オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 神武天皇以来125代づついた天皇の御位を守りましょう

全体表示

[ リスト ]

かつて皇室は「九重」の垣根で守られていた。
占領中に壊され、今や丸裸で、
天皇制廃止勢力が攻撃し放題。

イメージ 1

戦前の皇室は、様々な制度によって守られていました。
憲法によっても、皇室典範を筆頭とする宮務法令によっても。
旧宮家によっても、公家や大名によっても。
宮内省もあり、貴族院があり、学習院もありました。
豊富な皇室財産があり、予算も独立していました。
国民は、教育勅語や不敬罪などにより皇室を守っていました。
そして、最精鋭の近衛師団があり、皇居には防空壕もありました。

いまはどうでしょうか?
憲法は無茶苦茶になり、宮務法体系はなくなりました。
旧宮家も、公家もいなくなりました。
宮内庁は皇室に命令する役所にかわり、皇室を監視しています。
皇室財産はなくなり、予算は極めて乏しいまま据え置かれています。
国民は、皇室を知ることができなくなり、不敬罪はなくなりました。
そして、皇居はただ皇宮警察に守られるだけの丸裸です。

いま、皇室は丸裸で、攻撃にさらされています。

イメージ 2


こんなことでいいのでしょうか?
いつまで「占領体制」を引きずるのでしょう?

皇室典範も
皇室会議も
宮内庁も

国民が管理すべきではありません。
天皇陛下に奉還しましょう。


閉じる コメント(4)

顔アイコン

仰せの通りにございます。

ナイス

2019/1/19(土) 午前 2:52 釜坂信幸 返信する

私も、宮内庁が内閣府の外局としての『庁』のままでありつづけるよりも『宮内省』の方が良いと思いますし、
皇位継承など皇室の問題に関して、いちいち国会を通さなければならない今の制度のままで良いとは思いません。

何より、大衆の代表にその意思決定を委ねるシステムでは、事態に対して迅速かつ柔軟な対応ができないことが今回の譲位の問題でもハッキリしたと思います。

2019/1/19(土) 午後 6:15 [ 忍(しのび) ] 返信する

> 釜坂信幸さん

いつも、ありがとう!

2019/1/19(土) 午後 8:56 うまやど 返信する

> 忍(しのび)さん

そもそも、皇位継承にせよ、皇室の中のことに、
臣下が介入する問題ではありません。
臣下の介入こそ、政治問題を招くために、
長い歴史の中で皇族なり、皇室典範なりが成立しているのに、
それを逆にしてくるんじゃ話にならんです。

2019/1/19(土) 午後 8:58 うまやど 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事