オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 国恥の尖閣9・24を忘れぬ為 パンダにしておきます。臥薪嘗胆!

全体表示

[ リスト ]

「退位特例法」の付帯決議に「女性宮家」という言葉が入ります。
これは皇室崩壊の劇薬です。
同時に、今回の「退位特例法」が生み出す、
「女性宮家」以上の破壊力に気づいておられますでしょうか。

こころあるみなさんへお願い

拡散お願いします。
みんなの行動にかかっています。
今日明日が勝負です。
まずは拡散を。

そして、できる人は
国会議員直訴をお願いします。
電話で、FAXで、Facebookで、
できる手段で直訴をお願いします。

「女性宮家反対」でも、
「退位特例法反対」でも、
なんでもいいです。

特に次の議員に

○ 内閣総理大臣・安倍晋三(あべしんぞう) FAX 03-3508-3602, 083-267-6128
○ 自民党副総裁・高村正彦(こうむらまさひこ) FAX 03-3502-5044, 0834-31-3297
○ 自民党政務調査会長・茂木敏充(もてぎとしみつ) FAX 03-3508-3269, 0284-43-3060 
○ 衆院議長・大島理森(おおしまただもり) FAX 03-3508-3932, 0178-45-6193
○ 参院議長・ 伊達忠一(だてちゅういち) FAX 03-5156-8070, 011-207-5535
○ 参院退位法特別委員長・尾辻秀久(おつじひでひさ) FAX 03-3595-1127, 099-206-2617
○ 自民党参院政審会長・愛知治郎(あいちじろう) FAX 03-6551-0623, 022-227-1320

まとめ

皇室日本国に例えますと、
宮内庁は、北朝鮮
「女性宮家」は、弾道ミサイル
「退位特例法」は、核弾頭
に相当します。

弾道ミサイルである 「女性宮家」は危険で怖い けれど、
核弾頭である 「退位特例法は大丈夫だなどと、
あなたはお考えになりますか? 


今の「退位特例法」を制度化してしまいますと、
「天皇そのものが崩壊する」と、
国民も政治家も気づいていないのではないでしょうか?

自民党は、
  「全会一致」でないと「国民の総意にならない」という
野党の詭弁だまされ、
皇室破壊の主犯となっております。

何のための2/3議席なのでしょう。
あろうことか天皇陛下のことで反日勢力にこびてどうしますか。

全会一致の為に
退位と天皇廃絶がセットでは
本末転倒ではないですか。

衆参両議長および内閣総理大臣は、
天皇陛下にお詫び申し上げ
「天皇廃絶が抱き合わせになるので退位特例法は無理でございます」
直ちに奏上を。


イメージ 1

「女性宮家」問題の核心は皇族が消えること

それでは、本題に入ろう。

付帯決議に入れ込まれた
「女性宮家」は確かに重大問題で
これだけで皇室・皇族は崩壊する。


 一 政府は、安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等について、皇族方のご年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本法施行後速やかに、皇族方のご事情等を踏まえ、全体として整合性が取れるよう検討を行い、その結果を、速やかに国会に報告すること。
 二 一の報告を受けた場合においては、国会は、安定的な皇位継承を確保するための方策について、「立法府の総意」が取りまとめられるよう検討を行うものとすること。
(以下、略)


「女性宮家」問題の核心は、
皇族の意味が消えることだ。

日本人なら女系と男系を組み合わせば神武天皇につながっている。
雑系神武天皇につながるのが一般国民だ。
これに対し「男系だけ」で神武天皇につながるのが皇族だ。
だから皇族に希少価値がある。
雑系でよければ全国民が皇族となり、
皇族の意味が消える。

日本国民は おじいさんか おばあさんの どちらかは遠い皇族の血を引いている。
実は全員が皇族の末裔なのだ。
その中で、「おじいさん」の 「おじいさん」の 「おじいさん」のと
男の系統・父方の先祖をさかのぼるだけで
初代の神武天皇につながる人を皇族いう。

これを「なんでもいいから つながっていたら それで皇族
ということにしようというのが「女性宮家」である。

「女性宮家」時代とは、
だれでも皇族時代である。

皇族の女性と結婚しなくとも、
全国民が「俺は皇族だ」と宣言できる、
皇族の大バーゲンセールとなる。

男系にこだわる意味がないなら、
現皇族の意味もなくなり、
自動的に 誰が天皇陛下になってもいい ことになる。
こうして、皇室も天皇も終わる

だから、
  天皇を廃止したい、
  皇族を平民にしたい、
  日本列島は日本人のものじゃない、
という「平等病」「外国人天国病」にかかっている勢力は、
なにがなんでも「女性宮家」「退位特例法」にねじ込みたかったわけだ。

民進党を筆頭に、
共産党
社民党も、
「女性宮家で皇族崩壊」を ねらっていた。

ところで、今回付帯決議に 「女性宮家」 入れて、
政府で正式に検討して 正式に否定すれば、
今後もう 「女性宮家」は再検討されなくなって
皇室は安泰 ではないか?
と考えるとしたら 大きな間違いだ。

彼らは 何度でも蒸し返してくる。
すでに、
  小泉内閣時代、
  民主党政権時代、
  そして今回
3回目だ。
我が国の隣国が 「最終解決した」 といっても、
何度も蒸し返してくる あのパターンだ。

それどころか、
今回の「退位特例法」の制定により、
天皇廃止派・皇室廃止派・皇族廃止派は、
さらに強力な武器を得る。

「退位」という武器であり、
「国民の理解」という武器であり、
「上皇后や皇嗣殿下」などというヘンチクリンな恒久制度という武器である。

(参考)女性宮家問題についてはこちらのまとめ記事

「退位特例法」が生み出す、「女性宮家」以上の破壊力

では、今回の「退位特例法」が生み出す、
「女性宮家」以上の破壊力 について説明しよう。

本来、天皇陛下崩御「同時」皇太子殿下が践祚(せんそ)されるので
皇位が宙に浮くことはない。
皇位継承には「辞退の自由」などないので、
自動的に「次の天皇が確定」する。
だから、皇位継承者がおられる限り
皇位は永遠につづく。

しかし、今回、
  「退位」を 「国民の理解」により 実現する制度
を設けることになる。

よく考えていただきたい、
  天皇陛下は今回一度も 「退位する」と おっしゃっていない
  マスコミや宮内庁が 「退位だ」というムード をつくり、
  世論調査で 国民の支持があります
ということでいつのまにか特例法になっている。

これを悪用すればこうなる。
今後、
  宮内庁が「退位させたい」と考えれば
  「退位させ放題」
になる。
「えっ?」と 思われるかもしれない。

でも、今回のことをなぞれば できる。
  宮内庁はマスコミを使ってムードを作り
  国民はこうでございます「国民の理解」がございます
  と恐れ多いことに天皇陛下突き上げて、
  「すみません、退位したいです」ととれるお言葉
  次の陛下に言わせれば、
次も退位させられる。

前例にならないから大丈夫だって?
残念ながら「前例」になる。
なんと、菅官房長官が明言している。

(参考) <退位特例法案>「先例」で火種消す 将来の退位に道 毎日新聞 6/3(土) 0:14配信

菅義偉官房長官が答弁で「将来の先例となり得る」と表明。
民進党の野田佳彦幹事長は2日、本会議採決に先立つ党の会合で「100点満点ではないが、これは一代限りではなくて先例になり得る。我々は賛成と意思決定したので、一致結束して対応をお願いしたい」。

「国民の理解」をよそおって、
「宮内庁」が自由自在に天皇陛下を「退位」させまくる特権の誕生。
「宮内庁」に 「退位強要特権」を 与えること。
これが 「退位特例法」の 本当の意味なのである。

「女性宮家」は 皇族をじわじわ廃止 することだったが、
「退位特例法」は 「天皇」を直接脅迫 する手段なのだ。

さらに今回の「退位特例法」では、
「譲位」ではなく「退位」となっている。
天皇陛下が「退位」されたところで
皇太子殿下が 「いや即位はちょっと」 とおっしゃれば、
皇位は宙に浮く。

皇太子殿下が辞退されたので、
代わりに秋篠宮殿下が、
ということはない。
全員辞退されるので 「即、天皇廃止」 にできる。

特例法に皇太子殿下が「直ちに即位」とあるから大丈夫ではないか、
と思われるかもしれないが、
まったく甘い。

「退位特例法」が制定されてから
実際に譲位となるまでに1年半ほどある。
この間に、
  「皇太子殿下はちょっと」とか、
  「雅子さまはちょっと」とか、
  「秋篠宮もちょっと」とか、
工作すればよい。

1年半もあれば、
十分マスコミ工作はできる。

すでに皇太子殿下や妃殿下を攻撃する書籍
たくさん出版されているのをご存知だろうか。(例えば、西尾幹二のこれ
ネット世界でも誹謗中傷に熱を上げているブロガーがたくさん誕生している。
しかもよかれと思って
妃殿下への攻撃は皇太子殿下への攻撃なのに。

こうなると、
皇太子殿下に圧力をかけ、
  即位前に辞退へ誘導するとか、
  即位されたとしても「退位したいので」 ととれるお言葉へ誘導するのも、
十分ありえることなのだ。 

今回の 「退位特例法」 は、
次に即位するのは 「皇嗣」 とわざわざぼかしてあり、
皇太子殿下とは明記していない

「退位特例法」では、
次の天皇陛下を明記していない。
皇太子殿下が辞退しても大丈夫な書きぶりになっている(第1条、第2条)。
これは事実である。
この記事を読んでみてほしい。

「退位特例法」問題の核心は、宮内庁に「退位強要特権」=「天皇廃止特権」

「退位特例法」問題の核心は、
宮内庁「退位強要特権」を与えることである。

今回の 「国民の理解」 による 「退位」 という前例をフル活用し、
  皇太子殿下にも、
  秋篠宮殿下にも、
  悠仁親王殿下にも、
  あるいはでっちあげる「女性宮家」当主殿下?にも、
「退位」を強要して、
天皇を廃止する特権だ。

「退位特例法」によって実現される、
宮内庁の「退位強要特権」とは、
「天皇廃止特権」なのである。

「女性宮家」問題より
「退位特例法」問題は
さらに強力で猛毒の制度なのである。

退位は天皇陛下のお気持ちだから当然だ、
問題は女性宮家だけだ、
などと思っていてはいけない。
亡国寸前なのだ。

「退位特例法」は 大地震のようなもの

わかりやすく言えば、
「退位特例法」大地震だと思ってもらえばよい。

  家は揺れたがつぶれなかった。
  海は静かだ。
  テレビ・ラジオでは「大津波警報」だと言っているが、
  どうせ大したことないだろう。

でもその後、未曾有の大津波が来たではないか。
自慢の防波堤は消えた、
町ごと消えた。
人も家族も消えた。

なのに、古い言い伝えの場所は助かったではないか。


ここに、古い叡智がある。
近代の浅はかさでは、
計り知れない叡智がある。

宮内庁の学歴エリートは
せいぜい数年か数十年くらいのことしか想定していない。
いまやサラリーマンに過ぎない宮内庁職員の考えより、
何百・何千年の重みのある伝統のほうが尊い。

天皇陛下の「退位」200年ぶり
旧宮家が復帰しもし将来即位されたら600年ぶの出来事だ。
「女性宮家」が誕生すれば日本誕生以来なかった事。
「国民の理解」による退位建国以来なかった事だ。

今、「退位特例法」で手を付けようとしているのは、
何百年に一度、
何千年に一度のレベルのことである。

そんなことを、
  民進党ゴネるから、
  共産党意地悪いから、
そんな勢力ごときのいいなりになって制度いじりをして、
恥ずかしくないのか?

「天皇廃絶が抱き合わせになるので退位は無理です」 と陛下に奏上を

過去に弊害が大きかったから、
生前の譲位は禁された。(明治皇室典範、現行皇室典範も同じ)

退位を認めれば、
  GHQや共産勢力につけ入れられる。
  皇位が宙に浮く。
そんなことを防ぐために
昭和天皇は退位されず皇位を全うされた。

女性宮家女系天皇も明治時代に禁止された。
一度も例がないからだ。(明治皇室典範、現行皇室典範も同じ

歴史上何度もあった皇統の危機
男系男子へつなぐことで天皇は今に至っている。
いまも
  皇太子殿下 → 秋篠宮殿下 → 悠仁殿下
3代分皇位は確定済みである。
それを「象徴としての公務」を理由に
「女性宮家」「退位特例法」だというのは 本末転倒ではないか。

「天皇廃絶が抱き合わせになるので 退位特例法は無理です」
天皇陛下奏上を。

宮内庁にだまされてはいけない

皇室日本国に例えれば、
宮内庁は、北朝鮮にあたる。
「女性宮家」は、弾道ミサイルにあたり、
「退位特例法」は、核弾頭に相当する。

北朝鮮のロケット実験はウソで、弾道ミサイル実験だった。
原子力発電もウソで、核実験だった。

同じことだ。

  「女性宮家」はウソで、 「だれでも皇族 = 皇族廃止」
  「退位特例法」はウソ 「退位強要特権 = 天皇廃止」

ということなのだ。

弾道ミサイルである「女性宮家」危険だが、
核弾頭である「退位特例法」大丈夫だと
あなたは考えるか? 

弾道ミサイルである「女性宮家」より、
さらに直接的に危険な核弾頭たる「退位特例法」は、
日本国そのものを滅亡させる力がある。
だって、「天皇そのものを廃止」できるんだから。

大津波が来る。
根こそぎになる。

という例えをした。
そんなものを制度化してはならない

なお、「上皇后」「皇嗣殿下」も、
皇室の慣例にない制度創出だからダメ
皇室が何でもありになれば、
この国は無茶苦茶になる。
「上皇后」は慣例通り「皇太后」でよく、
「皇嗣殿下」ではなく「皇太弟殿下」とお呼びしなければならない。

皇室を宮内庁の制度いじりごっこの実験台にするのはもっての他。
今回の特例法は、恒久制度になっている。
「上皇后」だとか「皇嗣殿下」だとかいうのは
恒久制度になるように書かれている。
ご存知なのだろうか?


「退位特例法」を断念し 天皇陛下にお詫びを

自民党は、
「全会一致」でないと 「国民の総意にならない」
という野党の詭弁にだまされ、
皇室破壊の主犯となった。

「絶対に"退位法"を成立させないといけない」
と考えるから、
野党に足下見られ、
つけ込まれる

本来、立場は逆。

お言葉もあり、
全会一致で成立させたいのに、
野党がゴネるから無理ですな。
これは野党のせいだから、
野党の 不忠 はひどいね」

って話でしょ。
2/3の多数をもっていて、
ここまで良いように攻め込まれて
何のための政権か。
憲法改正だとか夢でもみているのか?
改正ごっこをしても 攻め込まれる のは自明である。

核心はシンプルだ。

全会一致の為に 天皇廃絶がセットでは 「退位特例法」は 制定できない

ということなのだ。

ここまで攻め込まれてしまった「退位特例法」は廃案にし、
どうしても、ということであれば、
体制を整え直し、
弊害を最小限にした「譲位特例法」に直して出せば良い。


衆参両議長内閣総理大臣は、
皇居参内し、
天皇陛下にお詫び申し上げ、
「全会一致を目指しますと
天皇廃絶が抱き合わせになりますので
退位特例法は無理でございます」
奏上を。


「敷島(しきしま)の 大和心の 雄々しさは 事ある時ぞ 現れにけり」
明治天皇御製(日露戦争時)

「降り積もる 深雪(みゆき)に耐えて 色変えぬ 松ぞ雄々しき 人もかくあれ」
 昭和天皇御製(昭和21年)

イメージ 2

こころあるみなさんへお願い

拡散お願いします。
みんなの行動にかかっています。
今日明日が勝負です。
まずは拡散を。

そして、できる人は
国会議員直訴をお願いします。
電話で、FAXで、Facebookで、
できる手段で直訴をお願いします。

「女性宮家反対」でも、
「退位特例法反対」でも、
なんでもいいです。

特に次の議員に

内閣総理大臣・安倍晋三(あべしんぞう) FAX 03-3508-3602, 083-267-6128
自民党副総裁・高村正彦(こうむらまさひこ) FAX 03-3502-5044, 0834-31-3297
自民党政務調査会長・茂木敏充(もてぎとしみつ) FAX 03-3508-3269, 0284-43-3060 
衆院議長・大島理森(おおしまただもり) FAX 03-3508-3932, 0178-45-6193
参院議長・ 伊達忠一(だてちゅういち) FAX 03-5156-8070, 011-207-5535
参院退位法特別委員長・尾辻秀久(おつじひでひさ) FAX 03-3595-1127, 099-206-2617
自民党参院政審会長・愛知治郎(あいちじろう) FAX 03-6551-0623, 022-227-1320


平成29年6月4日

平岡憲人

この記事に

閉じる コメント(171)[NEW]

A.旧竹田宮家の竹田恒泰氏によると、「旧宮家の当主たちが、皇室典範問題については一切意見を述べないことで意見を一致させている」ということです。

『文藝春秋』(平成17年3月号)で保阪正康氏が独身の旧宮家男子にインタビュー行ったときも、全員が意見を述べていなかったということでも裏付けられています。
保阪氏はこれに乗じて、「皇籍復帰してもいいという人はいなかった」と勝手に結論付けていますが、「復帰したくない」という人もいなかったわけで、保阪氏の結論は一方の側面だけを隠すという姑息なやり方だと思います。

まずは旧宮家の方々が、意見を述べてもいいという環境をつくることが第一ではないかと考えています。
===============


つまりは誰もイエスともノーとも明言してないのに、都合良く印象操作してるだけだという事です。

そして肝心の二点目ですが・・・

===============
Q.戦後に皇籍離脱された旧11宮家は、GHQによる強制がなくても、大正9年に制定された「皇族降下準則」により、臣籍降下することになっていたのではないですか?

2017/6/28(水) 午後 6:31 ZODIAC12 返信する

A.ちょっと細かい話をしますと、戦前の皇室典範を頂点とする宮務法体系の制定・改正は、皇族会議の諮詢を必要としていました。

「皇族降下準則」は、否決されることが濃厚だったことで皇族会議には諮られず、枢密院の議決だけで成立しました。
皇族会議に議決もなく、自動的かつ強制的に皇族が臣籍降下するのはさすがにおかしいという反発もあって、結局は、運用面で皇室典範増補第1条「情願」(臣籍降下しますと申し出ること)が基本となりました。

「情願」はその都度、皇族会議と枢密院顧問の諮詢が必要となります。
ですから、対象となった皇族は15歳になったら自動的に臣籍降下したのではなく、時を見計らって、大学卒業程度の年齢のときに臣籍降下されています。

つまり、「皇族降下準則」によって全員自動的に臣籍降下していたという表現は正しくなくて、状況を見ながら皇族会議と枢密院顧問の議決によって降下することになっていたということです。
===============


だから「何が何でも降下だ」という程の事ではないみたいですね。これも皇室断絶を狙うロクデナシ左翼どもの詐欺論法ですね。

2017/6/28(水) 午後 6:32 ZODIAC12 返信する

そして別の👇からも一部抜粋です。

http://www.zb.em-net.ne.jp/~pheasants/joseimiyake.htm


===============
(雉鳴)我が国には律令格式がありました。「格式」とは「律令」の補助法令でありその施行細則です。
『類聚三代格』の叙に以下のような文章があります。
現代語で要約しますと「格はその時を考慮して制を立てるものであり、式は法令の不足を補い、落ちているものを拾う、いわゆる「拾遺補闕」ということである」。

当然ですが、皇室典範は、新旧ともその第一章の名のとおり、皇位継承の法そのものです。
ですから「増補」がこれを覆すことは到底あり得ませんし、まして「施行準則」が皇室典範の本文を逸脱することはあり得ません。
皇室典範>増補>施行準則です。


―GHQ占領期に皇籍離脱された11宮家の方々も、この「施行準則」が実行されていれば必然的に臣籍となり、宮家は廃絶となっていたという見方が「報告書」にあります。
これなどはまったく「増補」の意味を理解していないと思います。

2017/6/28(水) 午後 6:34 ZODIAC12 返信する

(雉鳴)そうですね。言うまでもなく明治40年の「増補」は「祖宗の丕基を永遠に鞏固にする所以の良図を惟ひ」制定されました。
「増補」公布の際の上諭に示されています。

皇位継承のための法が、その補助法令である「増補」の、さらにその「施行準則」によって皇統廃絶の論理となる、そんなことはあり得ません。それでは上諭がまったく理解不能となります。


―律令格式はどのように運用されていたのですか。


(雉鳴)たとえば757年の勅令。選限(位階をあげる年限)を二年短くした706年の「格(補助法令)」をやめ新令を発して元通りに復活させました。

推定できることは、701年の大宝令を706年の「格」で修正し、それを757年の新令つまり養老令で元に戻した、ということです。
我が国の「法」の範囲内であれば「格」で時の事情に対応させていたという事実です。

ですから皇位継承を確実にするため、旧皇族の方々の復帰と皇室経済法の改正を否定する理由はどこにもない、ということです。


―「格」は元の本文を変えない、そういうことですね。

2017/6/28(水) 午後 6:36 ZODIAC12 返信する

(雉鳴)はい、本文は変えません。本文の考え方を有効にするための補助法令ですから。


―いずれにしても、「施行準則」で皇統が絶えるなど考えられません。


(雉鳴)明治40年の「増補」や大正9年の「施行準則」は皇位継承の不安定が予測される場合、当然のことながら廃止されるべき補助法令です。
そもそも皇位継承法が皇位廃絶法となるなど噴飯ものです。


―この「施行準則」は昭和21年12月27日「皇族ノ降下ニ関スル施行準則ハ之ヲ廃止ス」となって現・皇室典範の公布前に廃止となりました。
その前の昭和21年12月18日枢密院「皇室典範増補中改正の件外三件審査報告」についてです。
明治40年の「増補」の対象者に「内親王・女王」を加えることについての審査でした。


(雉鳴)「内親王・女王」は降嫁以外に臣籍降下の途がなかったからです。
この審査は終戦後の国情変化への対応だったといわれています。混乱する当時の世情が伝わってきます。
そして現・皇室典範が制定されたのは翌22年1月16日でした。

2017/6/28(水) 午後 6:39 ZODIAC12 返信する

―やはりこの「報告書」の参考資料、「施行準則」の説明は大きな誤解のもとであることに違いありません。


(雉鳴)そうですね。皇室経済への懸念から検討されたものですから、その第6条「皇族の臣籍に入りたる者は皇族に複することを得ず」はあくまで「増補」の趣旨を徹底するためでした。
ここを針小棒大に語るのも如何なものかと思います。本末転倒です。
===============


以上です。やはり皇統廃絶が目的の左翼理論は、何から何まで詭弁と、捏造と、虚偽と、お為ごかししかないんですね。

以上の事から、

>600年近くも離れた傍系からの、しかも旧皇族の殆どが亡くなられてからの、旧皇族の復帰の伴わない孫以降の代からの皇籍への復帰(※既に復帰とは言えない……)は現実的とはいえません。

という論法は成り立ちません。

2017/6/28(水) 午後 6:42 ZODIAC12 返信する

何世代経とうが、神武天皇の男系男子の子孫である事に何ら変わりはないのです。
神武天皇の男系男子の子孫である以上、各人に序列や優先順位の差こそあっても、誰もが潜在的に皇位継承権を持っています。

伏見宮家は現皇室・皇族のルーツであり、伏見宮家が先で、現皇室が後です。
皇統が途絶えた時、伏見宮家が皇統を継ぐ事は、何百年も前から定められた祖法であって、現代人が認めるも認めないもないのです。
だから不文の伝統・慣習の前には、そんな個人的な好き嫌いなど言っても無意味であり、聞いても仕方がありません。

2017/6/28(水) 午後 6:57 ZODIAC12 返信する

>何世代経とうが、神武天皇の男系男子の子孫である事に何ら変わりはないのです。

では、源平藤橘の公家・武家の末裔の庶民に男系男子がいることが明らかになったとすれば、それらも皇位継承権を主張できることにもなりますが、そうなると神武天皇の男系男子の数はかなりのものになるでしょうね……。

そこまでくると、あまり有り難みを感じなくなりそうですね……。

2017/6/28(水) 午後 7:02 [ ぺテロ斉藤 ] 返信する

顔アイコン

まだやってましたか(笑)。

しかし、ペテロ斉藤さんと針磨さんって、同一人物でしょ???
自作自演の協力体制って、涙ぐましい演出ですね(^^)v

ご苦労様です。

さて、ペテロ斉藤さんとやら…

>では、源平藤橘の公家・武家の末裔の庶民に男系男子がいることが明らかになったとすれば、それらも皇位継承権を主張できることにもなりますが、そうなると神武天皇の男系男子の数はかなりのものになるでしょうね……。

<この人達は、そもそも皇族じゃないでしょ???
<もう、反論する価値も無い言いがかりだ。

2017/6/28(水) 午後 7:40 so-kei♪ 返信する

> so-kei♪さん

<この人達は、そもそも皇族じゃないでしょ???

その通り。

同じことは、後南朝や皇別摂家、旧宮家にも言えることだと思いますけどね?

2017/6/28(水) 午後 7:47 [ 針麿 ] 返信する

顔アイコン

そうなんですか?もしso−keiさんの言う一人二役の自演が本当だとしたら、創作によく登場するやられ役のセコイ小悪党キャラみたいですよ(笑)。あれ?否定しないんですか?
なるほどなあ〜何だか文体のクセが二人ともどこか似てると思ったら・・・・アナタすっかりお笑いなネタキャラになってますね(笑)。


はい、またまた木っ端微塵に論破されたからって、姑息な論点逸らしの上に、馬鹿丸出しな茶々入れですか(蔑)。
まったくもって潔さや男らしさのカケラもない、女々しいクズっぷり、小物っぷりを晒してますなあ〜(嘲)。


>同じことは、後南朝や皇別摂家、旧宮家にも言えることだと思いますけどね?

次々論破され続けた悔しさのあまり、ついに発狂したのでしょうか?(笑)
現在の身分が皇族かどうか以前に、まずは神武天皇の男系男子の子孫であるかどうかが大前提だというのに、また妄言吐いてますなあ・・・・。

そりゃあ上で引き合いに出した宇多天皇・醍醐天皇の先例を始めとして、その他も色々皇族復帰の実例はある訳ですからねえ。皇族の籍は流動的で柔軟なものでしょうに。

2017/6/28(水) 午後 8:32 ZODIAC12 返信する

顔アイコン

皇族の範囲内であるかどうかなんてのは、財政上の関係と、今上天皇から血縁がどれだけ近いかで、相対的に範囲が移動するものでしょうが。
だから神武天皇の男系子孫であるのなら、そういう立ち位置の人たちだって、状況が状況なら皇籍に戻れてもおかしくはないでしょうが。
それとも何か?「そんな事はこの俺様が絶対に許さんっ!!」てか?(笑)


もういい加減、自分の主張が全て間違っていた事と、ここでの論争は完全に敗れた事をそろそろ認めなさいよ。アナタあまりに往生際が悪過ぎだって。
そうやって虚勢を張れば張る程、滑稽で、惨めで、哀れで、ますます泥沼にズブズブ沈んでくだけなんだからさあ。

きっと第三者の人たちも、アナタのあまりの見苦しさに呆れてるだろうし、誰が見てもアナタの方が負けたと評価してるってば。
新たに何か言い出した所で、最大の論拠を跡形もなく潰された以上、もうアナタの逆転勝利はないのよ。
だからいつまでもここにナメクジみたいにへばり付いていないで、大人しく幕を引きなさいっての。

2017/6/28(水) 午後 8:34 ZODIAC12 返信する

「相手が勝ち誇ったとき、そいつはすでに敗北している」

[ 出典 ]
荒木飛呂彦[あらき・ひろひこ]
(漫画家、1960〜)
漫画『ジョジョの奇妙な冒険』
ジョセフ・ジョースターのセリフ



……まさに、それを地で言っているように見えますね(笑)?

段々、言葉遣いが下品になってきて、精神が崩壊し始めているのが手に取るようにわかります(笑)。

> 次々論破され続けた悔しさのあまり、ついに発狂したのでしょうか?(笑)
現在の身分が皇族かどうか以前に、まずは神武天皇の男系男子の子孫であるかどうかが大前提だというのに、また妄言吐いてますなあ・・・・。

じゃあ……、何代遡ろうが、神武天皇の男系男子の子孫なら、
誰であっても皇位継承権を主張できるというのがZODIAC12さん
の見解ということで宜しいのですね?

2017/6/28(水) 午後 10:18 [ 針麿 ] 返信する

そして、旧宮家の方々のうち、皇籍への復帰を希望若しくは了承されている方々がいることに関する信頼できる根拠があるのでしょうか?

そこが、一番重要かと思いますが、示せるでしょうか?

2017/6/28(水) 午後 10:32 [ 針麿 ] 返信する

まだ粘着しようと言うのですか・・・しかもまだ情けない負け惜しみ言ってるし・・・・
アナタって本当にしつこいですね。リアル世界でも実は鼻つまみ者なんじゃないんですか?


ジョジョの名言まで持ち出してますけど(笑)、それって今の私には全く当て嵌まらんでしょ?
だってもう既に決着が付いてて勝利が確定してるし(笑)。
それにアナタの方が勝ってるなんて誰も思わんでしょ?(笑)

『古事記』の「成る」「生まれる」の使い分けで、「皇室は天照大御神の血筋を引いているから女帝・女系でもOK」という女系推進・容認論の最大の論拠が崩れ去ったのですから、その時点でもう勝負は付いてますよ。その事がまだ分からないのでしょうか?
核心となる根拠が潰れた以上、それ以降は新しく何かネタを拾って来た所で、何の説得力もないし無意味でしょうが。

だからジョジョ(第3部)に置き換えて言えば、「針麿 ─ リタイア(もしくは死亡)」というナレーションが入った後になってから、私は初めて「勝ちましたよ」と言ってるに過ぎないのです。

2017/6/29(木) 午前 10:01 ZODIAC12 返信する

>段々、言葉遣いが下品になってきて、精神が崩壊し始めているのが手に取るようにわかります(笑)。

アハハハハ!!!またまたブーメランじゃないですか!
精神崩壊してるのって、どう見てもアナタの方では?
もう勝ち目はなくなってるのに、つまらん面子に拘って、ここまで醜態晒してるのですから。
単にアナタの精神状態を、私に対して自己投影しているだけにしか思えませんけどね。そうまでして我々に何か認めさせたいのですか?

まあ確かに言葉遣いが下品になったのは否定しませんがね(笑)。
それでも別ID使って別人になりすまして、一人二役演じてまで相手を貶めようとしてる、セコくて、卑怯で、姑息なアナタに比べれば、よっぽど上品でしょ?(笑)

折角すぐ上の遣り取りみたいに、ようやくマトモそうなのが出たと思って、せっかく誠実に答えてやったってのに、論破された直後に別人になりすまして、つまらん茶々なんか入れられたら、そりゃあさすがに腹も立ちますわ。

2017/6/29(木) 午前 10:03 ZODIAC12 返信する

そうまでして自分の誤りを認めたくないのかと・・・・。
アナタの見苦しさ、不快さが腹に据えかねて、ついつい下品になってしまうのですよ。
それに元々我々をバカにして、笑い者にする目的でここへ顔出し始めた時から、私はアナタに対して好感を持ってませんでしたからね。


ここまで来てまだ固執してるようでは、最初から結論ありき、女系容認への誘導ありきの工作員じゃないですか。
だったら結局何を言っても無駄だし、これ以上話し合う意味はないんですけど?

まあそれでも一応は答えるとすれば・・・


>じゃあ……、何代遡ろうが、神武天皇の男系男子の子孫なら、誰であっても皇位継承権を主張できるというのがZODIAC12さんの見解ということで宜しいのですね?

何だかまた人の発言の意図を歪曲しようって匂いがしますなあ・・・。
主張出来ると言ってもあくまで「潜在的に」と言いましたけどね。
私が言いたいのは「男系男子の人数が多ければ多い程、皇統がより安泰になって、永続性が見込める」という主旨ですよ。

2017/6/29(木) 午前 10:05 ZODIAC12 返信する

言うまでもなく、実際の皇位継承や、皇族として扱われるかとかは、皇室典範で定められた規範に従う事になりますよ。
だから現実問題として、単に男系男子というだけで継承権の順位がずっと下の方の人たちが、皇室典範を無視して、誰彼構わず主張し出す状況になるなんてあり得ないでしょう。
誰もマトモに相手にしないだろうし、そこまで恥知らずな人間がいるとも思えないので。これが何かおかしいですか?


>そして、旧宮家の方々のうち、皇籍への復帰を希望若しくは了承されている方々がいることに関する信頼できる根拠があるのでしょうか?

「旧宮家の当主たちが、皇室典範問題については一切意見を述べないことで意見を一致させている」という事です。
だから皇籍復帰を明確に望む人も、明確に拒否する人も、どちらもいないというだけの話です。
だから「皇籍への復帰を希望若しくは了承されている方々がいることに関する信頼できる根拠」なんてものはありませんよ。

2017/6/29(木) 午前 10:07 ZODIAC12 返信する

イエスでもないけどノーでもないのだから、真意が明白になってないのに、印象だけで早計に「復帰する意志なし」と断定してはいけないという事ですよ。

それに仮に否定されたからって、「あっそ、じゃあ女帝・女系でもしょ〜がないね〜」なんて運びになると思いますか?
そうなったらなったで、何故発想が「どうやって男系男子継承を維持して行こうか?」という方向に行かないのが不思議ですよ。


さて、以上の所ですけど、そうまでして「男系男子継承は間違ってる!女系こそ正しい!」と固執する理由は何なんですか?
これだけ主張に筋が通っていない事が明らかにされた以上、「女系推進・容認論自体が実は誤りだった」と思わないのでしょうか?

2017/6/29(木) 午前 11:53 ZODIAC12 返信する

話の方向をあっちへ飛ばしたかと思えば、今度はこっちへと飛ばしたりと、一向に着地点が見えて来ないんですけど。
ただ単に否定の為の否定をしてるようにしか見えないんですけど。

結局アナタは何が狙いなのか、そろそろハッキリさせてもらえませんかね?どうなればアナタは満足なんですか?
目的もなくただカマッテ君がしたいだけなら、エンドレスで不毛なだけなので、もういい加減、終わりにしませんか?

アナタが先に引き合いに出したジョジョの台詞で言えば、「無駄無駄無駄無駄ーーー!!」(by DIO)ですよ(笑)。
アナタにはもう逆転の目はないという意味も込めてますけどね。
また、正直アナタとの議論にはほとほとウンザリしてますので、「やれやれだぜ・・」(by 空条承太郎)とも言いたいですわ(笑)。

2017/6/29(木) 午前 11:55 ZODIAC12 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事