オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 神武天皇以来125代づついた天皇の御位を守りましょう

全体表示

[ リスト ]

農業の復興とTPP

TPPこわいよー、
放射能こわいよー、
自由診療こわいよー、
年金崩壊こわいよー・・・。

なんか、日本人が幼児化しているように感じる。
何のために小学校から科学を勉強しているんだ。
科学的に妥当な範囲で怖がり、妥当な範囲で挑戦しようよ。
もっとも、社会科学関係は間違って教えられてるけど。

「変化に対する拒否・慎重感覚が”保守”なんだ」

と素朴に思って、TPP拒否っていうのも分からなくもない。
でも、この「感覚」だけだと、
「ゆでがえる攻撃」されれば、
「ゆでがえる維持」が「保守」だと錯覚させられて、
もちろん、ゆであがってしまうのだなぁ。

今日の記事の「農業」など、
この「ゆでがえる」の典型である。
TPPで日本の農村がーーといっても、
とっくに、「農協」という社会主義組織に蹂躙され、
その「農協」の維持が保守だと思い込むに至っている、
そういう代物である。

この「ゆでがえる症候群」のことを「日本病」と呼んでおく。

TPPで直すべきは「日本病」である。

社会の隅々にまではびこり性根をそこないつつある「タカリ症」、
何でも法律をつくれば実現できると妄想する「制度依存症」、
親を捨て子を捨てやりたい放題が正しいと錯覚する「エゴエゴ症」

こういうのを外科手術するのが
「TPPの本来の用法」だ。

TPPは、本来やるべき政策。
問題は民主政権が主導してるという事だけ。

そして、その結果として、
TPPの交渉にすら入れず「不平等条約」となってしまう。
しかし、それでもしがみつくしかない。
中華・ロシアの植民地になりたくないのなら。


なお、TPPで一番気になるのは、
農村が荒れて、各地の祭りや、ご先祖の墓守りなどが廃れること。
逆にいえば、
農業が廃れても、
祭りや祭祀が守られるよう手を尽くさなければならないということ。
もちろん、風景が荒れるのも放置しちゃダメ。

そこがキモなんだよ。




日本日本らしく
我々我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」下のリンクプチプチっとお願いします。

人気ブログランキング 政治 https://blog.with2.net/in.php?1067783
にほんブログ村 政治 https://politics.blogmura.com



「真正保守政党を設立する」より転載   ※原意を損ねない範囲で適宜表現を改めた

今回は、過去のエントリーの再掲である。
これは平成21年8月1日から3日に掛けて掲載した、政権交代選挙を前にしての内容だ。

TPPが話題に上る中、民族派や左翼、そして焦げ付いたゾンビ既得権者らを中心に、「TPPが日本の農業を壊滅させる!」だの「TPPが日本の医療を壊滅させる!」だのといったプロパガンダが盛んに叫ばれている。

しかし、当ブログでは再三に渡って提示しているように、我が国の「農業」も「医療」も完全に「死に体」で、既に事実上「壊滅・崩壊」しているのが現実であって、「TPPで壊滅する」などというのは笑止千万、無知蒙昧の極みである。
そればかりでなく、日頃は全くの無関心と無関係を決め込み、寧ろ「崩壊・壊滅」に与する言動に終始しておきながら、こうしたトピックの際にだけ「農業を守れ!」「医療を守れ!」と思い出したように絶叫する大衆には閉口させられる。

2年前に提示した内容が、未だ何ら変わる事なく通用する現状には、些か諦めさえ感じる。

TPPを機にした「農業問題論議」も、「問題」の本質を錯誤させ、ここで「問題」であると提示した「病巣」を固定化させる真逆の主張が垂れ流されるばかりだ。

当ブログの読者であっても、これまで「農業エントリー」や「医療エントリー」について関心が高かったとは言えない。
TPPそのものの是非もさることながら、TPP問題を機会に、我が国の「農業」や「医療」について、真正保守(自由)哲学からの検討が続けられることを願う。


農業の復興

民主党は「農業の復興」と称して、「現在農業に従事している者に対して金をばらまこう」としている。

お金が貰える農家は喜び勇んで民主党に投票するだろう。卑しい投票行動ではあるが、此れ程までの大衆化にあっては、農家だけを責める訳にもいくまい。

しかしながらこの政策で「農業」が復興したりすることは、万に一つもない。
農業の復興を考えるならば、農業の現状を知る必要がある。
現在の農家は、その「9割」が「兼業農家」であり、その殆んどが「農業が従」であって「別業が主」である。
要するに「既に日本の農業は死に体」なのだ。
これを維持したとて早晩「屍」になるのは必至である。

日本の逼迫した課題は、「農業の復興」であって「農業における現状の維持」ではない。
そして「農業の復興」とはイコール「農業に新たに従事する若者を増やす事」であって、それ以外では決してない。
このことを基本中の基本として、先ず押さえておく必要がある。

次に、日本にとって農業がどういった形で存在したのか、簡単におさらいしてみたい。

最初に、勘違いされている方が多いようなので確認しておくが、開国以来、我が国が「農業立国」であった験しはない。
国土が狭く、平地が割合が極めて少ない我が国が、「農業国」として世界と渡り合う事は、物理的に有りえないことである。

次に農業構造の変遷を振り返ってみる。
元来、「地主」と呼ばれる資産家が、「小作人」に土地を貸し与えるというのが日本の農業の在り方であった。
これが戦後の体制改革の際に、地主から強制的に土地を召し上げ、それを小作人にバラまく形で解体され、小作人が自分の耕す土地を所有する現在の形となった。
「地主が小作人を束ねる」という組織構造を破壊した結果、「小地主」としてバラバラに解体された農家を束ねる目的で誕生したのが「農協」である。
ところがこの新たな構造が肥大化するにつれ、農家という大票田や農協を絡めた利権に向かって、政治家や地元の怪しげな輩が群がり、現在のおどろおどろしい「農政」が形成されるに至った。

「農協」もこういった「団体」の既定路線を辿り、農家の相互扶助団体から、農家を指揮し、農家に指示を下す「農家の上位団体」へと変容した。
農協の存在目的は、「農家の束ね」や「農家の相互扶助」から、「農協そのものの維持と収益確保」へと堕落したのだ。
農家に対し「市場より遥かに高額の農薬、肥料、農機具等を農協から購入する」よう義務付け、農作物の流通についても「農協」を介することを義務付けた。
これに反対する者は、容赦なく排斥した。
こうした農協の搾取は、農家の収入は減少する一方、消費者には「高い商品」が提供されるという今なお続く異常事態を齎した。

農協と農水省、そして族議員のトライアングルが先導した「食料管理制度下の米価引き上げ」や「減反政策」によって、「農家の努力」が農家の利益に反映されることはなくなり、農業の社会主義化は粛々と進行し、その当然の帰結として農業の衰退を直接的に招いた。

その「共産主義的市民化」は深刻の度を深め、当然のことながら農家の「活力」は徹底的に削がれることになった。こと米作については、補助や特権狙いの「零細な兼業農家(似非農家)」がその多くを占める最終局面にまで至った。

「専業農家」それも「次世代の専業農家」を育まねば「農業の復興」などは万に一つもありえないのだが、現実としては各利権団体、組織、似非農家ら「偽農家代表者」らの思惑を中心に農政は成され、「その真逆」が結果として到来したのだ。

今や「継ぎ手もなく、続ける気もなく、やる気もない、高齢の兼業農家(似非農家)」が農家の典型となり、それを農政や農協が、公金補助や規制や許認可等によって「手厚く保護」し、似非農家から「票」や「上納金」としてその見返りを得ている最悪の構造だ。

そして民主党の掲げる「農家個別所得保証」は、正にこの最終形であり、「決して農業の復興には繋がらない」。

では、農業の復興の条件とは何か。
それは簡単な事で、「次世代の専業農家の育成」と「利権と中間搾取に塗れ、それを堅持するために高々と築き上げられた参入障壁の撤廃と農政の見直し」である。
それを実行させないのは、「現在の兼業農家(似非農家)」と「農協」そして「農水省」「族議員」である。

まず、大前提として「現在の死に体を呈している似非農家を保護する策」は、須らく「次世代の専業農家の参入を阻む方向に働く」事を押さえなくてはならない。

「次世代の専業農家」にまず必要なのは、兎にも角にも「農地となる広大な土地」であるのだが、「次世代」にそのような資金力があるはずもなく、「農家」が戦後に濡れ手で泡で取得した農地は「休耕田」のまま放置され、良くて零細兼業農家の「家庭菜園化」しているのが関の山である。
また、継続の目処がない農家であっても、格安の値段で「農地」を手放したり貸したりする事はなく(借地期限までが設定されている)、その農地を利用しての「プチ不動産業」に勤しんでいるのが現状である。
その「農地利用」も、農業委員会との談合によって多岐に渡り、「駐車場への転用」、「店舗経営者への借地」などは良い方で、酷い場合には「産廃の埋立地として利用」されている例まである。

「次世代の専業農家」を育成するのに、「農地確保」が大きな壁となっているのだ。
そしてこれは簡単には解決しない問題である。
例えば「株式会社による農業経営」が考えられるが、昨今緩和に向かっているとはいえ、依然としてこれには強い規制が掛かっている。

また「農協」を中心とした「利権談合搾取トライアングル」の解体であるが、これこそ戦後日本の抱える問題の核そのものであり、その根を絶つことは非常に困難である。
例え解体出来たにせよ、「官僚」や「地方分権」の問題と同様、解体後「それに代わって何が農業を束ねていくか」を提示しなくては、単なる「破壊」に終わる。
「農協」を解体したとして、それに変わって「より良い束ね」を実行する組織が想定出来るだろうか。

「農業の復興」は、民主党が言うような「ばら撒き」による「現状維持」で解決されるような容易い問題では断じてない。






日本日本らしく
我々我々らしく


ランキング参加しています。「傑作」下のリンクプチプチっとお願いします。

人気ブログランキング 政治 https://blog.with2.net/in.php?1067783
にほんブログ村 政治 https://politics.blogmura.com

転載元転載元: オノコロ こころ定めて

閉じる コメント(29)

内緒さん

賛同します。

2013/1/30(水) 午後 10:28 うまやど

内緒さん

ですなぁ

2013/1/31(木) 午前 7:19 うまやど

顔アイコン

>そこがキモなんだよ。

おっしゃる通りだと感じます(^^)

最近僕の周りに若くして『農業』をやりたいとする人が増えています。少し世の流れが変わりつつあるようです・・・(^^)

2013/2/2(土) 午後 4:10 kingboy

KINGBOYさん

TPPがはじまり、同時に賢明な農政の転換=(農協体制の精算と農地保全の徹底)がなければ、気持ちのみで終わってしまうと思います

2013/2/2(土) 午後 11:27 うまやど

顔アイコン

農業だけとは違うのです。
中小企業がTPPで直撃を受けるのが大問題なんです。
工場は安い為替の国に流出します(タイとかへ)。
安い移民は際限なく入ってきます。
日本の労働者の賃金は移民の水準まで下がります。
企業は自由に目先の利益を追います。
結果、税金で移民の家族まで教育しないといけません。
今は朝鮮学校やアメリカンスクールなど数える程しかありませんが
今後は、中国学校、インド学校、ブラジル学校、東南アジアの学校
など乱立します(米国経由でも各国の移民が増えます)。
そうなるとその国は日本と言えるのでしょうか?

・日本のように真面目で頑張り屋の国は
頑張れば頑張るほど損をします。
それが変動為替。
この失われた20年を振り返ってください。

・TPPは太った豚(日本)が居ないと成立しない。
障壁を無くすと、水は高い所から低い所へ流れます。
日本人が頑張って蓄えた技術や富を、なぜ外国へ流さにゃならんのか。
技術は東南アジアへ、富は借金苦の米国へ、
富は流れ平準化される。

2013/2/21(木) 午後 10:28 [ 海藻 ]

顔アイコン

仰る通りだと思いますが、
TPPそのものの目的が急進的ではないかと危惧します。

なんでもかんでも共通のルールを作るってのがそもそもアレじゃないかなと。

そもそものTPPの目的が形骸化して、うま〜く落ち着くところに落ち着くなら賛成かなと。

2013/2/23(土) 午後 1:17 [ ただのぶ ]

顔アイコン

望みどおりパンドラの箱が開きました。
日本滅亡の夜明けです!

2013/2/23(土) 午後 8:45 [ シンプル ]

海藻さん

>日本の労働者の賃金は移民の水準まで下がります。

移民は不可ですね。
ただし、移民があろうがなかろうが、
日本の労働者の賃金は、アジアの水準にさがっていく、
というのは避けられませんよ。

この国でしかできない価値あること、がない限り、仕事は流出します。

その「この国でしかできない価値あること」が農協護持だったり、医師会利権護持だと錯覚していたりすれば、この国の空洞化は間違いありません。

2013/3/1(金) 午前 10:40 うまやど

CB750RC42さん

まぁ、アメリカの政権が「民主党」ですからねぇ。

2013/3/1(金) 午前 10:41 うまやど

シンプルさん

そのパンドラの箱をあけたのが、安倍総理。
因果なものですねぇ。

2013/3/1(金) 午前 10:41 うまやど

顔アイコン

ご無沙汰しておりました。
一つ前の記事にもコメントさせてもらいました。
しかしうまやどさん本当にいい感じになりましたね。
まあ、大衆のことはもう少し信じてあげてもいいんじゃないかと
私は思いますけど。

2013/3/15(金) 午後 8:31 [ あさかのななし ]

あさかのななしさん


おかえりなさい。

>本当にいい感じになりましたね。

ななしさんにそう言われると、恐れ多いです。
まだまだ、あかんなぁと思うことばかりで。
「とんちで返す」という一休さんの境地は遠いです(笑)。

何より、普通の人が読んでも「すっと入る」って
いう風にはなかなか表現できないのです。

2013/3/17(日) 午後 6:32 うまやど

顔アイコン

いやいや、あんまり褒めてもしょうがないかもしれませんが、
何歳になっても年々良くなるというのは素晴らしいことですよ。

自分よりすごい人は何人いてもいいけれど
「あの人は年々良くなって死ぬ直前が一番すごかった」と
自分が死んだ後には言われてみたいものだ

と最近思うのですが、
うまやどさんはきっとそういう人生を歩まれることだろうなと
私は確信しております。

で、
うまやどさんも私も含めた真正保守(自由)にとっての課題が
一つあると思うので提示しておきたいのです。

と申しますのはズバリ、管理通貨制度についてです。
これに対応しうる真正保守(自由)思想を組み上げることが
できたら、それこそが日本の
> 普通の人が読んでも「すっと入る」
ようなものになるんじゃないかと私は思うのですよ。

2013/3/17(日) 午後 10:09 [ あさかのななし ]

あさかのななしさん


「管理通貨制度」ですか・・・。

江戸時代を参照しても、しょっちゅう徳政令をしていたり、
終戦時には、ハイパーインフレ。
今回もいずれまた・・・、かもしれません。

もう少しメタなレベルでは、

・米本位制度
・土地本位制度
・保証人制度
・切腹担保制度?

あたりになるのでしょうか?

2013/3/17(日) 午後 11:53 うまやど

顔アイコン

いや、何本位とかいう話ではなくてですね、
まずはおっしゃるとおり、
管理通貨制度にもけっこう長い歴史があります。
特に我が国においては。

逆に金本位銀本位みたいなのは、
今はほとんど生き残っていません。
特定の時代・特定の地域でのみ有効だっただけで、
歴史の審判に耐えられなかったからです。

そんな一時のものを保守するのが保守派ではないわけです。

たまたま真正保守(自由)思想の大御所に
特定の時代・特定の地域の方が多いので、
金本位銀本位がいいんじゃないかというような話に
なりがちだろうけれども、私はそれは違うと思う。

金本位銀本位は
金銀を信じて人や共同体を信じない制度だから
滅ぶべくして滅びたんだと思います。

そういう感じの話です。

2013/3/18(月) 午前 1:19 [ あさかのななし ]

>金銀を信じて人や共同体を信じない制度だから
>滅ぶべくして滅びたんだと思います。

なるほど、確かにそうですよね。

我が国の場合、通貨制度に問題というよりは、
財政規律に問題があるんではないかと思うのです。
今回の●●兆円大盤振る舞いというのも、
田中内閣以来のバラマキ路線というのも、
戦時中の大軍拡というのも、
結局は通貨政策というより、財政問題ではないでしょうか?

2013/3/19(火) 午後 1:50 うまやど

顔アイコン

> 我が国の場合、通貨制度に問題というよりは、
> 財政規律に問題があるんではないかと思うのです。

おっしゃるとおりだと思います。

私自身答えが出ているわけじゃないのですが、
歴史が教えることには、
徳政令とかインフレとかいうようなことは
おっしゃるように「しょっちゅう」ある。
となると、
現在や未来に対する過去の貸し借りの影響を
ゼロにしたり薄れさせたりすること
は、
社会経済が生きたシステムであるためには
大手を振っていいことだとは言えないにせよ
ある程度避けられないのではないかという疑問が
やっぱり出てくるわけです。

だからと言って最初からめちゃくちゃやっちゃダメなので、
規律の問題になる。
というよりも、
そこにある法を発見しなきゃいけないわけですね。

この手の話が難しいのは、
いわば円なら円に関わる人すべてがステークホルダーで
口を開く人全員がポジショントークをしているために
誰の言うことも信じられないからでしょうか(笑)

2013/3/20(水) 午後 9:26 [ あさかのななし ]

>ある程度避けられないのではないかという疑問が
>やっぱり出てくるわけです。

ですよねぇ・・・。
私も実はそう思わぬでもないのです。

ちょうど、生命の寿命が尽きて、次の身体に移ってゆくように、
澱りは、不可避でたまってゆくのかもしれません。

しかし、死ぬとわかっていれば金を貸す奴はおらんといいつつ、
まだ死なねぇだろう、連帯保証人とってるから大丈夫だろう、
などということで、金を貸してしまう・・・、のと同様に、
なぜか、信用は継続してしまうのかもしれません。

ハイパーインフレ・徳政令になっても持続するものは
何なのか? それが、金や銀でないのなら、
何なのか、ってな問をたててみてはどうでしょうか?

2013/3/21(木) 午後 1:43 うまやど

顔アイコン

> ハイパーインフレ・徳政令になっても持続するものは
> 何なのか? それが、金や銀でないのなら、
> 何なのか、ってな問をたててみてはどうでしょうか?

いや、そうではなくて、
そもそも何かを持続させようと思って
ハイパーインフレ・徳政令あるいはインフレターゲット
といったことをするわけでしょう?

でもその中にも法があるはずで、
やっていいこと悪いことがあるはずだという……

まあ、ともあれ、
私が管理通貨制度を話題に挙げたのは、
その中に是非うまやどさんに考えてもらいたいテーマが
内包されているからです。
例えば、大衆を信じなきゃ成り立たないということや、
世の中は変わるということ。

真正保守(自由)が変わらないものに立脚するのは当然ですが、
何が変わらないものなのかを見誤ると、
世の中が死んだシステムになるのを望んでしまうことになります。

そういう罠に陥らないためにいい題材かと思って
投げかけた次第です。

それでは、また。

2013/3/21(木) 午後 11:55 [ あさかのななし ]

>そもそも何かを持続させようと思って
>ハイパーインフレ・徳政令あるいはインフレターゲット
>といったことをするわけでしょう?

う〜ん。

草食男子が女を守るために切れたのが
「武士」
っていうような話に通じますねぇ・・・。

すぱっと割り切れないのが
ミチのようです・・・。

一休さんの道は、趣深いですねぇ。

2013/3/22(金) 午前 10:00 うまやど


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事