかない。一時は自分を見失う不安があるかもしれないが、自殺よりはましだろう。欠けた過去は、こかげさんも知らない伝統が必ず補ってくれる
誰の子孫か証明できなくても、日本人である限り出身地などの伝統が身分を保証していた。一方で、敢えて過去を遡らない「身分の無い人」も確実に居た。人知れず消えてしまう者もあれば、別の身分を得て伝統を継承する者もあった
そういうことも含めてあらゆる伝統の中心には常に天皇がありつづけている

2012/1/17(火) 午後 11:57 [ IB ] 返信する

こかげさん

>伝統なものなんてものは、大半は変わって、殆ど無い

・人が入れ替わったのでしょうか。
あなたの祖先は、明治の時に泥の中か何かから発生したのでしょうか?
・あたなた話している言葉はなんですか?
日本語は古語を母体にして今なお生き続いてます。
それとも英語でお話ですか?

伝統が消滅した、と思いたい気持ちはわかりますよ。
しかし、もし、どうしてもそう主張したいのなら、
太古のご先祖より相続しているあなたの「言葉」を放棄し、
「いのち」を放棄してからお願いいたします。

2012/1/18(水) 午前 10:30 うまやど 返信する

顔アイコン

冒頭の
「女性宮家創設・そこへの旧皇族の養子入りは皇室の伝統に反し、
天皇陛下のお考えでもありません。
羽毛田宮内庁長官およびその背景にいる勢力の「自作自演」劇です。」
というを断定している根拠は何なのですか?

なんか,妄想入ってませんか??

2012/1/20(金) 午前 4:27 [ karen12karen ] 返信する

kar**12kare*さん

そうですねぇ。この記事を

「(皇位継承問題に関して)皇太子・秋篠宮の考えも聞いてもらいたい」(天皇陛下)のご発言の真意
http://togetter.com/li/236582

2012/1/20(金) 午前 9:00 うまやど 返信する

顔アイコン

オノコロ様
はじめまして、daisinshotenと申します。
先ほど、naomi_shararan様のブログを通してオノコロ様のブログに入らせて頂きました。
この記事は、本当に素晴らしいの一言です。

どの「枝」も、どの「幹」も、根っこは、神武天皇である。
どんな天皇陛下も、必ず、男系で神武天皇に戻る事ができる。

ここに尽きるわけですね。
大変分かりやすい記事を載せて頂き、有難うございました。

私は5/3(木) の夜に、「日本人は日本人らしく」というタイトルで、ブログを始めさせて頂いたばかりです。
今後、オノコロ様が書かれた数多くの貴重な内容を、ゆっくりと読ませて頂きます。
※後ほど転載させて頂きます。

2012/5/7(月) 午後 4:40 [ daisinshoten ] 返信する

daisinshotenさん

はじめまして。いらっしゃい。

>どの「枝」も、どの「幹」も、根っこは、神武天皇である。
>どんな天皇陛下も、必ず、男系で神武天皇に戻る事ができる。

これが「萬葉一統」という意味なんですよね。
よしりん信者は、この定義そのものを破壊しようとしています。

転載、どぞ、どぞ!

2012/5/7(月) 午後 4:55 うまやど 返信する

お借りして参ります!
by so-kei♪

2012/5/7(月) 午後 5:21 so-kei♪ 返信する

so-keiさん

どうぞ!

2012/5/7(月) 午後 5:26 うまやど 返信する

内緒さん、御意です。

2013/5/22(水) 午後 10:58 うまやど 返信する

顔アイコン

はじめまして。神武天皇に繋がる男系男子が皇位を継承される。この伝統が破壊されたら皇室ではなくなり日本がなくなってしまいます。権力に左右されない皇室が日本に安定をもたらしているんですね。素晴らしいです! 削除

2013/6/8(土) 午前 9:37 [ 一投稿者 ] 返信する

一投稿者さん

仰るとおりです。

2013/6/8(土) 午後 3:39 うまやど 返信する

顔アイコン

僕ももし女系天皇になるなら旧皇族の方 に戻って頂いた方がいいと思います
もしくは愛子内親王が旧皇族の方を婿養 子に取るなりw
とか暇な事考えてる一般人でした。 削除

2014/9/28(日) 午前 8:02 [ ただの通りすがり ] 返信する

顔アイコン

婿養子はダメ、女性宮家になるからダメ。

旧皇族男系子孫男子が愛子内親王殿下をお妃にするのは可。 削除

2014/10/5(日) 午後 5:40 [ junn ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事