オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 神武天皇以来125代づついた天皇の御位を守りましょう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


どこまで行けば 気が済むのか
どこまで売れば お気にいるのか
どこまで蔑めば お国が喜ぶのか


神奈川選挙区  千葉法相
「国民に公約しなくても導入したいの!」 
夫婦別姓と人権救済機関人権法案 日本国へ  
2010.6.29  産経新聞  http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100629/plc1006291100009-n1.htm


 千葉景子法相は29日午前の記者会見で、選択的夫婦別姓を可能にする民法
改正案と人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)が民主党の参院選マニフェスト政権公約)に記載されていないことについて
マニフェストに載っていない、あるいはテーマになっていないことが特段問題になることはない」と述べ、参院選後も引き続き法案成立を目指す考えを示した

 民法改正案は昨年夏の衆院選で民主党が掲げたマニフェストでも盛り込まれなかったが、千葉氏は「一貫して民主党としては取り組み、提起をしてきた。突然消えてしまうとか継続性がなくなるということではない」と強調した。




人権擁護法案の問題点

この法案の成立によって生まれる『人権擁護委員』は、裁判所の許可も得ずに、家宅捜索や物品の押収も可能という警察以上の権限を持っており、
しかも 『取り締まるべき人権侵害について』は、その定義が極めて曖昧で、その強大な権力が濫用される危険性も指摘されている


つまり

日本人の人権より、訴える外国人の人権のほうが、より強大に、より影響力をもつ可能性があり
冤罪(えんざい)が発生した場合も、それが担保されない (罪を晴らす手段がない)というものである。
非常に危険な法案である。




夫婦別姓制度の問題点

ファミリーネームの消滅により家族の解体に直結する。併せて、家族単位での戸籍維持が難しくなることから、戸籍制度の廃止、出自をわからなくさせるシステムの構築が同時に進められることが予想される。
これも 『国家解体につながる』 非常に危険な制度である。



http://mograg-garage.ohta-motoko.com/images/oki_dm.jpg

何が何でも やるわよ

だって、みんなのため なんだから!

人権が必要な みんなって、誰っすか?



転載元転載元: successのブログ

開く コメント(18)

菅民主党政権は、
虎の尾を踏んでしまった。
日韓基本条約を白紙に戻すだと・・・?


身はたとえ 武蔵野野辺に
朽ちぬとも 留めおかまし
ヤマト魂   (吉田松陰)


国際条約白紙化
韓国の主張は、
  日韓合邦条約(日韓併合)そのものを認めない
というもので、
それに、
  我が国が共感・共鳴する
というのが、仙石官房長官の趣旨である。

もし、これが放置されれば、どうなるか。
世界中で、
  この手の戦後の決着、
  支配・被支配の決着、
  独立・従属の決着
をやり直せという声に直結する。

これは、「かつて来た道」だ。


我が国は、

  「アジア解放」というアカい「偽善」に酔って

大戦争をまき起こし、
国民600万人と、樺太・千島他、固有の領土を喪失した。
アジアは、共産主義に侵略され、
中国では、これまでに「9000万人」が政権によって虐殺、
カンボジアでは、人口の1/4が「消滅」した。

屁理屈に酔い、
あたかも善人ずらをし、
権力でもって、偽善をなす。

偽善者は、それに共感し、
喝采を送る。

その結果が、亡国。

これこそが、先の大戦から、我が国が身に刻み、
我が民族が未来永劫、子孫に語り継ぐべきことではないのか!


この国をもう一度、戦争の時代に戻す

  「逆コース政権
  「微笑みとバラマキで、国民を塗炭の苦しみに落とす、偽善の政権
  「軍靴と軍服を隠した 野戦ゲリラの政権

真っ先に、仕分けすべきなのは、この政権そのものだ。

いらない大臣
いらない政権
いらない思想

平和」を守れ!!
戦争内閣」を許すな!!

官房長官、戦後補償に前向き 日韓基本条約は無視

 
 仙谷由人官房長官は7日の記者会見で、1965(昭和40)年締結の日韓基本条約で韓国政府が日本の植民地をめぐる個人補償の請求権を放棄したことについて「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか。(日韓関係の)改善方向に向けて政治的な方針を作り、判断をしなければいけないという案件もあるのではないかという話もある」と述べ、政府として新たに個人補償を検討していく考えを示した。

開く コメント(40)

開く トラックバック(6)

政治改革だ、マニフェストだ、
政権交代だと、浮かれていた20年。

その20年の間に、日本の未来も、
そして日本の過去も失われていっている。
  「漠然とした不安」
  「何とも言えない閉塞感」
その正体は・・・

エドマンド・バーク保守主義を通してみる
参議院選挙および民主党の本質

なにが失われた20年の本当の原因なのか。

  知ってる? 不安の正体 13
  知ってる? 民主党の本性
  知ってる? 政党の選び方

これを見ずに、選挙にいくなかれ


身はたとえ 武蔵野野辺に
朽ちぬとも 留めおかまし
ヤマト魂   (吉田松陰)

開く コメント(68)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事