オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 神武天皇以来125代づついた天皇の御位を守りましょう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

韓国のマスコミは、
日韓併合100周年をあおると、
日本の保守派が反発し、
参議院選挙後の脆弱な民主党政権は、
何もできなくなってしまうことを危惧している。
 
逆に、静かに静観しておけば、
民主党が奇襲的に、
村山談話プラスαを出してくれるらしい。
その内容は、
  • 韓日併合の強制性・不当性を素直に認め
  • 朝鮮王室儀軌の返還などいくつかの象徴的の措置
を行うものになる。
 
面白いなぁ、韓国の新聞を読むと、
民主党の手の内が書いてある!
 
どこの政党なんだ、あの党は。
 
イメージ 1
関連キーワード :謝罪 村山談話 仙谷由人 岡田克也 併合
 
   数日前、韓国を訪問した日本民主党所属の衆参議員ら数人と会い、食事をしながら話を交わした。 与党の民主党は7月11日の参議院選挙敗北の後遺症からまだ抜け出せていない雰囲気だ。 参議院の過半数を得るには他の政党と連立を組まなければならないが、容易なことではない。 菅直人首相の支持率も上がらない。 参議院選挙期間中、第1野党の自民党は公約集の前にはためく日章旗の写真を入れるなど「保守」キャンペーンを大幅に強化した。 民主党政権を「左翼政権」として攻撃した。 これにはある程度の効果があったようだ。 ある議員は「選挙を契機に(自民党と)攻守が入れ替わったようだ」と語った。

  話題が韓日強制併合100年問題に移った。 先週、日本では仙谷由人官房長官岡田克也外相が相次いで「(併合)100年を迎えて首相談話を発表するかどうか検討している」という趣旨の発言をした。 談話がどれほどのものになるか気がかりだと言うと、ある議員が答えた。 「率直に言うと村山談話を越えるのが難しく悩んでいる」。

  1995年8月の村山富市首相談話の過程はまだはっきりと記憶に残っている。 当時、東京特派員だったからだ。 同年春、日本の国会は「戦後50周年国会決議」をまず推進した。 すると自民党内で反対論が起きた。 右翼陣営は決議に反対する500万人分の国会請願署名を提出したりもした。 このため「謝罪」「不戦」という言葉を抜くなど内容を大幅緩和したにもかかわらず、決議文は衆議院をかろうじて通過しただけで、参議院では結局否決された。 中途半端になったのだ。 8月15日の首相談話は村山氏が社会党の政治家だったことで可能だった。

   「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします…」。談話文はそれ以前はもちろん、今までの中で最も素直に「侵略」を認めたものだった。 2005年8月に小泉純一郎首相の「終戦60周年談話」もこの水準を踏襲したにすぎなかった。

  「村山水準を越えるのが難しい」という民主党国会議員の悩みには理由がある。 問題はやはり日本社会全般の保守化風土であり、民主党の脆弱な基盤だ。 過去の問題の扱いを誤れば、今でも低い支持率が決定打を受けるおそれがある。 菅首相が強制併合100年談話を発表するなら、時期は併合条約が締結された8月22日または併合が発表された8月29日(国恥日)ごろになるはずだ。 民主党代表党内選挙(9月)を目の前に控えた時期であり、菅首相も国会議員・地方議員・党員を相手に必死に得票作業に取り組まなければならない。

  他国の政治事情を考慮しようというのではなく、われわれが強制併合100年談話に対する期待値を低めようと言いたい。 最も進展したといわれる村山談話のその後はどうか。 談話発表から2カ月も経っていない10月、村山首相が国会で「韓日併合条約は適法的に締結された」と述べて大騒ぎとなった。 ソウルの日本大使館前で村山首相に似た人形が燃やされ、当時の金泳三(キム・ヨンサム)大統領と村山首相のニューヨーク首脳会談が取り消された。 韓国の国会は「強制併合無効」決議文を採択した。

  個人的には菅首相が「村山談話+α」を実現してくれればよい 韓日併合の強制性・不当性を素直に認め朝鮮王室儀軌の返還などいくつかの象徴的の措置を併行する案だ。 しかしあくまでも日本の心にかかっている。 日本が自ら必要と考え、国益に役立つと感じてする謝罪でなければならず、無理やりではいけない。 謝罪文に込められるいくつかの言葉をめぐってぐだぐだ言う形態を眺めるのも今ではもううんざりする。

  盧在賢(ノ・ジェヒョン)論説委員・文化専門記者
 韓国・中央日報 2010年7月23日


----------------------------------------------
ランキング参加しています。ランクリお願い。

----------------------------------------------
 

開く トラックバック(1)

菅談話拒否 村山談話 (菅談話の前提となる談話) の白紙撤回の署名運動があるそうです

お近くのかたは ぜひご参加ください

今日本を守らなかったら、だれももう 守ってくれません
日本を守るのは 日本国民だけです


  ↓      ↓      ↓      ↓


◆河野、村山談話の白紙撤廃署名運動と昇殿参拝
<国家に殉じた英霊をシナ・朝鮮の歴史捏造から守れ!>
日時:平成22年8月15日(日) 集合・開始07:00 昇殿参拝14:00
場所:東京九段下(東京理科大前)
※毎年恒例の署名運動です。国家に命を捧げた英霊が河野、
村山談話の歴史捏造によって冒涜されている。英霊が受け
ている汚辱を見過ごしてはならない。

主催:主権回復を目指す会
協賛:せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 NPO外国人犯罪追放運動
※雨天決行


success

よろしければ 拡散してください


転載元転載元: successのブログ

日韓併合100周年にあわせて、
村山談話を遥かに超えるすばらしい「菅談話」が予定されている。

   とっても、期待してるよ

と応援メッセージ?をおくってみる準備資料。

イメージ 1


ネットを調べて、情報をゲットしたので、

まとめておきたい(my日本 haruseedさん、感謝)


総理大臣・外務大臣

■総理大臣(首相官邸)  http://www.kantei.go.jp/
 〒100−0011 東京都千代田区永田町2−3−1
  ■TEL:03−3581−0101
  ■FAX:03−3581−3883
  ■メール:http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

■菅 直人
メール kan-naoto@nifty.com

■国会事務所
 〒100−8981 東京都千代田区永田町2−2−1
    衆議院第一議員会館323号室
 TEL 03-3508-7323 FAX 03-3595-0090

■東京事務所
〒180-0006 東京都武蔵野市中町 1-2-9 サンローゼ武蔵野302号室  

■岡田克也 外務大臣
 〒100−8981 東京都千代田区永田町2−2−1
              衆議院第一議員会館443号室
  ■TEL:03−3508−7109
  ■FAX:03−3502−5047
  ■メール:webmaster@katsuya.net

内閣官房

内閣官房長官 仙谷由人  

東京事務所
〒100-8981 千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館235号室
TEL 03-3508-7235 FAX 03-3508-3235

徳島事務所
〒770-8022 徳島市大松町榎原外84-1-1
tel.088-626-1059 fax.088-655-9130

メールフォーム

● 内閣官房への電話

内閣の代表電話TELL 03−3581−0101に電話して、内閣官房へ繋いでもらう。
内閣官房TELL 03ー5253−2111は出ないことがある。


●内閣官房への意見

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
抗議、その場合、丁寧な御願いの方がいいようです。

<政党の連絡先>

●民主党
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
TEL:03-3595-9988  FAX:03-3595-9991
メール: info@dpj.or.jp
メールフォーム :https://form.dpj.or.jp/contact/

●自由民主党
〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
TEL:03-3581-6211 (代)
WEBサイト投稿ページ: http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

●国民新党
TEL 03-3239-4545
TEL 03-5275-2671
メールフォーム http://www.kokumin.or.jp/opinion/

●みんなの党
TEL 03-5216-3710
FAX 03-5216-3711
メールフォーム https://www.your-party.jp/contact/mail.cgi

<一括メールフォーム>

厚生労働内閣官房・法務省ほか各府省へ一括メル凸できるフォーム
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

政党や国会議員・マスコミ一斉メールフォーム
http://www.kyodo-center.jp/cgi-bin/douhou/douhou_form.cgi


<電凸の注意>

番号を知られたくない場合は、先頭に184をつけましょう。
非通知で電話がかけられます。
(相手が、非通知着信拒否していたらかかりません。)
留守の場合、留守電にメッセージを入れましょう。

注意:民主党関係は、非通知拒否設定をしているようです。


<FAX凸の注意>

FAX番号を知られたくない、FAXを持ってない等の方は、Webから匿名・無 料でFAXを送れるサービスがあります。

MyFax
http://www.myfax.com/free/
使い方
http://free2010jp.seesaa.net/article/137331934.html

1.[To] : 送信先情報の入力。
例)

Name : **** ****(空欄可)
Company : 入力しなくてもよい。
Country : [Japan (+81)]をプルダウンメニューから選択。
Fax Number :+81(0)31 234 ****(※入力必須)

↑東京 03−1234−****の場合
※頭のゼロはすでに入力されているので、ゼロ以降の番号(9ケタ)を入力

2.[From] : 送信元情報の入力
例)

Name : **** ****(空欄可)
Company : 入力しなくてもよい。
Email :(※Emailは入力必須)

3.[Fax Message] : 送信するファイルを選択。
例)

【FAX】外国人参政権反対.pdf
※テキストやワードファイルは文字化けするので、PDFに変換する。

Enter text message:
特に入力する必要はなし。

4.[Submit] :
Myfax を友達などに紹介する場合、e-mail アドレスを入力。

基本的に入力する必要はなし。

【SEND FAX】をクリック。

メルアドに送られて来たメールのアドレスをクリックする。
これでFAX送信終了です。


◆PDFに変換って何?って方へ

ワードファイルやテキストファイルを一発でPDF変換できるフリ−ソフトです。
PrimoPDF(フリーソフト)
http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/index.html

インストールと使い方
http://www.winboys.com/newsoft/primo/

ワードでFAX文を作成する。
FAX文のワードファイルを開く
    ↓
印刷を選ぶ
プリンタ名でPrimoPDFを選ぶ
これでPDFファイル化できます。
それを送信する時のファイルに選べばMyFaxで送れます。

◆アドレスを知られるのが嫌だと言う方へ

フリーメールを使いましょう。

無料でメールアドレスが作れるサイトの一覧です。
  ↓
http://freesoft-100.com/community/freemail.html

使い捨てのメールアドレスが作れるサイトの一覧です。
  ↓
http://freesoft-100.com/community/disposable_mail.html
  ↑
こちらで何個もアドレスを作れば、MyFaxを利用して何度でもFAXが無料で送れます。


開く トラックバック(1)

久しぶりに見つけました。 辛口トーク番組  許&かおり 「WHAT'S NOW」の最新版です。
「世界経済戦争を知らない日本 ・ 鳩山由紀夫 辞任の裏」  (2010年7月13日放送)
今回も他では聞けない奇想天外な話が飛び出します。
「経済」に強い人も弱い人も必見!

「淡交 You Tube」の再生リストにも入れておきました。
http://www.youtube.com/user/tankou2008
過去の映像は、こちらに貼り付けてあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/tankou_2008/folder/1124248.html
「WHAT'S NOW !!」 サイトはこちらです。
http://www.nc-kyo.com/watchtvprogram_what%27snow.html
真実の情報が、より多くの人たちに伝わりますように・・・
ワンクリック お願い致します。
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ(文字をクリック)
https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif












転載元転載元: 青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事