オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 神武天皇以来125代づついた天皇の御位を守りましょう

全体表示

[ リスト ]

ルソーに起源をもつ近代啓蒙思想の根幹「平等」
果たして、「平等」は善といえるのだろうか?


日本は日本らしく
我々は我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」と下のリンクをプチプチっとお願いします。




平等という呪い


この国では、平等が隆盛を誇っている。

平等、すばらしい響きなのである。

平等に反するものは全て悪であり、糾弾すべきである。


さて、平等、そして平等を追求することが何を意味しているのか
冷静に考えてみたい。

われわれはどういう意味において平等なのであろうか。

まず、事実を確認しよう。

 ・人間ひとりひとりのDNAはすべて異なっている。
 ・人間ひとりひとりの産まれる時刻と場所はすべて異なっている。
 ・人間ひとりひとりの境遇はすべて異なっている。

これらはどうしようもない不平等であろう。
われわれは生まれるときから不平等である。
一方で、こんなことは平等であろう。

 ・人間はたんぱく質と脂肪とカルシウムなどで出来ている。
 ・人間は物理法則を逃れられない。例えば、重力を受けるとか。

我々は「物質である」という意味では平等である。
しかし、生物・生き物としての面に注目するとまるで平等でない。
あえて言えば

 ・人間はみな死ぬ

このことは平等であろう。

さて、以上のことが意味することは残酷である。

われわれは平等によさを感じる、そして、それを追求する。
追求してみれば、さまざまな不平等があることに気づくから
つぎつぎと対策をほどこしてゆく。
しかし、尽きることはない。どんどんやる。
そして、上に書いたことにたどり着くのである。

  人は、物質としては平等だ。

だから、物質としてのレベルを強制しよう、と。

我々をいのちあるものとしてみるのではなく、
ものとしてみる、ロボットとしてみる。

そうすれば平等が実現できる。

具体的には、どうすればいいだろうか。
それには、何が人と人の違いを作り出してゆくのか
それを見つけ出して根絶してゆけばよい

  教育の違い
  財産の違い
  家庭の違い
  信仰の違い
  仕事の違い
  性別の違い
  年齢の違い
    :
    :

これらのものひとつでも見逃せば平等は実現できない。

かくして、我々をいのちあるものとしてみるのではなく、
ものとしてみる、ロボットとしてみることになるのである。

考えてみればよい。
平等が達成されている状態とは、次のような状態である。

  だれも、あなたのことをうらやましく思うことはない
  だれも、あなたのことを尊敬することはない
  だれも、あなたに一目おくことはない
  だれも、あなたに感謝することはない
  だれも、あなたに愛をそそがない

ケモノ以下の生き方をすること。
あらゆる感性を麻痺させること。

別の角度でいえばこんな社会である

  犯罪者が尊敬をうける
  下品が賞賛される
  悪人が権力をにぎる
  裏切りが正しいこととなる
  正直者が馬鹿を見る

なるほど、この国はそうなりつつある。

平等を追求するとは、

  文明を捨て
  家族を捨て
  誇りを捨て

人間らしさを捨てることに他ならない。

はて、そんなことを求めていたのであろうか。
しかし、人類は、フランス革命以来延々と
この絶望必至の戦いを挑んでいるのである。


仏教では、このようにいわれる。

  平等成仏

人は、等しく仏になれる、このような教えである。
可能性の中に幸せを見出す、そんな平等。

わたしは、この平等はよき平等であると思う。
他の平等は、はたして正当性があるのであろうか。
他の平等は、追求した結果、人を幸せにするのであろうか。



日本は日本らしく
我々は我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」と下のリンクをプチプチっとお願いします。

閉じる コメント(26)

平等という言葉の意味って奥が深いですね〜
同一ではないところに平等は存在するのではないでしょうか。
何てよく分かってませんけど($・・)))/
失礼致しました。

2012/3/30(金) 午前 0:19 [ - ] 返信する

>同一ではないところに平等は存在するのではないでしょうか。

ルソーを読むとそうではなさそうに思われます。
無論、詭弁を駆使しているので、みなダマされるのですが・・・

格差がある=平等でない

という理解で問題ありません。

2012/3/30(金) 午前 8:08 うまやど 返信する

顔アイコン

確かに仰る通りだと思います。
特に教育勅語は日本の法ともいえる内容でした。しかし戦後左翼はこれを恐れたのか、今の人は読みもせずに教育勅語=戦争への道と左翼によって刷り込まれてしまっています。

2012/3/30(金) 午前 10:09 [ shi**170* ] 返信する

>読みもせずに教育勅語=戦争への道

戦時中に左翼が、意図的に誤読して、戦争の正当化につかったのも事実です。

特に「中外にほどこしてもとらず」
の部分を、「日本国内だけでなく外国にも」と誤読したわけですね。

しかし、これは本来

「うち・と(内・外)」

という意味であり、朝廷の内部と外部、という意味合いの言葉なんですよねぇ

2012/3/30(金) 午前 10:30 うまやど 返信する

顔アイコン

なるほど勉強になります。
しかし左翼は何でもありですね。

2012/3/30(金) 午前 10:43 [ shi**170* ] 返信する

>しかし左翼は何でもありですね。

まったく、なのです・・・。

なんちゅうか、蟻の一穴をさがして、とにかく堤を破壊しようとする
シロアリ集団そのものです。

2012/3/30(金) 午後 2:49 うまやど 返信する

アバター

うーん・・・天皇陛下の例は理解はできますが、極端な例で
全てを否定するロジックには違和感があります。

生まれのの個性を否定するつもりはありませんが、あまりに極端な
個性主義(そんな言葉あるんかな?^^)に走るのも、また逆の意味
で術中に陥る気がしますけどね。

例えば大学に行くための勉強、学校、資格、いろいろなまさに「不自然」な
状態を作りだすことがそんなに悪とは思えないんですわー
結果そこには最低限の「機会の平等」は存在しても良いと思ったりね。

ま、たぶん行きつきたいところは一緒の気がしますので、この辺で。

2012/3/31(土) 午後 7:47 ますたぁ 返信する

>極端な例で全てを否定するロジックには違和感があります。

そういうものですか。
また改善したいと思います。

2012/3/31(土) 午後 8:00 うまやど 返信する

顔アイコン

男女平等とよく言いますが、これは間違いです。男女は対等なのです。「平等」という言葉を教育の現場へ持ち出すのは共産党と共産主義者だけです。資本主義社会(日本・アメリカなどの先進国)では平等なのは与えられる機会だけです。日々努力し、勉強した者の中で成功した人が上に立てるわけですから、上下がある時点で平等ではないわけです。皆が横一列に平等になれば競争がなくなります。つまり国家崩壊です。共産主義の末路は一党独裁の国家で、独裁者を生み出したあげく流血の惨事になるだけです。旧ソ連、北朝鮮・キューバなどを見ればお分かりでしょう。「共産主義」に平等も平和も無いのです。日本共産党も日本から排除するべき党なのですよ。もちろん日教組も然り。 削除

2012/4/1(日) 午前 0:24 [ 岸田中尉 ] 返信する

岸田中尉さん

>対等なのです。

微妙では?

相互補完なんだと思っております。

2012/4/1(日) 午後 8:14 うまやど 返信する

顔アイコン

身近で問題なのは、平等を実現すると別の不平等が発生する、という問題が一つあげられます。

努力して稼いだ人と、怠けて貧しくなった人が居た場合に、もし、格差是正で富める者の富を貧しい人に与えると、努力して稼いだ側からすれば、とても不平等に感じるはずです。
ですが、単純に金額の差をなくす、という点では、平等になります。
物事が多面性のあるものであるがゆえに、どれだけ平等を追求してもすべてが平等になることは、人間のレベルではまず無理なのです。

だから僕が思うことは、なぜ実際に起きた事を受け入れようとしないかということです。不平等になったとしても、「幸運も実力のうち、不運も実力のうち、平凡も実力のうち,運は実力」となぜ思わないのか、です。

2012/4/2(月) 午前 0:03 [ - ] 返信する

新快速さん

>なぜ実際に起きた事を受け入れようとしないかということです。
>不平等になったとしても、「幸運も実力のうち、不運も実力のうち、
>平凡も実力のうち,運は実力」となぜ思わないのか

まさにそういう事なんだと思います。

2012/4/2(月) 午前 9:21 うまやど 返信する

顔アイコン

転載させていただきありがとうございます
すごく勉強になります

傑作らんくり

2012/4/9(月) 午前 9:53 naomi_shararan 返信する

ナオミさん

ありがとう。「平等」は悪魔教なんですわ。

2012/4/9(月) 午前 10:30 うまやど 返信する

顔アイコン

ご無沙汰いたしております。
日本国憲法の平和はやはり腹黒い愚民化政策であることが垣間見えました。

2013/7/7(日) 午後 6:41 [ tearface ] 返信する

tearfaceさん

困ったもんですわ。

2013/7/14(日) 午後 0:55 うまやど 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。

改めて読んでみました。

「生まれながらに平等につくられている」というルソー的平等を初めて知った時には、納得半分疑念半分でした。

納得半分、の部分は、「実力行使というレベルまで考えれば、例えば、人は他人から物を奪ったり、気に食わない人間に虐待するなどのことを、しようとすることができる」というようなどうしようもないような事実による納得でした。

疑念半分は、「生まれながらに平等に つくられている」ということが、明確に示されていない、という点でした。

うまやどさんの指摘の通りの「生まれながらの不平等」は明確に示されますが。
それとも、ルソーの言った「平等」とは、僕が指摘したような、「実力行使しようとすることができる」という点の平等性なのでしょうか?
※あえて、悪行を例にしました。

2013/7/16(火) 午後 10:35 [ - ] 返信する

「ルソーとは人間から倫理規範と道徳心を一掃してその野獣化を図り、この人間をもって文明の社会を自ら破壊させる「悪魔の教典」たる『エミール』を遺した、狂った大哲人である。ルソーの全否定、それが日本の教育を正しく健全化する第一歩であろう。」(中川八洋)

>「実力行使しようとすることができる」という次元で平等

というのを言い換えると、人間から倫理規範と道徳心を一掃して野獣化したら、平等という話です。 つまり、YES です!

2013/7/16(火) 午後 11:04 うまやど 返信する

キチガイ・野獣、になりうる潜在性では平等だ!

ですね。

2013/7/16(火) 午後 11:05 うまやど 返信する

顔アイコン

転載させてくださいね。
ナイスです!

2016/8/17(水) 午後 3:24 [ パンダ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事